”フェティシズム” Fetishism by Japanese Tomcat ☆Amour Sucre☆

はじめまして♪ ミドサー独身のオトコでスクレと申します。仕事以外の時間帯はエロい事ばかり追及してるオス猫です。よく人の性的興奮話を聞くのが大好きです♪ 基本的に変態とは仲良くできるタイプの人間です。 性的嗜好・性的倒錯・変態性欲。。。官能的なものに,興味や幻想を抱き続け…。 万人受けする絶対的エロス! とは何か? これを人生かけて突き詰めていきたいと思ってます。 脚フェチ、髪フェチ、腋フェチです。 ☆エロティズム フェチズム☆

Category:海外風俗 > 2019年6月 ハノイ・ドーソン

j;o (2)

ハノイ観光,ノーマルマッサージの後‥

抜き締めという訳では無いが,この旅 最期を締め括るべく Tantra Massage店へ

何の予約も無しに訪れた。


j;o (3) 

こんな煌びやかに 大々的に VIP Massageらしきネオン。
Vip Massageの多い ダナンでも こんな外に VIP MASSAGEという看板とネオンをキラキラさせている所はあまり見かけない。

ましてや‥ ここは 保守的な街 ハノイ


j;o (5) 

とりあえず‥ 私はこの扉を開けて入ってみた。

受付のお兄さんに聞いたら,メニューは無い。 聞くと2つの種類のサービスがあるようだ。

お兄さんにいくらか聞いたら‥
140万ドンと もう少し安いプランがあったのだけれど‥(金額忘れました。)
ここはケチらず140万ドンのプランをお願いした。(といっても日本円で7000円くらいだ。)

(ちなみに,ソウルのドーナツで2回抜きが27万ウォン,無制限が30万ウォンで その差額の3万ウォンをケチって2発発射コースを選んだ事をブログに書いたら‥ 
読者の方からtwitterに ”無制限に挑戦して欲しかった!” とメッセージが来たことがありました。笑 )

3万ウォン(3000円)をケチった前科のある私‥。 爆


お兄さん曰く,金額はtip込みとの事だったので,サービス料とtipは直接嬢に支払うダナンとはシステムが違う。

どんな女の子が来るのか? 入口のソファーで待ったら‥ お兄さんに連れられて暗い通路へ‥。
そして 部屋に通される。

そこで 嬢とご対面!!  黒髪が綺麗な 先ほど買ったアオザイを着させたいような娘が来た。10代後半~20代前半くらいだろうか? 何だか細く若い子に見えた。

私に服を脱ぐように諭され‥( 日本のソープのように脱がすのを手伝ってはくれない。)
奥のシャワールームへ一緒にGo!

と!!

あれ? 一緒に脱いでシャワーを浴びてくれる!!

ベトナムで一緒に全裸でシャワーを浴びてくれるって‥
何だか‥ 久しぶりだ。

ドーソンばっかりに行っていたせいか?
さっさと脱いで さっさとシャワー浴びる娘がこの2日間続いていて‥
何だか一緒にシャワーを浴びてくれる女子は新鮮だ。

ダナンの素人彼女すら H後のシャワーは一緒に浴びてくれたけれど‥
H前の一緒のシャワーは嫌がった。

とりあえず‥ 私は彼女に素手で丁寧に洗ってもらった。

何だか‥ 癒された。

残念なことに,彼女は英語を全く話せない。
そして‥ スマホや貴重品は預けてしまったので‥
翻訳もできない。 こういう時,コミュニケーションを取れないのは不便だ。

しかし‥ この娘は献身的に 身体を拭いてくれて‥
私の腰にバスタオルを巻いてくれて‥

そのままベッドへ。

自分に蒔いたバスタオルを部屋のガラス窓にかけて‥
電気を薄暗くしてスタート。

って!  あれ?
最初はマッサージからじゃなくて いきなりやるのか?

早々に咥えられる私。 なんだか,いつもとパターンがチガクテ 良く分からない。
彼女が持って居るオイルは何なんだ? おま〇こ用?

普通のvip massageは‥

シャワー → 指圧 → オイルマッサージ → セッ〇ス → シャワー → お茶

ここでは‥ シャワー → フェラ ?

順序がちょっと。 

よく分からないまま‥ フェラされたまま 私は身を起して‥
正座で腰を浮かせた状態になり‥ 彼女の胸や下半身をチェック。

おっぱいは天然だけれど‥ やはり少し小さいかな?
下は ビラビラをめくってみたけれど‥ 未だ濡れては居なかった。

この乾いている状態で奥へ指を入れるのは難しかったので‥
最初は彼女のオッパイを舌で堪能することにした。

クンニ嫌いだけれど‥ おっぱいを舐めるのは大好きなのだ。 笑
ただ‥ ドーソンでは やはり ホンダギャルのオッパイを舐めたいとは思わなかった。
衛生上の問題だ。

彼女の生フェラで私のオティムポ様が直立すると‥
器用にゴムをハメて‥ 上に乗る 娘!!
上下と言うより,前後に腰を動かしている感じ‥

クリに当てて擦っているというよりも‥
ただ前後に腰を動かしている‥

上に乗るおしりの柔らかい感触は良いのだが‥

オティムポ様的にはあまり気持ち良く無かった。

結局‥ また ここでも私が上に乗って腰を振る羽目になってしまう。

決して楽をさせてはくれないベトナム女子。

そして‥ 正常位で突入!

彼女が騎乗位の時におま〇こにオイルを塗った形跡が無いので‥
あの乾いたおま〇こは 私のオッパイや脚の付け根に耳舐めで‥
濡れてくれたのだろうか? 

正常位の際もあっさり オティムポ様は挿入で来た。

ただ‥ 彼女のおま〇こから出てくる愛液をすくうと,これは純粋な愛液ではない!
潤滑ゼリー付きコンドームだったのかも知れない。

一生懸命腰を振ると‥
いきなり絶頂に達する娘‥。 逆カエルから姿勢から‥ いきなり私の背中にまで手を伸ばしてきて‥
V字のように脚を伸ばす‥。
絶叫と共に 伸ばした脚を だーんとベッドに落とす娘。
そして‥ 私のピストンを制止し‥ 少し挿入したまま休憩。 
ずっと目を閉じていたのに‥ 彼女は逝った後は目を見開いて 私に笑顔。

そして‥ 抱き寄せてくれるのは良いのだが・・
オティムポ様はガンガン突きたがっている‥。 5分から10分くらい その体制でいただろうか?
ようやく彼女が私のお尻に手を回してきて ピストンを促してきた。

激しく突く私‥。 すると‥ また両足をV字に伸ばして 絶叫。
もう‥ 早く出さないと私が逝けなくなると思い,全速力で私もピストン!

逝くことができたけれど‥ この日3回目の射精。
あまり量は無かった‥。

フェラに始まり,お掃除フェラに終わる‥
そんな 理想とはかけ離れ‥  ヴェトっ娘はお掃除フェラをしてくれない。

私のオティムポ様を抜くと,ゴムの上にティッシュでくるくる巻いて‥
オティムポ様のゴムを取る。

使用済みゴムをゴミ箱へ投げ捨てると 一緒にシャワー。

行為後勝手にシャワーへ1人で行って さっさと帰っちゃう ・
そんなドーソン娘をこの2日間相手にしていたせいか?

ゴムを取った後,私の下半身にバスタオルをまた巻いてくれて‥
手を引っ張ってシャワー室へ向かってくれる‥ 

そんな嬢にトキメイテしまう。 笑

何だか よくある光景なのに‥ 嬉しくなってしまう。


j;o (4)

H後のシャワーでも素手とスポンジで綺麗に洗ってくれる嬢。
私も彼女を洗ってあげると,ギューと彼女の方から抱き着いて来てくれた。

愛想は良さそうだ! 
Chu! しようとすると‥ 唇は拒否されて・・
彼女は自分のホッペを指差した。

どうやら、ホッペはOKらしい。

おま〇こも洗って‥ 乳首も洗って‥ イチャイチャ。

そして‥ 服に着替えて終了!!

終了後,受付のお兄さんにgood?と聞かれて‥
良かった旨を伝えると‥

Facebookの連絡先交換を御願いされる。 汗
とりあえず,Facebookでは無く zaloの連絡先を交換。

また来る約束をした。
j;o (6)
j;o (7)

もう時計も20時半/

j;o (9)

j;o (11)

クラブに入るにはまだ早い時間帯だ。
悔しいが‥ 0時過ぎの便で東京へ帰らなければならない。
j;o (12)

汗をかいたのと・・ 次はヘッドスパをしたかったので‥
j;o (10)

健全な ヘッドスパへ。

j;o (13)

そして‥ あっという間に空港までのバスの時間がやってきた・

j;o (14)


j;o (15)

こんな感じで私の6月のドーソンは終わってしまった。

次のドーソンは10月に行く予定である。

駆け足だったけれど充実した2日間であった。

kl;j (5)

アオザイ調達が終わり‥

ホアンキム湖を散歩…。  ベクトルは,VIPマッサージ。

kl;j (3)

思い出のアイスを食べて‥(今回は味違い)

kl;j (2)

気づくと‥ 10か月ぶりのハノイだった。

前回のドーソンはダナンから直でハイフォンまで飛んでしまった。

ヴェトナムで一番好きな街はダナンだけれど‥

その次に好きなのはこのハノイだ。


あ‥ もちろん‥ ドーソンやラオカイはまた別の話である。

kl;j (4)

一応‥ 御土産店でヴェトナムの傘も購入。
kl;j (7)

コジャレタ Caféにベトナム美女が二人入っていったので‥

私もガラになく入ってみる。

kl;j (6)

kl;j (8)

少し休んだ後は‥
日式按摩!! 爆

シンセンや東莞で 日式按摩と言うと‥
エロ有マッサージ。  爆

kl;j (9)

受付に居た娘が愛想良かったので‥
即お願いした。

kl;j (10)

内部のインテリアも日式

kl;j (11)

そして‥ 
マッサージ開始。

受付に居た若い娘が担当してくれた♡

kl;j (13)

マッサージ中‥ 際どい所を責めて来たので‥
私も指で膝を数回なでなで‥

すると‥ 

kl;j (12)

真っ暗に!

なんだ? ここから 警官が沢山来て連行されるのか?

と 思ったら‥

停電だった‥。  汗

ハノイで停電はたま~にあるとの事。

kl;j (14)

そして‥ マッサージ中,ここのママさんだろうか?
停電でエアコンが効かないので私を団扇でずっと仰いでくれた‥。

何もできず‥。

結局は健全マッサージで終わってしまった。

それにしても‥ 愛想良くて 可愛かったな。
なんだか‥ 何しても許してくれそうな女の子だった。
19歳‥

tip30万ドンをお渡ししてしまう‥ 単純なオッサン。

この日の朝2回ドーソンで出したとはいえ‥

可愛い娘にキワドイ足の付け根をマッサージされると‥

勝手に 精液増産の指示が 出されたようで‥
工場フル回転。

kl;j (15)

日式健全マッサージ店から‥

この旅 最後のメインのVIPマッサージへと急ぐ私。

kl;j (16)

暑いハノイ。


kl;j (17)

それでも そそくさと 歩き‥

kl;j (1)

タントラ マッサージに到着!!

もう汗だく‥





 ブログランキング・にほんブログ村へ

weg (1)

ドーソンで4発で終わってしまった私。

19時間の滞在で4発…。

アラフォーなので頑張ったと言われるかもしれない。
でも・・ 次回は6発目標に頑張りたい。

weg (2)

ドーソンから ハイフォン→ハノイのVIPバス停まではタクシーを使った。

途中,ドーソン1区を通る。

この旅では1度も1区へ行くことは無かった。
前回の様に4~5日くらいは居たかった。

このブログの読者の多くは私と一緒で長期休暇を取り難い御身分だと思う。
私もこのドーソンに半月とか滞在したいと思う反面‥。

仕事をしていた方が‥
日々の制約が色々とあった方が…

解放感も強く感じて‥ 楽しめるような気がしてきた。
精子と一緒で,ストレスも溜めまくった方が‥
発散したときの高揚感は強くなるようだ。

weg (3)


時間の余裕。 お金の余裕。 心の余裕。

海外風俗をするにあたっては‥ この3つがとても重要な気がしている。

ただ‥ これを全て失った時の方が,人生麻痺して楽しいのかもしれない。 


weg (4)

ハノイ行きVIPバスの出発時間前に着いてしまったが…

weg (5)

1本前のチケットに変えてくれた。

weg (6)

一応‥ これがハノイーハイフォンVIPバス
2019年6月末時点での時刻表である。

weg (7)

往路と同様に復路も一番前の席に座らさせられた。
外国人は前に座らせて見張ってないと危ない存在なのだろうか? 

weg (8)

おしぼりと水を貰い‥
若干聞いたクーラーと 外からの暑い光‥
寝るには気持ち良い 車内温度だ。

weg (9)

結局,ハノイ ザーラムバス乗り場までは爆睡してしまった。

weg (10)

ここからは・・ タクシーに乗って‥

weg (11)

ハノイの市場へ‥

weg (12)

ロンビエン橋を見ながら‥

weg (13)

相変わらず バイク渋滞‥

weg (14)

ようやく ドンスアン市場へ

weg (15)

中は衣料品店でいっぱいだ。

weg (16)

所狭しと‥ 色々と売っているけれど‥

weg (17)

暑いせいか? みんな ダラーっとしている。

weg (18)

アオザイをオーダーメイドで作りたかったので‥
色々と 民族衣装を見てみるが‥ それらしきモノはなし。

御土産売り場くらいだ。

weg (19)

仕方ないので‥ ここから 市街地へ歩いて行くことにした。

weg (20)

ベトナム猫にも 何処に行けばアオザイ着れるか? 尋ねてみた。

猫には分からないようで‥ ググってみた。


weg (21)


そして‥ 1キロくらい歩いて グーグルにあったアオザイ専門店へ行くと‥
インド人の女子3人が怒鳴っていた。 

何だか10万ドンに負けてくれと駄々をこねている‥。 汗
定価は30万ドンと値札が書いてある服。 爆 

困った顔をしていたお姉さんが‥ 何だか可哀そうに思えて来てしまう。
しかし‥ ベトナム女子は強い。 インド女子達の要求には一切応じなかった。

そして‥ 私がその中に割り込んで‥ お姉さんにアオザイを着たいと言うと‥
不思議な顔をされてしまった。

2回ほど‥ 私が着るのか? 質問を受ける。
男性用のじゃなくて 女性用のを着たがるのが不思議のようだ。

店の奥へ連れて行かれて‥ サイズを見られる。
一応‥ ヌーブラをして合うサイズのアオザイが欲しかったので‥
ヌーブラをしたら‥ このお姉さんにもろ胸を揉まれる。 汗

どうやら‥ 日本のヌーブラが気になったようだ。
私もお返しにお姉さんの胸を揉んだら‥ 逃げられた。 爆

これ‥ 日本じゃ犯罪だよな? 汗
イヤ‥ 勝手に私の胸を揉んできたこのお姉さんがいけないんだ!

それにしても‥ 良く分からないけれど‥
このお姉さんの前でパンツ一丁で色々と試着したりサイズ測ったりしてもらう私。
変な気がおきそうだ。

アオザイのズボンはMサイズで丁度合うのだが・・ やはり 外のアウターは合わないので‥
絞る所‥ ウェストなどを計ってはメモに書くお姉さん。
ここで裁縫するのではなく,何処かに私のメモッたサイズを電話している。 
後で届けてくれるらしい。

って‥ え? 1時間待てばくる? 既製品のサイズ直しで終わるらしい。

仕方なく‥ その辺のお土産屋さんやらプラプラして‥ 50分くらいでお店へ取りに戻ると‥

奥のカーテンの隙間から‥

何処の国の娘かは分からないけれど‥ 下着姿で女の子が立っている。
彼女もアオザイのオーダーメイドをしているのだろうか? 

何だか‥ 白い肌にピンクの上下の下着‥ 
目があってしまったので,私が”ハ~イ♪”と手を振ると はにかみながら手を振りかえす娘‥

下のパンティから陰毛部分が黒く透けて見えていた。
御馳走様でした。 >< 

luig

結局‥ 私のセミオーダーしたアオザイはこんな感じ。

これで50万ドン(2500円とは安い!) 

ちなみに 竹傘は御土産ショップで購入‥。

とりあえず‥ アオザイ購入のミッションは終わった!
次のミッションは ハノイ VIPマッサージである。




 ブログランキング・にほんブログ村へ

ggg (18) 

置屋での1発後‥。

次に向かうのは‥ またいつものマッサージ。


hrwe (1) 

Tip込みで50万ドン(2500円)のマッサージだ。

マッサージの方が女を買うより高いじゃないか? なんて言われるかもしれないけれど‥
癒されたいのだ‥。


hrwe (2)

前日の夜の様に‥ この樽タブへ入るのだ‥
私はこの誰が使ったか分からないスポンジタオルが嫌で嫌で‥

この日の朝は自分でスポンジを持って来た。

hrwe (4) 

まずはスチームサウナ‥。


hrwe (5) 

良い香りがして‥ すぐ こういうミストスモッグ状態。

私も汗をかいて来て‥ 気持ち良い。

外でも十分 服を絞れば 汗水が出てくるくらいの暑さだけれど‥

それでもミストサウナはまた別の発汗だ。


hrwe (6) 

ミストサウナから出ると‥
湯船に入れられて‥

嬢に身体を洗ってもらい‥
髪も洗ってもらう‥。

耳に水が入る‥。  爆

髪の毛だけを洗って欲しい人は‥
この マッサージでは無く‥

置屋メインストリートの入り口にある美容室へ行った方が良い。
あそこのママは中国語も話せる。


hrwe (3) 

マッサージ嬢にオティムポ様を洗ってもらい‥
なんだか 慣れてしまったせいか? 30分前に出してしまったせいか?
嬢に触れてもらっても全く元気にならなかった。 汗

もう 私も歳かな?


hrwe (7) 

ここからは いつもの ベトナムマッサージ‥。
セックスの疲れを癒し‥ そして また 次の戦いへと向かわなければならない。


hrwe (8) 

マッサージ終了後,そのうちまた嬢にドーソンへ来ると伝えて去る私‥。

hrwe (9)

もう数時間後にはこの街を去らなければならない・・。

何だか寂しくなる私。


hrwe (10) 

次はいつドーソンへ戻って来れるのかは分からない‥。
目に焼き付けておこう!


hrwe (11)

2区ビーチのモニュメント


hrwe (12)

ハイシーズンらしく 何処の店もやっている‥


hrwe (13)

おそらく‥ 次にドーソンへ来るのは,閑散期だろう。


hrwe (14)

まぁ‥ その時は嬢の数は減るけれど‥ 男も少ないはず。


hrwe (15) 

そして‥ ピンクのバスが!!

帰りはタクシーで良いか‥。

タクシー代の安いドーソン‥。 VIPバス亭まで1000円もかからないだろう。

hrwe (16)

時間的に‥ 次の娘がこの旅 ドーソンでの最後の相手となるであろう
そう思い‥

ニャギストリートのヤリ旅館で嬢を待つ。

しかし‥ 誰も目ぼしいギャルは来なかった。
やはり‥ 昼前でも 嬢の数は少ない。

hrwe (17)

仕方ないので‥ 先にホテルへ戻って 帰りの支度をした。


hrwe (18) 

そして‥ すぐ帰れる準備をすると‥
次は置屋メインストリートの方へ‥


hrwe (19)

キョロキョロしながら、待つこと30分。

可愛い子柄の娘がバイクに乗って目の前を去ったので‥

置屋のお兄さんにあの娘が良い!と御願いした‥。

そして‥ 彼女を追って行ってもらい‥ 御指名!


hrwe (20) 

小柄で‥

ペチャパイ‥

童顔女子!♪

18歳

手も小さくて‥。 何だか少数民族の娘っぽかった。

愛想もまずまずだ‥

彼女はベッドの上に腰をかけて‥ 携帯チェックし‥
その後は私とハグ。

そして服を脱ぐと 彼女はさっさと シャワールームへ‥。

私も彼女を追うようにさっさと服を脱いでシャワールームへ。

立ってシャワーを浴びる彼女の後ろ姿は 可愛いお小尻が象徴的であった‥
後ろから抱きしめて‥ お尻にチンポを擦るしょうもない私‥。

彼女はそれでも気にせず‥ 笑顔で振りむきながら‥
身体を洗い終わると‥

私に彼女が使っていたシャワーのヘッドを預けて‥
さっさとシャワールームから外へ出て行った。


hrwe (21) 

ベッドへ戻り‥
いざ プレイ開始‥

彼女は小さな手で私のオティムポ様をシコシコ‥
そして,ゴムを付けられる。

と 思ったら‥ 今度はゴムの上からフェラ。
しかし,私の勃起したオティムポ様は彼女の口には大きいようで‥

先っちょだけ口の先に入れて‥ あとは舌でペロペロ‥。
オティムポ様を横にして 左右に唇を振る‥。

その後,付けたゴムを外して‥
また別のゴムを私のオティムポ様に被せる。

どうやらフェラ用のゴムと挿入用のゴムは違うようだ。

ゴムを被せたあとは,私に寝る様に促し‥
彼女は私に跨って‥ オティムポ様の根元を手に掴んで そのまま挿入。

しかし‥ 先っぽだけの挿入‥。
やはり サイズが大きいようで‥ 徐々に奥へ入れる様な感じだ。

あまりにゆっくりな騎乗位に‥ 私もこれでは逝けないと,
彼女の身体抱きしめて‥両手で掴んで 下からガンガンと突く。

しかし‥ 彼女に止められてしまい‥
彼女はオティムポ様を抜いて‥

私の横にオマタを開いて寝転がる。
正常位へ‥

いつものように遅漏の私はそこから1回中休みを入れたものの‥
30分近く突き続け ようやく発射!

やはり‥ 量は少ない。

彼女も疲れたのだろうか? そのまま開いた足を元に戻し 伸ばした状態で 寝たままだった。

私もそのまま彼女に重なるようにオッパイの上に頭を横にして置く。

彼女の呼吸で肺が大きくなったり 小さくなったり‥
小さい乳首はずっと立っていて‥ 優しくオサワリ‥

彼女は相当疲れたのか? そのままゴロン状態が数分続く‥。
とりあえず,いつものように10万ドンをtipとしてプレゼント。

すると‥ 今度は,私の上に乗ってきて チュッチュしてくる。
え? 10万ドンのtipでこんなに喜んでくれるのか?

10万ドン(500円)でこんなに喜んでくれるとは!!
何だか こちらも 嬉しい。 しかし‥ 口が臭い。 爆

アンチョビ臭がした。

それにしても‥ 彼女は寝転がったままだ。

仕方ないので‥ おっぱい触れたり‥ おまんこに触れたり‥
なんてことをしていたら‥  あれ?

彼女のアソコから血が少し出ている。 汗

生理か? 切れているのか?

生理と言うか‥ 経血だともっとねばっとしているよな。
薄い血だ‥。 もしかして,少し裂けちゃったのか?
ゴムズレは無いと思うし‥

乳首は立ちっぱなしだけれど‥ おっぱい全体を見ると 生理時のおっぱいの張りじゃない。
いや‥ 小さいオッパイだからそうなのかな? これでも一応生理なのかな?

彼女の下着にナプキンもついていなかったし‥
こういう商売女はピル服用しているだろうし‥

とりあえず,持っていた軟膏を彼女のおま〇こに塗ってあげた。
痛くは無いようだ。 感染症等も怖いので‥ その後はシャワーで手を洗う私。
そして‥ ベッドルームへ戻ると私の軟膏を欲しがる彼女。 

潤滑ゼリーと勘違いされたら困るので‥ google翻訳。
どうせこの日、日本へ帰るからあげてもいいや。

彼女は可愛いし,愛想良いし‥
そう思い 軟膏を彼女にプレゼント!

しかし‥ その後も全裸のまま寝たままの彼女。

もしやこれは・・ 追加料金を取られるパターン?
そう思いつつも‥ また彼女に上に乗られて‥ そのまま抱きしめてしまう私。

1時間居ても 倍の60万ドン(3000円払えばよいか?) 
そう思い‥ そのまま 彼女を抱きしめながら横になる私。

しかし‥ このまま数時間爆睡したら怖いな‥ なんて気持ちが出てきたので‥
結局 部屋に入室後50分くらいで シャワーを浴びて帰ることにした。

置屋のお兄さんに60万ドン出そうとすると‥ 私の手から50万ドン札を取って‥
20万ドンのお釣りをくれた。 汗

1時間近く居たのに‥ 30万ドンで済んだ!
あっ。 彼女のZalo聞くの忘れてたっ‥。

それにしても‥ どうして行為後20分も私とイチャイチャしてくれたのだろうか?
tip10万ドンの御礼か? それとも もっとtip貰えると思ったのだろうか?



hrwe (22)

そうこうしているうちに‥ もう昼を過ぎていたので‥
さっさとホテルへ戻った

hrwe (23)

てか‥ 隣の部屋はドアを開けたまま。

ママと女児に挨拶!!
ママは英語を話せて‥ last elementary school vacationって言うから‥
娘は12才だろうか?

手を挙げた時の薄い腋毛が‥ って 12歳でもうこんな腋毛が出てくるのか?

何だかショックだった。
彼女が6年後‥ 商売女としてここに居る事は無いだろうけれど‥。
ドーソン女子は脇を皆剃ってるのかな?

少し気になった。



hrwe (24)

ホテルでシャワーを浴びて チェックアウトすると‥
ここからはタクシーでVIPバス乗り場まで行くことにした。


hrwe (25)

ドーソンに来て 滞在時間は17時間。
やった回数は4発。

う~む‥ アラフォーにしては頑張ったとは思うけど‥
やはり 6発はやりたい。





 ブログランキング・にほんブログ村へ

ggg (1) 

前日2発をこなし‥

ぐっすり快眠。 土日ドーソン旅行‥。
もう 残念なのはこの日の夜にはハノイへ戻らないといけない‥。

そして‥ 夜の便で東京へ帰るのだ。
翌朝には成田から直接出社。

悲惨な労働者…


ggg (2) 

朝7時過ぎに‥ この日の最初の相手を置屋メインストリートで探す‥。

しかし‥ 静かだ。

日本時間だと朝9時で‥ いつも朝6時に目覚める私には,元気満々なのだが‥

パジャマで歩いている嬢‥。

閉まっている置屋


ggg (3) 

相変わらず‥ この街は朝が遅い。


ggg (4)

仕方ないので‥ 観光客がワンサカしているビーチへ足が向う。


ggg (5)

こんな汚い海でも 朝から入っているベドッ娘達。

相変わらず‥ 保守的な水着で‥

Tバックやマイクロビキニは無い。


ggg (6)

海辺見て居ても‥ 子供たちが元気に走り回っていて‥

美女を眺めるゆとりもナシ。


ggg (7) 

仕方ないので‥ 朝食を食べに‥ いつものレストランへ。


ggg (8)

何だか‥ 売っている水着もあまりエロくないな。


ggg (9) 

昭和の‥ 水着?


ggg (10) 

ドーソン ビーチの モニュメントを通り過ぎて‥


ggg (11) 

ドーソンビーチ‥

幻の黒い海


ggg (12) 

セックス前の腹ごしらえだ。


ggg (13) 

いつも思うんだけど‥ ベトナムの屋台とか大衆店の牛肉って固い。


ggg (14)

タイでよく見かける扇風機型エアコン


ggg (15) 

朝8時過ぎに 置屋メインストリートへ戻って来たけれど‥

時折 前を走る ホンダギャル‥
少ない‥。  この時間だと多くの娘は未だ寝ているのかな?


ggg (16)

もう ここから選ぶのは難しそうだ。

そう思って居たら‥ いつも行く置屋メインストリートのお兄さんが方々へ電話をかけてくれた。

そして‥ 金色に髪を染めた色白の娘を指名!


ggg (17) 

未だ朝シャワーを浴びたばかりなのだろうか?

髪の毛が少し濡れていて‥ 半乾き状態。

ボディソープのような匂いがした。

愛くるしい顔をしていたので一緒に写真を撮ったら‥
私のスマホを取り上げて‥ 写真を消されてしまった。 

彼女は写真を撮られるのが嫌らしい。

プレイは所謂ドーソン・スタンダード。

生フェラに始まり‥ 乳首も舐めてもらい‥
ゴム装着して‥ 騎乗位5分。

あとは私が攻撃する‥。

正常位20分。 爆

正直‥ 彼女は感じて居るのか? そうではないのか?
よくは分からなかった。

あんあん! と 声を出したかと思うと‥
無口になり‥
そして‥ 10分を過ぎたくらいになると 正常位でピストンしている私を‥
抱きしめて‥

彼女も腰を上下にする‥

早く私を逝かせて仕事を終わらせたいようだった。


ggg (18) 

終了後,彼女と一緒にシャワー!!

あれ? 蒙古斑?  アザ?

お尻にあざがあった。

触ってみたら・・ 痛いようで・・ 手を止められる。 

とりあえず‥ 日本人のイメージ向上の為?
ドーソンの仙達に習い Tip10万ドンを渡したら‥

微信の交換をせがまれた。

中国人と勘違いされたのだろうか?

年齢を聞いたら19歳!!

よく分からないけれど‥ 2年前のタイムラインに‥
学生? JCかJKかは分からないけど‥ そんな頃の写真が‥

ベトナム人ってZalo使うはず。

若い頃から微信使っていたのは何故だろうか?

中国人のパパが居た? 

ggg (1)

色々なことを邪推してしまう‥。

そんなことが また 楽しかったりする ドーソン。 

↑このページのトップヘ