”フェティシズム” Fetishism by Japanese Tomcat ☆Amour Sucre☆

はじめまして♪ ミドサー独身のオトコでスクレと申します。仕事以外の時間帯はエロい事ばかり追及してるオス猫です。よく人の性的興奮話を聞くのが大好きです♪ 基本的に変態とは仲良くできるタイプの人間です。 性的嗜好・性的倒錯・変態性欲。。。官能的なものに,興味や幻想を抱き続け…。 万人受けする絶対的エロス! とは何か? これを人生かけて突き詰めていきたいと思ってます。 脚フェチ、髪フェチ、腋フェチです。 ☆エロティズム フェチズム☆

Category:海外風俗 > 2018年8月 ハノイ・ドーソン・クアットラム

caq (2)

ドーソン4日目。
この日の朝は,ハロン湾へ行くことにした。

全く旅の土産話を交友関係に対して無いのでは‥ 
ベトナム行って,ホテルで1週間ボーっとしていた!
なんて 話になってしまう。 笑

caq (3)

早朝のドーソンビーチからハロン湾へ

caq (4)

前日の夜に色々と計画を立てて‥
バイクでも安全そうな道を選んだ。

caq (5)

あとは‥スマホのGPS頼り。

caq (7)

日本と違って‥ 何かあった時は難しい。
まぁ‥ ハイフォンから友人が助けに来てくれるだろう。

なんて‥ 最悪の事態の場合は友人に頼るしかない。

caq (1)

とりあえずは‥ ドーソンを早朝出て‥
昼にハロン湾へ到着予定。

caq (8)

ドーソンを出て間もなく‥
この日もやや小雨が降ってきた。

そして,ベトナムの通勤光景と遭遇。


caq (9)

勤勉なベトナム人達‥
朝早くから働いている。 こういう点は日本人と同じだ。

caq (10)

一体‥ 彼らの日給はいくらくらいなんだろう?
物価の安いベトナム。 1日100万ドン(5000円)稼げば高給取りらしい。

caq (11)

ドーソンからハロン湾まで‥ 110キロくらい.

有料車専用道路だともっと早く着くし,距離も短くなるが‥

私が借りているバイクは,所詮150㏄くらいのバイクだ。 無理は止した。

caq (12)

とりあえず‥ まずはドーソンからハイフォンの町手前へ‥

caq (13)

雨でもバイクは多い。

caq (14)

そして‥ 大きなトラックも‥。

caq (15)

途中‥ 面白い店が色々とあった。

caq (17)

未だ よく 分からないのは‥ この カラオケ店 笑
お姉さんがマイクを持って呼び込みをしていた。

caq (16)


また‥ 道が物凄く悪い。

公共事業で掘り直して あちこちで メチャクチャ道路が歪んでいて汚い かの日本の道路よりも ヤバい。

caq (19)

そして‥ まずは 最初の難題である‥
フェリー乗り場へ向かう

caq (20)

フェリーターミナルへ
Ben Do May Chai

caq (21)

caq (22) 

ベトナムの橋インフラはこれから増えるのか?
それとも‥ 雨季と乾季でかなり水量が違うそうなので‥
やはり 難しいのかな? 


caq (24)

とりあえず‥ となりのお姉さんにフェリーの料金とZaloの連絡先を聞いて‥
8000ドン(40円) で最初の川を渡る。

caq (23)

caq (25)

皆 バイクで何処へ行くのだろう?

caq (26)


caq (27)

フェリーの料金は,到着後に こちらに座るオバサン方へ支払。

caq (33)

フェリーターミナルから先は‥ こんな風景。

赤いカッパを着ているけれど‥ 牛は私を襲わないだろうか?
不安だった。

caq (28)

しかし‥
赤いカッパを着ていても‥ 水牛には襲われなかった。 笑

われ関せずと言うか‥ 私なんてどーでも良いのだろう。

caq (29)

雨季とあって・・ こちらも沼が川みたいだ。

caq (30)

ようやく 砂利道からまともな道路へ出ると‥

caq (31)

そこは 新しい工業地帯だろうか?
建設ラッシュだった。
caq (32)

日本の富士ゼロックスまであった。

ベトナム経済‥ これから インフラ面だけはまだまだ上昇しそうだ。
何処を買おう?

caq (34)

そして‥ 次にまたフェリーターミナル。 
次は大きい河‥

ちなみに‥ ベトナムの河口周辺は大きな川が多いけれど‥

これらの上流は‥ ハノイを通って‥ ラオカイ・河口‥
あの紅河へと続く。 爆

caq (35)

小腹が空いたので,キットカットで朝食代わり。

caq (36)

フェリーに乗って‥ クァンイェンへ。
caq (37)

それにしても‥ 大きな川だ

caq (38)

岸まで結構遠い。

caq (39)

川と言うよりも,東京湾や瀬戸内海に居るようなイメージだ。

caq (40)


caq (41)


caq (42)


caq (43)

ようやく岸へ到着。
この前のバイクのおばちゃんの荷台を皆で押してあげていた。
ベトナム人は親切だ。
caq (44)

ここからは‥ ハロン湾まではもうフェリーでは無く道だけで行ける。
砂利道ももう無いはずだ。

caq (45)

そして‥ 事前に調べたガソリンスタンドで給油。

caq (46)

お姉さんが綺麗だった。  だが‥ ちょっとガソリンのタンクから溢れているのに‥
どうしても5万ドン(250円分)キリ良く入れたいようで‥ 
こぼれたガソリンが臭った。 泣

もっとよく分からないのが・・
ペッドボトルにガソリンを入れてくれと注文している脇のオバちゃん

一体‥ 途中で自分で入れるのかな?

caq (47)

また 雲が怪しくなってきたので‥
先を急ぐ‥

caq (48)

しかし‥ バイクの後ろがぐらつく‥。

途中で バイクがパンクしてしまった。 泣

困った。






 ブログランキング・にほんブログ村へ


omanko (11)

ドーソン1区で一戦して,その後 滞在先ニャギでシャワーを浴びた後は‥
何もやることも無く‥ 昼過ぎにマッサージへ。

omanko (12)

前回同様にまずはスチームサウナ

スチームサウナから出ると‥ まっぱの私をこのお姉さんが拭いてくれて‥
勃起してしまっても笑顔で腰にタオルを巻いてくれる。

omanko (14)

omanko (13)

マッサージは,前回同様のパターン。
うつ伏せ‥ オイル‥ 
仰向け‥ オイル‥

スペシャルマッサージの交渉は無かった。
もちろん‥ 私は軽いセクハラ。

ベトナムの娘は頭を撫でてはいけないと‥ 
地球の歩き方だったかで読んだことがあったので‥

極力,この国での最初のスキンシップは頬を撫でるようにしている。

7月のダナンのクラブの娘ではないが‥
それで目が合って唇を強く吸いついてくる娘も居たりするが‥

とりあえず‥ オッパイまで手が行くまでの様子見‥ 慣れ‥
みたいな感じだ。

頬を撫でても‥ 中国小姐は元より‥
日本女子と違って‥ ベトナム娘は肌が綺麗な娘が多いような気がする。

多分‥ 若い娘が多いからなのかもしれない。
ボツボツやクレーターが少ないな。

そして‥ マッサージの最後は寝落ち。

あっという間だった。

omanko (15)

マッサージが終わっても,当たり前だが 雨は大降り。

omanko (23) 

歩いて滞在先まで戻ると‥
毎日のようにお会いしている 同じニャギのおじ様と再会。

omanko (16)

二人して‥ 置屋へ行こうかとお話。 笑

omanko (17)

置屋ニャギでお話をしながら‥
出入りしている置屋娘を二人して吟味。

すると‥。 あれ?
団体用のバスが来たぞ!!

omanko (18)

ベトナム人が20人くらい集まってきた。 笑
観光客なのか? 聞いてみたら‥ 会社の日帰り旅行との事。
建築現場の仲間らしい‥。 この雨で急遽,慰安の日に設定したような感じだった。
服装はスーツを着た人から,作業着の人まで。 何だか,面白い。

omanko (21)

そして,その中に英語を話せるベトナム人が居たので‥
友達になり,ビールまで御馳走になる。

omanko (20)

一気に20人近いお客さんが来たので‥

何処から来るのか? 誰が呼ぶのか?

あちこちから ホンダ ガールがやってきた!!

omanko (19)

なんだ‥ この情報拡散力!
どんどんと やってくるではないか!?
これは‥ チャンスだ。 色々な娘達が一度に見れる!!

omanko (22)

団体で来た彼らのおかげで‥ この1時間で30人以上のドーソンに居る ホンダギャルを見れた。

ドーソンの街には,こういう春を売る女たちはどのくらい居るのだろう?
100人を超えるのだろうか?

omanko (24)

そうこうしているうちに‥
気づくと,私も愛らしい娘に 視線を向けていた。 

そして,御指名!!

omanko (25)

ベトナム人にしては,少し色が黒かったけれど‥
美形の顔立ちだった。 ニャギへ入ると‥ 
一緒に記念撮影してくれて 愛想は良かった。

困ったことに‥ 彼女のスマホでも一緒に撮影したいとの事で‥
こちらも一緒に撮ってもらった手前,承諾。

何枚 撮ったのかは分からないけれど‥
撮った写真をチェックする ベトナム娘。

本当に‥ ベトナム娘は写真好きだ。

omanko (26)

この娘は一緒にシャワーを浴びてくれたけれど‥
私のティムポとかのじょのおまんこをさっと洗い‥ 
終了。

そして‥ ベッドでは‥ 私を仰向けにして‥
私も太腿にまたいできて‥ 腰をふって クリを擦りながら…

私の乳首をリップ攻撃。
その後は,フェラしながら‥ 私の乳首を指攻撃。

私のオティムポ様は猛勃起

ただ‥ ゴムを被せた後は‥ 次は彼女が受け身。 汗

結局,腰を振るのはこちらだ‥
まぁ 私は騎乗位よりも 座位→正常位→後背位→駅弁→正常位or後背位
みたいなのが好きなのだが‥

女子を見てみると‥ 正常位→後背位→正常位 が 一番好きと言うのが多い。
次に多いのが,騎乗位→正常位or後背位だろうか?

あまり女子は体位を変えたがらないような気がする。

話は反れてしまったが‥ この娘は,正常位で私が突く際に‥
彼女も腰を動かしてくる。

よく,客を早く逝かせるために 置屋娘は腰を早く動かして‥
客にピストンのスピードを速めさせて,なるべく早い射精を促すのだが‥

何だか‥ この娘の腰の動かし方が‥ やけに遅い。
私のピストンと全然呼吸が合わなく‥

私のピストン・タイミングが乱されるので‥
仕方なく,彼女の腰の動きに私のピストンのリズムも合わせた。

そしたら‥ 
徐々に 彼女は感じて来てしまったようだ。
最初は無表情だったのに‥ どんどん呼吸が荒くなってきて‥
私の肩を強く掴むようになり‥

最期は声を 

あ”~~

と洩らし… 先に逝ってしまったようだ。

もう‥ 逝ってからは 彼女は腰を動かさない‥
屍状態。

仕方なく‥ 私はオティムポを抜き‥
一緒に休もうとしたら‥

彼女は手で私のオティムポ様に再起を促す!! 爆

どうやら‥ 屍状態の彼女で逝け!ということあしい。

もういいよと‥ 言う感じで,私はゴムを外した。

すると‥ 次はフェラをしてくれた。 爆

言葉が通じないって‥ 不思議だ。

ティムポからゴムを取り,もういいよと手を振ったつもりが‥

それが フェラして欲しいということだと相手には受け止められたようで‥

結局,お口で逝かせてもらった。

が~~~!! 
私が彼女の口で出した精子を‥

そのまま 彼女は ニャギの床へ

カ~ッ ペッ!!  汗
 
後で掃除する人が可哀そうだ‥。

omanko (27)

そして‥ おまんこの洗い方は 中国小姐流。
これは,ベトナム女子 共通のようである。

omanko (28) 

そして‥ 一緒に来た日本のおじ様も 女性を選んだようで‥
もう居なかった。

omanko (1)

ニャギの前には‥ 本当に色々な行商がやってくる。

ラーメン
かき氷

そして‥ ベトナム娘達は,洋服に夢中だ。

omanko (2)

私は,宿泊先ニャギで いつものように セックス後のシャワーを浴びて‥
その後は,また ドーソンビーチをぶらぶらする。

omanko (4)

omanko (3)


omanko (8) 

ちなみに,この日の夕飯に食べた海鮮炒飯は美味しかった。

omanko (7) 

そして‥ この数日後,私の運命を変えてしまうことになる原因を作った某ミネラルウォーター。 謎

このドーソンやハノイでは,このDa Saniのミネラルウォーターが私のお気に入りとなった。
いつもこれを買っていた。

omanko (6) 

ドーソンも日が沈むと,人が少なくなる。
この日は夕方20時過ぎにようやく雨が小降りになったが‥

omanko (5)

もう人通りはほとんどない。

omanko (10) 

置屋ニャギやホテル裏のメインストリートも‥
もう20時過ぎると人は少ない。

omanko (9)

もうSexする体力も気力も精子もホトンド残って居なかったので,
夜もまたマッサージへ行った。 

ハイフォンとは違い‥ 20時過ぎても女性が施術してくれる。
しかし‥ この日最後のマッサージは40代くらいのオバちゃんが私の担当だった。

とりあえず‥ この日は0時前には寝て‥ 翌日はハロン湾観光へ行くことにした。

夏休みはハノイ周辺へ行ってくると周囲には言ったのに‥
日本へ帰って‥ 旅の感想を聞かれたら‥ 
このままでは ドーソンとクァットアムの話しか無い。 爆
そんな話‥ 会社や身内ではできる訳がない。 笑



 ブログランキング・にほんブログ村へ

vvv (1)

翌朝‥ ガソリンを入れにドーソン1区の方へ。
この日は朝から雨のはずだが‥? 何とか天気は持っていた。
これなら,昨晩クァットラムに泊まって早朝出れば昼までにドーソンに帰って雨に降られずに済んだかもしれない。

クァットラムの夜も見てみたかった。大雨を恐れて早々に戻ってきたのが残念だ。

vvv (2)

とりあえず‥ この日は大雨予報だったので終日ドーソンで暮らすことにした。

vvv (3)

ドーソンの街中へ行くとジムがあったり,おしゃれなカフェがあったりする。

vvv (4)

正直‥ 発展目覚ましいベトナム

vvv (6)

北部の片隅‥
ハイフォンから1時間ちょっとと言っても‥
この街が将来栄える日は来るのだろうか?

vvv (7)

住むとしたら‥ やはり,ここよりも色々とあるハイフォンの方がいいかな? 
ドーソンには,エロ以外‥ 何も無い。

vvv (9)

一応‥ 色々とコンドミニアムも建っているけれど…

vvv (10)

将来‥ ここがリゾートとして発展していくのだろうか?

ダナンやニャチャンみたいに‥ 浜辺が整理されて綺麗になるのか?

想像できない。

ただ‥ クァットラムのあの‥ ここ近年の中国広東省ではもう見ることが出来なくなったくらいの汚いビーチ。 
あれに比べたら‥ ドーソンビーチは未だ綺麗だ。

vvv (11)

そして‥ 一応,観光スポットもある。

vvv (12)

vvv (13)

vvv (14)

vvv (15)

この日も この建物には 観光客らしい人達は出て来ていた。

vvv (16)

vvv (17)

vvv (18)

戻って‥ ドーソン ビーチへ‥ 
何か取れるのだろうか?

オバちゃん達が 何か取っている。

vvv (19)

貝? 

蟹?

vvv (20)

vvv (21)

ビーチでは‥ 魚介類を売っている。
それに群がる 中国人観光客。

vvv (22)

vvv (23)

vvv (24)

千葉や川崎の工業地帯の海とどっちが黒いだろう? 

vvv (31)
水着は持ってきたものの‥ ダナンと違って入る気すら無い ドーソンビーチ。

とりあえず‥ バイクにガソリン入れて,エンジンオイルも交換。
翌日はハロン湾へ行こうと思っていたが‥ その下準備と下調べすら午前中で終えてしまった私。
まぁ‥ バイクも喜んだだろう。

vvv (26)

朝食を食べにレストアンへ。
vvv (27)

豪華海鮮フォー

vvv (29)


そして‥ 次は,ホテル脇から 置屋メインストリートへ入って行くと‥
日本人二人組に声をかけられた。 爆

ドーソン‥ 
3日目で 2回目の日本人と出会う! 笑
少しお話して‥ バイバイ。

彼等は数年ぶりにドーソンへ来たとの事。

とりあえず‥ ホテル脇のドーソン置屋メインストリートから,
ニャギ ストリートへ戻る。

vvv (30)

ちょっと この界隈だけだと 面白くないかな? ずっと2区ばかりだ。
行ったことが無い ドーソン1区へ行ってみよう!

vvv (32)

未だ時間は朝10時ちょい‥

vvv (33)

朝1発
午後1発
夜1発

ドーソンへ来たらこれを連日やろうと思っていたので‥
この日の朝1発目は,ドーソン1区で済ませる事にした。

vvv (34)

1時間ほど前に走った ドーソン ビーチをまた走る。

vvv (35)

朝食を食べたばかりだったので‥
食後即セックスは身体によくないと‥ 少し遠回りしたり‥

vvv (36)

色々と回ってみた。

vvv (37)

ドーソン岬の先の方は何だか人が少ない。


vvv (38)

その一方で‥ かなり豪華なゴルフコース付きホテルがある。
リゾートホテルだろう。 次回はここへ泊まりたい!


vvv (40)

他にも色々とあるけれど・・

vvv (39)

やはり オフシーズンだった

vvv (42)

有名なドーソン カジノへ来たけれど

vvv (43)

何だか 廃墟っぽいぞ

vvv (44)

ここは…


vvv (45)

営業していない。 泣

vvv (46)

他の施設も‥
お客さんがあまり居無いようだ。

vvv (47)

やはり‥ 5月6月くらいにドーソンは来た方が良い。
8月は人が少ないようだ。

vvv (48)

vvv (50)

vvv (51)

8月後半だと‥ 平日はホンと人が居ない。

vvv (52) 

ガラガラ‥

しかし, それでも‥ 春を売る娘達は多い。

vvv (53)

ハイシーズンは きっと もっと 嬢達も多いのだろうな。
また‥ 土日の あの 家族連れやら 大勢居た人達は‥
何処へ行ったのだろう?

平日になったとたんに閑散とした。

vvv (54)

vvv (55)

vvv (56)

もう‥ これじゃ終わりかな。

vvv (57)

何だか‥ この座っている青年が私に寄って行けと言うので‥。
座っている青年とお話。

少し英語ができる彼が言うには,もうあと1週間もすれば独立記念日だとのこと。
9月2日がベトナムでは独立記念日らしい。 

インドネシアが戦後すぐ独立したのに対して‥
ベトナムも戦後‥ 半月くらいで独立宣言したんだな。

日本の独立記念日を聞かれたが‥。
建国記念日は知っていても‥ いつ独立したのだろう? 笑

何処の国にも占領されたことが無い,私の祖国は誇りだ。

しかし,アメリカの外圧に弱く‥
未だ日米地位協定やら,横田空域が残るこの国は‥
生涯アメリカの属国のようだ。

60~30年前くらい迄はアメリカの属国であるその恩恵の方が大きかったけれど‥ 
これからはどうなるのだろう? 搾取され続けるだけだろうか?

vvv (58)

それでも‥ ベトナム人にとって‥
日本という国は夢のようだ。 日本で働いて‥ お金貯めたいそうだ。

vvv (60)

普段‥
こんな のんびり 座ってる人と 会話することなんて無い。
日中の昼間から‥。良い年した大人が こんなボーっとしていて良いのだろうか?

普段働いていると 休みが欲しくなり‥
夏休みも4日目くらいに突入すると‥ 
今度は逆に職場が気になってしょうがない。 汗

企業奴隷を長い事してしまうと‥
暗に変な思想や価値観を知らず知らずのうちに植え付けられてしまうようだ。 
洗脳とでも言うのだろうか?

vvv (62)

そうこうしているうちに‥
ドーソン1区到着

vvv (63)

こっちに来ると‥ この奥へ行く人達が多いのに気づく。
何か職場でもあるのだろうか?

まぁ そんなことはさておき‥

一応… 当初の計画通り,この日の1発目は‥ このドーソン1区ですることにした。

vvv (64)

置き屋の入り口で‥ 眠たそうにしている女性3名。

どうやら‥ 1区の建物は,置き屋だけではなく‥
そのまま ここで春を売る女の子達がこの建物内に住んでいるようだ。

値段は2区と変らず25万ドン(1250円)

これ‥ 買わないと申し訳ないな‥。
わざわざ起きて来てくれたんだ。

仮に全員買っても。。 4Pしても100万ドン(5000円)だ!

しかし‥ 1人だけ どう見ても オバハンが居る。 爆

やはり‥ 一番若そうな20歳前後の スッピン女を指名!

がっ‥。 これがいけなかった。 

最初は‥ 丁寧にフェラをしてくれたけれど‥
正常位で挿入がしずらい。 両足を開いて寝そべってるのだが‥
ちょっと上におま○こを上げてくれない。 
明らかにベトナムサイズでは無い,いきり立った私のオティムポ様に奥まで突かれないように予防しているのだろうか?

そして‥ 私がピストン中‥
携帯をいじり出す。 なんだ コイツは!?

セックス中‥ 携帯をいじり出されるとは‥
中国小姐でも 流石にこれは無い。

デートの食事中,携帯をいじってる中国小姐は多いけれど‥。 爆

セックス中に携帯をずっといじっている。 

不感症なのだろうか? 
アソコは濡れているんだけれど‥
真顔で携帯をいじってる‥。 泣  声も出さず 表情も至って普通だ。

前もって‥ アソコに潤滑ゼリーを塗ったのだろうか?
イヤ‥ でも 彼女は起きたばかりだ。 出てきたところで指名されるかも分からない。

しかも‥ セックス前にお互いシャワーを浴びていないので‥
ずっと一緒に居た。 アソコにローションや潤滑ゼリーを塗る時間なんて無かったはずだ。

やはり‥ 彼女の愛液なんだろう。
それにしても‥ 無言で,携帯いじって‥ なされるがまま。
萎える!

仕方なく,私はピストンしながら‥
彼女の愛液を右手の人差し指ですくい‥
彼女のクリに塗りつけて‥ クリを優しく撫でまわす‥。

それでも,未だ感じてくれているのかは分からない‥。
最初のタッチで,彼女の身体はビクってなったけれど…
その後,彼女のクリを撫でまわしながらピストンしても無表情‥

そして‥ 彼女は携帯を置くと,私のオティムポ様を抜き取って‥
手で高速手コキ。 爆 

遅漏の私に嫌気がさしたのか?
ただ‥ 顔は笑顔だ。 もう 訳が分からないけど‥
そのまま彼女の手コキで発射。

そして‥ それを見ると,彼女は私のゴムも外さず‥
さっさとシャワーを1人で浴びて 笑顔で部屋を出て行ってしまった。

唖然と取り残される私。

vvv (65)

あまり 満足できずに終わってしまった。
ドーソン1区。 やる気があまりない風俗嬢。
こんな女‥ たま~に 日本にも居る。

vvv (66)

置屋で手で出されるんなら‥
エロマッサージにでも行って ゆっくりテコキしてもらった方がいいかも。

ただ‥ ベトナムでは,寝起きスッピンっぽい娘が良ければ‥
午前中に行って,置き屋のおばちゃんに起させてくるのも良いかもしれない。

若いと‥ スッピンの方が可愛い子も多々いる。
パジャマ姿の娘に勃起してしまう私のオティムポ様だっている。

vvv (67)

1回抜いてもらった後はドーソンの街をまた徘徊。

vvv (68)

なんだか・・昔の中国に似ている。

vvv (69)

vvv (70)

偽ブランドの靴

vvv (73)

肉の行商。
vvv (71)

目の前で切ってくれて量り売り‥
これを荷台で引っ張る。

vvv (72)

vvv (74)

また 普通の家の前でも商売をしているお母さんが多い。

vvv (75)

vvv (76)

vvv (77)

ハイフォンからドーソンへ来る途中。。
丘の上に建つ塔が気になったけれど‥
何なんだろう?

vvv (78)

近くまで行ってみようかと思ったけれど‥


vvv (79)

vvv (80)

途中から 雨がポツリポツリ‥

vvv (81)

大降りになるといけないので‥
また ニャギへ戻ることにした。

vvv (82)


vvv (83)

vvv (84)

途中‥ ドーソンでショッピングモールも発見!

vvv (85)

雨がぽつぽつ降り始めて来なければ‥ 中へ入りたかったが‥
大雨が来るといけないので,早々にドーソン2区へ戻る。

vvv (86)

まぁ‥ 色々と他にもお店はあるけれど‥
漁港の様に魚のえさの匂いがきつかったり‥ あまり街自体は綺麗とは言えない。

ドーソンの街は,週末に来るくらいが丁度良いのかもしれない。
ナンパスポットも何処にあるのか? 若い素人娘は何処に居ればいるのか?
まだよく分からなかったけれど‥
どうも,日中はあまり居たいと思えるような場所では無かった。 



 ブログランキング・にほんブログ村へ


vocc (8) 

クァットラム ビーチで2発目を終わった後‥

vocc (9) 

ホテルに戻ってシャワーを浴びた。
しかし‥ 水の出が悪い。 
ベトナムは,ニャギよりも 置屋の方がシャワーがしっかりしているというのが不思議だ。
よく使うからだろうか? 笑

vocc (10)

シャワーから出ると,ハイフォンの友人に翌日の天気予報が大雨だから‥
移動は避けた方が良いとのメッセージが‥。

ということは,翌日もここでエロ三昧だな♪
なんて 考えたが‥ 

家に帰った時‥ 会社へ行った時‥ 
何の旅の土産話もできないではないか!? 

明後日はハロン湾くらい行っておいた方が良さそうだと‥
Google Mapを広げる。

やはり‥ この日はドーソンへ戻った方が良さそうだ。
翌日‥ 大雨の中,ドーソンへバイクで帰るのは辛い。

雨季は午後から豪雨が降るケースが多いが‥ Google天気予報で見たら‥
この翌日は朝からずっと雨で 降水量予想も多かった。

そして‥ ドーソンへこの日のうちに戻ることになる‥
決定的な事がおこった。

このホテルの部屋・ 小さいのがウヨウヨしている。
ノミか? と よく見たら アリ。

やはり‥ ここに泊まるのは止めよう。
vocc (11)

とりあえず‥ シャワー使ってしまったし‥
1泊25万ドン(1250円)だから,まぁ 泊まらなくてお金返してもらえなくてもいいかな?

なんて思っていたら‥。 
ホテルのおばちゃんに,急にハイフォンへ戻ることになったと事情を説明したら‥
半額返してくれるような感じであった。

ただ‥ ここの家の息子(小学生くらい)が‥ 
チェックインの際に色々と手伝ってくれたのと,冷えたミネラルウォーターをくれたので‥
御子息へのTipということで,その申し出を断った。 

vocc (12)

クァットラムへ来るのに‥ 色々寄り道をしたせいか? 
ドーソンから5時間くらいかかった‥

帰りは寄り道しなければ‥ 4時間弱でクァットラムからドーソンへ帰れるだろう。

もうこの時 17時を過ぎていた。 
クァットラム滞在時間は約5時間。 プレイは2回だけだった。
ただ‥ エステのお姉さんはめちゃ美人だ。 またいつか来よう。 笑

vocc (13)

帰りは‥ 時速60キロ以上でバイクを飛ばした。

vocc (14)

だが‥ 昔乗ってた カワサキのニンジャと違って‥ 
ベトナムのバイクは 加速度が‥ そしてスピードが‥

vocc (15)

それでも‥ 田舎道は空いているので…
暗くなる前にある程度進んでおきたかった。
vocc (16)

来る時とほぼ同じ 道で帰る。

vocc (17)

フェリー乗り場には‥ 養豚トラックも‥。
彼等は‥ この先 何処へ行くのか? 分かっているのだろうか‥

いつも普通に食べてる豚肉だけれど‥
こういう現場を見ると‥ やはり感謝して豚さん達を食べないといけないと感じる。

vocc (18)

それにしても‥ ベトナムはまだまだ橋が少ない。
インフラ投資は‥ 鉄道・道・高速道路‥ 橋以外でも色々とありそうだ。
その一方で‥ ネットのインフラは整っているようで‥
空港で設定してもらったベトナムのsimは接続が途切れる事は無かった。

私の行った時期は,何処も雨季でこんな川の状態だったけれど,
雨季と乾季で川の水嵩が全然違うそうなので‥ 次は乾季に来てみたい。

vocc (19)

フェリーに乗って川を渡るベトナム。

vocc (20)

対岸まで みんな,車やバイクから降りて雑談している。

vocc (21)

そして到着!!

vocc (22) 

明るい時間しか バイクはスピードを出さない方が良い。
ベトナムでは‥ 灯りもつけずに 夜自転車をこいでいる人達が多く,危ないからだ。

vocc (23)

極力‥ 暗くなる前に 距離を稼いだ。


vocc (24)


しかし‥ ドーソンまで1/3くらいの距離を走った頃・

vocc (25)

空がなんだか怪しくなってきた‥。 

vocc (26)

時折 遠くで ピカー って 光っている。 汗

vocc (27)

そして‥ ぽつぽつと雨が降ってきた。

この ポツポツが豪雨となり‥

とあるニャギの入り口で‥ 雨宿りさせてもらった。
しかし‥ 奥さんはOKだったのだが,そこの店主の方が泊まらないなら邪魔だというので‥
そのニャギを出る事にした。

vocc (28) 

そして‥ バイクを走らせるものの‥ やはり,雨で身体が濡れる‥。

仕方なく‥ 普通の民家で助けを求めた。

そうしたら‥ そこの家族は,快く雨宿りをして行って良いとの事。
さらに,一緒に御飯を食べていけば? なんて お誘いくれた。

流石にそこまで甘えられないと言うと‥ 水が出てきた。

ちなみに‥ この家は石屋さんのようだ。
何て素晴らしいホスピタリティなのだろう。

その後 しばらく‥ この石屋さんで雨宿りをさせていただくと‥

あれ? この石屋さんの 前にカフェがあるじゃん!

石屋さんファミリーに前のカフェで雨宿りをすると伝えて‥
カフェへ移動。

vocc (29)

すると‥ このカフェのお姉さんが!
英語を話せた。 しかも‥ 26歳の美女!!

残念ながら‥ 彼氏持ちだった。 

異国で,しかも夏休み中だと仕事のプレッシャーも無いせいか?
私は素人娘によく惚れてしまうけれど‥

彼氏が居なかったら,彼女を口説いていたかもしれない。 爆

っして‥ 彼女にバイクを拭いてもらい‥
バイク用カッパを売っている家が近くにあると言うので,ピザを焼く間に連れてってくれた。

お店は閉まっていたけれど‥ 彼女が大声で店主を呼んでくれた。
もう 夫婦そろってパジャマで寝るぞ!(もしかしたら,これから最中?)って時に申し訳なかった。

vocc (30)

vocc (31)

そして‥ 彼女のカフェに戻り 夕飯を食べる。
よく分からないが‥ 日本ダイスキでハノイで警官をしていると言う彼女の彼氏とzaloで会話。

ベトナム人って,人懐っこくって‥ 接しやすいな。

子供の頃から‥ 周囲と協力して生きていかないと,生きていけないのだろう。
このコミュニティ社会と言うか‥ 
ローカル和気藹々な光景は好きだ。

日本の昭和もこんな感じだった。

vocc (32)

ピザを食べ‥ 雨が小降りになったのを確認すると‥
名残惜しいが‥ Caféのお姉さんとお別れして‥
ドーソンへ急いだ。

vocc (33)

スコール一過後,やはり 道は滑るし‥
水はけがよくない。

もう ここからはバイクも安全運転。
vocc (34)

色々と また 寄り道をしてしまう。

vocc (35)

ベトナムは,大乗仏教と聞いたけれど‥
なんだか‥ 建造物だけを見ると他宗教のように思える。

vocc (36)

そして,気づくと燃料もヤバい。
google mapでガソリンスタンドを探すけれど‥
アメリカや日本と違い,gass station で検索しても ちゃんとした営業時間までは出ていない。
そして,google mapに載って居ないガソリンスタンドが夜でもやっている。 爆

助かった‥ こんなところでガス欠したら‥ とんでもないことになる。

私は‥ この旅,ヤバい所で幸運を良く拾う。
vocc (37)


結局‥ 道がよく滑るので‥
カフェを出てからドーソンまではゆっくり帰った。

vocc (38)



vocc (39)

途中‥ アジアカップで ベトナム戦を見ている人達を多く見た。

W杯の時期にダナンへ行った時も思ったけれど‥
外で皆でサッカー観戦する人達が多いな。

vocc (40)

バイクで移動しながら‥

彼方此方で‥

vocc (41)

皆 外でサッカーを観ている。

こちらでは大型モニターで観戦だ。
vocc (42)

こちらも‥ 皆でサッカー観戦。

vocc (43)

何だか‥ 面白いな‥。
移動しながら‥ あちこちで 画面が出ていて
サッカーの途中経過が分かる。

vocc (3)

そして‥ ハイフォンの街を過ぎて・・
ドーソンへの途中に‥

女の子グループがアイスの店へはいって行った!
vocc (1)

それを見て‥ バイクを止めてしまう私。

しかし‥ 入店したら,そこには ベトナムの男どもが 彼女達を待っていた。 爆
意味なし‥
vocc (2)

仕方ないので‥ ベトナムの甘ったるいアイスを食べる。
本当に甘過ぎだ。

vocc (7)

一応‥ ドーソンのニャギには22時半には戻って来れた。

バイクは来るときよりも最初は飛ばしたのに‥ 
気づいたら,帰りは5時間以上かかっていた。 爆

vocc (4)

そして‥ 疲れ切っている私に,女を買うように呼びかけてくる向かいの置き屋のオバちゃん。

vocc (6)


vocc (5)


この日はクァットラムで2発したから‥ もういいやと思ってしまった。
1日3人のノルマは‥ 2日目にして未達になってしまった。 爆

もう 歳だな…。


そう思っていると‥ バイクの集団が!!
サッカーでベトナムが勝ったらしい。

はぁ‥ 
って!!!

ベトナムの旗を持って勝利を祝うバイク集団の中に!!
Honda Girlが同化している。 爆

そして‥ その騒音の中‥ 私を手招きする 置屋のオバチャン。

残念ながら‥ 無理だ。 



 ブログランキング・にほんブログ村へ

vcat (1)

この日の宿泊するホテルを決めた後は‥
クァットラムの街を徘徊‥

vcat (2)

夏の終わり‥ 雨季‥
どうやら,シーズン終了だ。


vcat (3) 

プールも何故か汚い。

vcat (4)

マッサージ屋も覗いてみたけれど‥ タイプの娘はいなかった。

vcat (5)

ちょっと‥ 徘徊するには‥ このクァットラムのビーチは色々と声をかけまくられたり,捕まるので‥ バイクに乗り換えた。

vcat (7)

若くて可愛い娘はバイクに乗って‥ 
置屋だけではなく,KTVと書いてある建物に客と入っていった。

この娘達はコンパニオンか?

vcat (6)

そして,私は‥ かなりの美女を見つけてしまった!
あれ? こんな綺麗な娘がこの街に?

vcat (8)

彼女はエステのお姉さん。
早速,入店することにした。

残念ながら‥ 男性はボディマッサージや豊胸マッサージはしないとの事。
そして‥ 彼女にフェイシャルを勧められる。

vcat (9) 

この娘さん‥ 私,1000万ドン(5万円)出してもいいからやりたい。
こんな娘さんは,何処に行けば‥ お会いできるんだ?

vcat (10) 

しかし‥ 残念ながら夫持ちのようだ。 泣

そして‥ 人懐っこい子供も居た。 彼女の見た目は20歳前後。
息子は3歳くらい? ベトナムは早婚と言うのはホントのようである。


vcat (11) 

結局‥ フェイシャルエステをされながら‥
この エステティシャンの美女の顔を真近で御拝顔して‥

丁寧に顔を癒して頂き‥

身も心も癒されてしまった。


vcat (12) 

そして‥ 先ほどのエステ美女のようなお姉さんをこの街で探そう!

そう 心に決めて… 周囲をまた徘徊


vcat (13) 
この ビーチ風俗街‥ クァットラムの裏路地には 水牛が沢山居たり‥
野放しの野犬が沢山居たり‥

決して安全な道とは言えない。

行き先を牛にふさがれ‥ 後ろから野犬が吠えて追ってきたら怖い。


vcat (14) 

未だ 牛さんは 私が赤いヘルメットを被って居ようが 全く興奮せず 我関せず的でいたって大人しいのだが‥

野犬はヤバい


vcat (15) 

そして‥ 表通りは,置屋のババアから‥
うちコイ! うちコイ! と 手招きされる。

vcat (16) 

ちょっと一休みをバーでした。
ここからバイクに乗る女の子を色々と観察。

vcat (17)

情報の少ないこのクァットラムの街で‥
ホーチミンやドーソンフリークのプシキンさんですら来たことの無いこの街で‥
どう 動けばいいのか? 色々と未だ模索していた。


vcat (18) 

ただ… バーで飲みながら可愛い娘を見つけても‥
その娘とやれるわけではない。

ここは,ドーソン方式で‥
先程 同様に 置き屋へ行って 可愛い子が前を通ったら‥
その置き屋の人にその娘を呼んでもらおう!


vcat (19) 

そして‥ 人が良さそうなおばちゃんの置屋に入り,表通りに面している椅子に座らせてもらった。


vcat (20) 

しかし,そこのオバちゃんは‥
目の前をバイクで通っていく娘達よりも‥

彼女の置き屋で待機している娘達を買って欲しいようだ。
私が最初断ったのにも関わらず,外を可愛い娘が通らないか見ていても‥ 
何度も‥ うちの娘達が一番良いと営業をしかけてくる。

何だか‥ みんな稼ぐの必死だな。
とりあえず‥ 居ずらくなって 他へ移動。

vcat (21)

すると‥ 先ほどのバーで 店主にからかわれる。
Hが終わった後, 夕飯はここで食べて行けということらしい。
もう 既に3時間くらい前に1発やったので‥ 別に急ぐことも無いけれど‥
エステでタイムの娘に会ってしまったので‥
何だか 美人系の娘を抱きたくてうずうずしていた。


vcat (22) 

ショートパンツに‥ 谷間が見えるぶかぶかのシャツ‥
クァットラムの娘達は刺激的だ。

穴の開いたショートパンツから,よく見ると黒い茂みがはみ出て見える様なの履いてる子もいる。

vcat (25) 

そして‥ 次はゆっくりベンチに座って休めそうな置屋を発見!!


vcat (26)

ここは犬も繋がれていて安全だ。

そして‥ おばちゃんと 色々と話しながら‥ 前を過ぎ去るバイクを見る。

10分くらいしただろうか? ちょっと‥ この娘いいかな?
そう思っていた娘を選び‥ 

おばちゃんに20万ドンを渡したら,2万ドンのお釣りが来た! 爆

35万ドン → 20万ドン → 18万ドン

クァットラムに決まった値段は無いのか?


vcat (24) 

とりあえず‥ 黒髪系の可愛い子と置屋部屋へ‥ しかも18元で入れたけれど‥
彼女は買われて嬉しいのか? 私の頬を両手でなでなでして来て‥
私の手を引っ張り,置き屋の部屋の中へ‥

そして,すぐ全裸に!!

私がゆっくりしていると‥ 私に脱ぐよう促し‥
そして,私が服を脱ぐのを手伝ってくれた。

その後‥ 彼女はシャワーを浴びに‥ 私も後をくっついて行って,一緒にシャワー!
と 思ったら‥。 冷たい!! ほぼ水だ!!

お湯が出ないのか? なんて思っていたけれど‥ 温度蛇口を赤い方へ回せばお湯は出る。
彼女はタイ女か? と 思うくらい‥ 熱いお湯のシャワーが嫌いのようだ。

ベッドへ座ると‥ タオルで拭いてくれて‥
彼女のフェラが始まった。

濃厚で‥ 何とも言えない‥
優しい‥ 泥っとしたお口だ。

私のオティムポ様をおっきい! と 言ってくれて‥
そのまま‥ ずっと オティムポ様を咥えたり,舐めたり‥

早くセックスを済ます気はないのか?
手も使わず‥ ずっと口で ペロペロしている。

いつまで ゼンギするのか? 私も興味を持ってしまい‥
そのまま舐めさせていた。

その後,彼女は自分の手でおま○こを触りながら‥ 
私のオティムポ様を舐めまわす‥

私のオティムポ様は彼女の唾液と私の我慢汁で すごいベトベトだ。

ベトナムだからベトベトにするのか?

そして‥ そのまま‥ 私のオティムポを掴んで‥
彼女が上に乗ってきた。

な・・ 生だ!
そして‥ もしや,この20分くらい ずっと私のオティムポ様を舐めていたのはローション替わり?

とりあえず‥ 性病が怖いので‥
一度,彼女の身体からオティムポ様を抜いて‥
カバンからコンドームを出した。

すると,彼女は‥ サガミオリジナルのパッケージを見て驚いていた。
パッケージの形が,見慣れているものと違うので興味を持ったようだ。

そして‥ 私が付けたゴムを引っ張ってみたり,舐めてみたり‥

私の方は‥ オティムポ様が早く解放されていたがっていたので‥
彼女の身体を倒して正常位へ持ち込もうとする。

彼女は先程のフェラで私のオティムポ様を唾液ローションでいっぱいにしたけれど‥

本当に若い娘は濡れやすい。
ゴムを装着し‥ 潤滑ゼリー要らずに‥ 大洪水おま○この上にあるクリ へ スリスリ‥

そして‥ 先程最初の挿入後まだ閉じていなかったおま〇こは スリスリしただけで
すぐ滑らかに入ってしまった。

3時間ぐらい前に1発やったのに・・
私のアソコはガンガン突く‥ どんどん,彼女の身体はベッドの上へと上がっていき‥

挿入したまま 一度‥ ベッドの下へ引きずって移動。

その後もガンガン正常位で突きまくる。 そして‥ 発射!
脚が少しガクガクして,彼女の身体にもたれかかると‥ 優しくキスしてくれた。
しかし‥ 口臭がきつい。

私のオティムポ様とゴムと彼女の口臭とが混ざった様な‥ 
鶏ガラパクチーを腐らせたような匂いだ

ただ‥ この時もゴムの中の精子量は多かった

もうヤバい…

そして‥ もつれた時に嗅いだ彼女の汗の匂いは‥ 
何だか日本女子の褪せっぽい甘いすっぱい臭い。

セックスが終わった後,お互いに少し余韻に浸った。
セックスが終わると さっさと身体を洗って 私を置いて出てっちゃう娘も ドーソンには多いが,クァットラムの娘達は ゆったりとして居るように思える。

ただ‥ 私がこの街で相手した娘は未だ2人。
あと28人とやらないと,大数の法則上 これだけで判断するのは良くないだろう。 

置屋で日本語を話すベトナム人も,日本人をこの街で数名しか見たことが無いと言うので‥
ゴキブリを1匹見たら,30匹居ると思え!の理論に従うと‥

彼の居たこの半年で,その30倍来て居たとしても‥ 
この半年で日本人は100人も来ていないのではないだろうか?




 ブログランキング・にほんブログ村へ

↑このページのトップヘ