”フェティシズム” Fetishism by Japanese Tomcat ☆Amour Sucre☆

はじめまして♪ ミドサー独身のオトコでスクレと申します。仕事以外の時間帯はエロい事ばかり追及してるオス猫です。よく人の性的興奮話を聞くのが大好きです♪ 基本的に変態とは仲良くできるタイプの人間です。 性的嗜好・性的倒錯・変態性欲。。。官能的なものに,興味や幻想を抱き続け…。 万人受けする絶対的エロス! とは何か? これを人生かけて突き詰めていきたいと思ってます。 脚フェチ、髪フェチ、腋フェチです。 ☆エロティズム フェチズム☆

Category:海外風俗 > 2016年9月末 上海・蘇州

l0347
上海滞在,実質的な最終日。
久しぶりに外灘を見る。 初めてここに来たのは12年前。
浦東で,東方明珠電視塔が一番高い建物だった。
リニア・モーターカーが通ったばかりで・・・ 地下鉄は1号線と2号線しか無かった。

当時私の通訳をしてくれた,精華大出身のエリート S女子の月収が6000元くらいだった。
気づくと今は技術者の夫と太陽光関連の会社を創業し,その数十倍稼いでるらしい。 
一歩間違えたら私より金持ちだ。 

l0348

発展する浦東に対して・・ 旧街並みの外灘は観光客さえ目に入れなければ時の流れを若干感じないで居られる。。。

 


この旅の実質的最終日(翌日は昼近くの便で日本帰国なので,観光などはできない)は,
泗泾へ来た。

日本語で色々と上海風俗サイトをリサーチしたら・・・ 
泗泾なるローカル風俗スポットがあるらしい。
そんな情報を手に入れたものの・・。 全く分からなかった。

l0349

ここは古い水郷。市民が普通に生活している,古き良き上海。 トイレも区画で共用しているような感じで,それぞれの家には無い。 そして・・ トイレの手を洗う水が出ず・・ 民家に水道を借りた。 

本当に私は軟弱日本人だ。 手を洗わなくったって死ぬわけでは無い。 日本のピンサロ嬢なんて 客に舐められたアソコをトイレのビデで洗えばまだましな方で,忙しい時はそのまま ひどいと うがいすらせずに 次の客に付くと聞く。 なのに,中国では感染症が怖い。 置屋へ行く時は必ず日本製ゴムとフマキラーの除菌スプレー,ウェットティッシュが必須である。

あともう1つ怖いのが・・・ 野犬!! 
中国では未だに狂犬病がある。 犬にかまれたら・・ 傷口を消毒してすぐに日本へ帰ろう。。
(ヒコーキ代や仕事よりも,命の方が大切だ。)
帰国したら すぐ医者に診てもらおう。 発症前なら,助かる確率は高い。
一方で・・ 発症したらほぼ100%死ぬ。 老街には本当に放し飼いの犬が多いので要注意して欲しい。

l0350
上海の中心から1時間近くかけてきた街・・ 泗泾。
置屋は結局見つからなかったが,話通りのエロマッサージ店はオンパレード。 

気づいたら・・ オイル・マッサージしてた。 190元で1時間。
正式には30分普通のオイルマッサージで,20分てぃ◎ぽ マッサージ。

施術のスキルは,やはり本場中国。 上手だった!!
シャワー完備なので,あまり問題は無かったが・・・ ローションが落ちにくいような気がした。
ローズ・オイルと書いてあったが,オイル感があまり無かった。
肝心のてぃ〇ぽマッサージは,都内のエロ エステとあまり変わらない。
オサワリは,下の肝心な所以外はOKで,小姐も20代後半くらいだが美形な方である。
そして・・ 大放出した後は,小姐が両手ですくい取って,キッチンペーパーくらいの紙で拭かれる。
私はウェットティシュで拭いてその後 シャワーを浴びたが・・・
終わった後は小姐に甘えて見たら,なんと洗ってくれた。。

l0351

エロマッサージ店から出ると,外はもう夜になっていた。
沢山あるエロマッサージの中で何処の店がイイのかは分からない。 また,置屋と違って 直に小姐の顔を見て選ぶことが出来ない店が多いのが残念である。 ただ・・ 松江 
泗泾 エロマッサージ 特化地区とは違い・・。
マッサージ嬢が自ら店の外に出たり,外から見えやすい所に座っている 一大エロマッサージ特区が・・ こんな遠くへ行かなくても,上海中心からちょっと離れた所に存在した!!

l0352

夜はダンス。 朝は太極拳やってる公園。
性器公園!!(世紀公園)

l0353
中国は寄り道すると色々な発見がある。 世紀公園へ行く途中,近くの不動産屋さんへ寄ってみた。
上海の不動産バブル…。 未だ未だ続いていた。 汗  家族の為にそこそこのCondo買おうとすると,この世紀公園地域でも1000万(1億6000万円)~2000万元(3億2000万円)くらい必要だ。 

l0354

また,散歩途中に床屋(エロでは無い,日本でいう所の理容室)を見つけたが・・ 若い小姐理容師多い。
追加サービスあるのかな?

l0355

とりあえず・・ お腹が空いたので,エロ・マッサージ店立ち並ぶ店でサンドイッチを友人と食す。
ウェイトレスのお姉さんと談笑。 英語の話せる子で助かった。。。 
雲南省出身の23歳。 私は童貞って言ったら,彼女は1年間彼氏がいなくて1年してないとの事だった。
向うの方が積極的で,日本に帰国後 色々と連絡を取り合うことになる。 

l0356
l0357
l0358

世紀公園のエロマッサージ嬢の質は高い。 
1時間前に泗泾で出してしまったことに後悔した。 次回の上海では,泗泾まで1時間近くかけて行かなくてもいいような気がしてしまった・・・。 15分かけて世紀公園へ来よう。 

 l0359

あとは・・ 日本では上海ガニがべらぼうに高いので・・・ 高級ブランド
陽澄湖産上海ガニを持って帰ろうと思ったが,調理してあるヤツで無いと持って帰れないとの事。 一応・・ 外来特定種。 
この15匹で3000元(48,000円)くらい。 ♂と♀を1匹ずつを日本で食べると最低でも10,000円以上はする。
陽澄湖産だと,一歩間違えたら日本で♂と♀食べたら12,000~20,000円とかしそうだ。持って帰りたかった。。。

l0360
帰国は・・・ 普段は使わない浦東第1ターミナル。

l0361

今の会社は何処へ行くにもエコノミーしか乗れないけど,ファースト クラスラウンジは使える。
唯一,前の会社に感謝しているのは・・・ 生涯マイル50万以上になるくらいヒコーキに乗せてくれたこと。
一方で・・ それだけ 上司のパシリにされていたと言うことでもある。 汗 

l0362
次は・・ 12月に美しい蘇州へプライベートで行く予定だ。

l0363
 

国慶節2日目。 上海へ戻る。

l0333

日曜と言うこともあり,国慶節2日目と言うこともあり・・・
上海は普段以上に人であふれている。

l0334

コンナ中,老三隊へ行ってみる。。 巷では,6月の強制捜査で壊滅させられたという情報が流れ・・
一方で Baidu 掲示板ではやっているような文言が・・。  とりあえず,ローカル情報 百度に従った。 

l0335
 
若干,規模は縮小? 一部壊されているのかもしれない。 でも・・・ 日中にもかかわらず やっている。
道端で化粧をしている子・・。 そして,見てはいけないような光景まで。 ここは,よく分からない。

早速,入店3日目の可愛い子を発見する。 100元支払い,お相手。
入店3日目とは思えないほど 着換えの早い子であった。 こっちがズボンを脱いだ時には既に相手は全裸。
こっちがパンツを脱いだころには・・ 股を開いてゴムを手に持って待っている。 

世界に出たら,日本代表。 初めての日本人相手みたいだったので・・ 日本人の印象を好くするため,
日中友好の為に頑張る。

この小姐は終わった後,ゴムの精子の匂いを嗅いでいた…。  匂いフェチなのか?

l0338

老三隊の帰り道・・・ 北朝鮮レストランへ寄ってみた。
他に客は居なかったが,私が入店した後はどんどん増えてきた。


チマチョゴリは美しい。 残念ながら・・ 日本統治時代に,今の服装への転換が始まってしまった。
日本の朝鮮半島統治の1番の失敗は・・・ オッパイを出していたファッションを否定した事だ。
我々祖先もペリーと同じような過ちを犯してしまった。

l0336

そうそう・・ 中国人はキムチがどうやら苦手みたいだ。
ただでさえ,生の野菜を食べる習慣が無い。

l0337

北朝鮮美女に焼いてもらう海鮮石焼ビビンバは格別に美味しかった。

l0341


l0340

締めは北朝鮮の米からできた飲み物。
北朝鮮のお酒も進められる。

l0345

帰り道,日本へのお土産を探していると・・ くまもん発見!!

l0346

そして・・ この時期はやはり 上海ガニだ!!

 

中国の女子はたくましい。
彼女らは・・ 道の流しのタクシーを使わない。
Uberを使うのだ!

ロスやニューヨークのギャルなら分かるが・・・。
日本のOLにはあまり普及していないUber.
ここ蘇州では,小姐は日常生活でよく使う。 

彼女らの情報リテラシー レベルは,日本の女子高生たちとあまり変わらないと思う。
エロと貧困女子が世界を動かす・・・。

l0371l0328


l0329

蘇州最終日は,皆で日本食レストランへ行った。 いろいろ食べて500元。(8000円)
中国では新区の日本食は高価な部類だろう。。 

それにしても・・ 現地妻とその友達・・ 決してワサビを使おうとはしない。 笑
私が刺身に沢山のワサビを付けるのを不思議そうに見つめる。

l370

気づくと帰りは0時を回っていた。 帰宅途中・・ 置屋も閉まっている。 だいたい・・0時くらいで蘇州の置屋も閉まるのかな? 皆 カルテルでも結んでいるのか? 決まりがあるのか? 0時には閉めている。

l0330

翌日は,上海へ・・・。 蘇州に5泊していた訳ではあるが・・。 中国で私が住みたい街No1である蘇州。
去るのは寂しい。 

l0331

国慶節2日目の蘇州駅。 前日に比べたら少しは駅の混み具合は無くなった。 
皆,1日に移動するんだろうな・・・。 

l0332
 次に蘇州へ戻るのは12月の予定。。

 

上海での所用が終わり・・ 2日ばかし 蘇州で自由な日々が。

l0314

2016年国慶節 , 何処へ行っても人が沢山。 家でのんびりして,夕方から舞庁へ行こうと思ったが・・・
朝TVを観ていたら,無性に外へ行きたくなってしまった。

 拙政園 留園 平江路 獅子園 虎丘 山塘街 金鶏湖 寒山寺 北塔
 
気づくと・・ 多くの蘇州観光地は既に行ってしまっていた。
あとは,双塔くらいか? 近くはよく行くので・・ 見えることは見えるが,登ったことは無い。
現地妻に聞いてみると,よく見るのでそれはツマラナイらしい。

結局・・ 以前から興味があった 性風俗博物館のある同里水郷へ行くことになった。

l0315

蘇州駅の北口を出て・・ そこから観光バス会社のある2階へ・・。
チケットを買い。 上海駅北口から,片道1時間をかけて同里へ。

l0316
 同里のバス停からは,小さいオープンバス? みたいなのに乗って水郷まで行く。

l0317
 そして・・ コレが 古鎮同里 の 入口。

国慶節と言うこともあり,かなり混んでいた。

 l0318
チャーシューのような匂いがしてきたが,これは豚足。 やはり… 食べる勇気は無い。

l0319

同里を見まわしたのではあるが・・・。 あれ? 性風俗博物館が無い。
中国の ラスト 秘宝館 が・・ 。  号泣

l0320

現地で聞き込みもしたが,性博物館はもう無くなったとの事。
観光Mapにもその名前は無くなっていた。 正直・・ 何をしに来たのかは分からない。


l0322

観光チケットを買ってしまったので,そこにある 庭やら 博物館やら とりあえずは入ってみる。

l0323
鵜飼だろうか?
l0324

観光地ということもあり,こういう写真を撮る人達がやたら多い。

l0325

そして… 性風俗博物館,中国版 秘宝館が無くなっていたという悲嘆を引きづり ここを去る。

l0326

帰りもバス停まではこのオープンバス。

l0327
 国慶節を祝う街。。  今更だけど,国慶節って何だろう?

ブリタニア百科典によると…  

国慶節とは, 
中華人民共和国の建国記念日で国祭日。 10月1日。中華人民共和国成立の式典が,1949年 10月1日,五・四運動の示威が行われた北京の天安門前広場に約 30万の民衆を集めて催され,毛沢東主席が「中華人民共和国中央人民政府は本日ここに成立した」と宣言して以来,毎年この日を国慶節として祝っている。

とある。 中国人は春と秋に大型連休があって羨ましい。 

l0298

蘇州の朝は観前街へ行けば さぬきうどん も ラーメンも 食べれる。
彼女の料理よりも・・ そっちの方が好きだ。 笑

そして・・ 意外なのが すき家のラーメン。 茶わん蒸しと味噌汁を付けて食す。

l0299
 次に・・ 朝の散歩として 平江路もお勧めだ。 途中,太極拳してるおじちゃん・おばちゃん居るけど・・。
比較的 朝は空いている。

l0300
l0301
l0302
l0303
 ちなみに,現地妻と朝に散歩をするとロクな事は無い。 

l0304
 何故なら・・ 高級ブティックやらブランド品が入居する ファッションビルに連れて行かれたり・・・。
デパートの化粧品売場へ連れて行かれたり・・・。 大汗  ロクなことはない。 笑

l0305
もちろん・・ 上海から戻っても 真っ直ぐ家には帰らない。

l0306

舞庁には・・ 青春が待っている? 笑

美美舞庁は・・・ 以前のような過激サービスする女性は居ないけど,やはり居心地は良い舞庁だ。

もちろん・・ わずらわしい おばちゃんの営業は尽きないけど。。。 

一方で・・ 舞庁のおばちゃん達を見ていると,何だか切なくなってしまう。
若くて可愛い子は立つ必要もなく・・ ここでは座って 澄ました顔をして 微信でもしていれば,オトコ客の方から声がかかり稼げる。 一方で・・ ここで おばちゃんが生き延びるのは大変だ。 本当に 過当勧誘でもしないと客を取れない。 同じ20元支払うなら,絶対に若くて可愛い子へ行くはずだ。 

l0307
 
中国のフェティシズム文化はまだまだだ。。 日本だと,おばちゃんに ”人妻” ”熟女” そして・・・
ここに何故いる? ”妊婦” みたいなラベルを付ければ それ相応の楽しみ方を知っている男子も多いだろう。
だが,ここは中国。 そういうマニアは少ない。 皆 未だ そういった 楽しみ方をあまり知らないのだ。
 
旦那に電話させながらオッパイを揉む輩なんぞ きっと居ないだろう。

l0308

そして・・ 舞庁で セクハラ踊りをし・・ 手マン やら ズボンの上からアソコを擦られ・・・
小姐から520元でウチおいで♡ という お誘いも断り・・

家に帰ろう! と思っても・・ 帰り路には誘惑が多すぎる。 

茨城の大洗で食べた 大ハマグリよりも 大きなハマグリを食べたくなり。 購入。 
ちなみに… 1つ58元(約900円) ではない。 1斤(500g)あたり 58元(900円)なのだ。 安い!

l0309
 もちろん・・ 韓国式のような焼肉店もある。
l0311
ぶちゃ可愛い猫も居る。

l0310
l0313
 そして・・ 帰り路にはちょっと遠回りすると置屋も。。。 

ついつい 歩いてしまう。 蘇州置屋MAPでも作ろうか? と思うくらい 多い。
んで・・ この日も150元払って入ってしまう。 汗

中国は写真では無く,実物見て女の子を選べるから 基本的に外見上の外れは無い。
床上の外れはあるけど,まぁ 可愛いければ 余程の性格が悪い女で無い限りは許容できてしまう。

そして・・ 腋毛を剃らない子が蘇州には多い。

上海の会所(サウナ)では 皆 陰毛は生やしていても 腋毛は処理している。

l0310


でもここ 蘇州は・・。 昭和の時代に来たように 脇もアソコも 本当に生れ育ったまま。
 昭和ノスタルジックを味わいたい者には本当に堪らない。

私も,人生の大半が平成な訳ではあるが・・ 日本の駐在のオジサンたちが昔ハマった世界。
分かるような気がする・・・。 

↑このページのトップヘ