”フェティシズム” Fetishism by Japanese Tomcat ☆Amour Sucre☆

はじめまして♪ ミドサー独身のオトコでスクレと申します。仕事以外の時間帯はエロい事ばかり追及してるオス猫です。よく人の性的興奮話を聞くのが大好きです♪ 基本的に変態とは仲良くできるタイプの人間です。 性的嗜好・性的倒錯・変態性欲。。。官能的なものに,興味や幻想を抱き続け…。 万人受けする絶対的エロス! とは何か? これを人生かけて突き詰めていきたいと思ってます。 脚フェチ、髪フェチ、腋フェチです。 ☆エロティズム フェチズム☆

Category:海外風俗 > 2016年12月 上海・蘇州

蘇州最終日・・ 現地妻と別れて,ホテルへ戻った後に, 舞庁で出会った子とWeChatしていると・・・
1時間でいいからお店に来ない? とのことであった。 
予算を聞いたら400元くらいと言うので行ってみた。

l0550


Taxi中,チャットをしていると… 彼女にTip200元と飲み代で合計800元くらいと
いきなり予算が倍のお値段に…  

しかし,WeChatで出勤中の女の子の写真を色々と送ってきてくれたのと,
舞庁で手マンをしていた時のあの困った顔をもう1度見たくなってしまい。 
 

l0542



興味本位から来店。 新区のKTVより,新宿のキャバクラ行った方が
安く済むので ここ数年は KTVにはあまり乗り気では無かった。

しかも, 広州やシンセンのKTV行った方がススキノの
キャバクラ(トップレス オサワリOK)みたいな感じで楽しい。


入店したらこんな感じであった。 1時間400元との事であったが,上海だと入場するのに
500元は取られるので,蘇州ならそんなものかな?
(ちなみに・・・ 2005年は250元~300元くらいだったような気が。。)  
と思ったが・・・  これは普通に部屋代らしい。

ビールが50元くらいなのではあるが・・・ 最初から女の子を3人付けられる。 汗
 そして・・ 彼女達が飲む飲む。
その後・・・ 30分くらいしたら,また女の子が二人着く。  ボトル入れてと言われたが,
多分 当分蘇州には来れない旨を伝えると,
またみんなでビールを飲む飲む。 汗  ビール1杯50元くらいと,当初は思っていたが・・・
これくらいガンガン来ると少し会計に不安が…。 
 

しかし,私もほろ酔い気分でセクハラしまくり。 そして,手がマン臭きつくなってきたので,
トイレへ行くと ずっと隣に着いていた 舞庁で知り合った子が一緒にトイレへついて来た。
普通のKTV嬢と一緒で,おしぼりを持って トイレから出てくるのを待っているのかと思いきや・・・
 

通夜(お持ち帰り)の営業をして来た…  時間がもう0時超えているし 
朝までで1100元でいいよとの事だったが・・・

最後にオキニの置屋へ行きたかったので断った。 
(ちなみに,よく行く置屋は150元。 500元置いて1時間居座っている。) 
 

ボーイさんへのTipは渡さなかったが,嬢 計10名 奢ったビール代 等などで1時間半強で出費が
置屋居座り代金1週間分。 大汗

それぞれの嬢にTip200元でこれだけセクハラしたんだから安いのか? でも・・ 何もしてない子も居るし。
それに・・ このお店,私以外に客が中国人オトコ二人組だけ。 暇そうだ。

というか,中国人二人組には女性が一人ずつしか着いていないのに,
どうして私の所には常時3~5人前後の嬢が居たんだろう?

私の席に座れば,おっぱいやアソコ触られるけど,200元くれるし,
ビール飲めるからとりあえずは座ろうと思ったのか?
座る子を拒否することもできたのだが,酔うと判断能力がおかしくなる。 
 

その後・・ お店の前にタクシーが沢山あったので拾い,オキニの置屋へ…。
すでに1時を過ぎていたが,夕方に現地妻とやったせいか? やる気も起きず雑談のみで終わってしまった。
前回気に入ったこの置屋嬢や現地妻のおかげで,今回は他の蘇州の置屋街をあまり開拓しなかった。

フロンティア スピリッツ と 若さを
 失いつつある・・・。 

l0541

翌朝は和階号(新幹線)で上海・・・。 現地妻が駅まで送りに来たが・・・!! 驚
荷物をたくさん持ってきている。  私への御土産? にしては・・ ちょっと違うような気が。
しかも,駅の中にまで入ってきているので オカシイな~と思ったら, 
老家 老家って駅の掲示板を可愛く指さす。

 年末なので急遽実家に帰ろうと思ったとの事。
ついでだから,私の見送りの時間を合せたとの事であった。
 
彼女の地元の武漢へは行ったことが無いので,今度 彼女が帰る時は一緒に行く約束をする。
そして,駅構内で彼女の実家への御土産と電車の中で食べるというケンタッキーを買わさせられる。
 

ただ・・ 中国小姐,いつも驚くのだが・・・ 彼女の両手は荷物で一杯なのに・・・
それでも,私のトランクを推して改札口まで持って行こうとする。 
私・・ トランク以外は,セカンドカバン1つなのに。 汗

彼女なりの送り出す礼儀なのだろうか?



蘇州は生憎の雨。 しかし,何だろう? 上海は友達も多いので地元へ戻るではないが・・・
 無事に蘇州5日間が終わりほっとしている自分がいる。


l0539

蘇州駅では,中国版の寝台列車も見えた。 窓を閉めずに着替えている小姐。 ブラが見えてる・・。 汗
と思ったら,迎いの寝台は男性客じゃないか! 中国はこういう所がおおらかなんだろう・・・。 

l0540

日本の様に一般女性の下着姿にしょーもない価値を見出すような国にならないで欲しい。
そういう価値はモデルや風俗嬢、本当に可愛い子だけの世界だけに留めておいてほしい。



l0538

上海へ着くと 雨は上がっていた。 万博跡地も,どんどん衰退していったが・・
 昨今の地価高騰で再開発されつつある。


l0536


上海へ戻り・・・ 友達のWeiWeiちゃんをホテルに連れ込もうと思っていたので,
彼女の職場のバー近くにホテルを取る。
 

l0533

夕飯は友人とウイグル料理を食べる事にした。
2か月ぶりの再開で,前回は北朝鮮レストランへお連れしたが・・ 
キムチが嫌いだったらしく, 今回は中国人に大人気の店にした。

l0530


ウイグル料理なので,メインは羊! ラム マトンの世界だ。 
l0531
l0532


北海道で食べるジンギスカンよりも・・・ 那須や東京で食べるジンギスカンのような感じで芝生臭い。
やはり,羊は北海道で食べた方が美味しい。 

l0528

ただ,味付けは全く違い 本当にウイグルと言うかモンゴルチックというか そんな香辛料たっぷりの味だった。


 

 

 l0529

 

そして,この店のもう1つの凄い所はウイグルダンスのショー。 ベリーダンスを期待したが,全く違かった。
そして・・ 私もダンスに誘われる。 汗

l0534

その後は,友達と別れてWeiWeiちゃんのバーへ。 前回訪問して以来の2か月ぶりの再開。

l0527

驚いたことに・・・ 彼女のバーには好物のエルディン ビールが!! ドイツが恋しくなってしまった。

l0556

ここでも,ただの酔っ払いのエロオヤジ・・。 
お酒飲みながらオッパイ揉んで, チュッちゅして・・・。
そんなんだから,閉店まで働いて疲れちゃったからと 
あっさりフラれてしまった。 笑

l0557

翌朝・・・。 ホトンド寝てない状態で上海を後にする。 LCCは朝が早い。
確かにLCCの料金は安いが,宿泊費用を考えたらっ 普通の航空会社で夜帰ることを考えた方が無難だ。
 


翌朝には帰国。 上海モノレールに乗って 朝一番に空港へ戻る。



l0499l0500

南京から蘇州へ戻ると,まっすぐ現地妻の元へは帰らず・・ 
l0497


この日もまたオキニちゃんの居る置屋へ。。

身体の相性がいいのか? 可愛いのか? この子となら何度でもできるような気が・・。 笑

そして,何事も無かったようにこの日も現地妻と添寝。

 

 l0493

 

翌朝,蘇州最後の日も 朝から1人で舞庁へ・・・。 現地妻には,友達の周さんとこへ行くと言って 一度行ってみたかった早朝の舞庁を体験した。
l0492

基本的に,人はまばら・・ 小姐は居ない。  高齢者が社交ダンスしてる。
小姐達の御出勤は午後からのようである。


日本のキャバ嬢同様に・・ ここで小遣い稼ぐ女の子達も 朝は弱いらしい。。 

l0489
l0487


小姐の居ない舞庁もつまらないので,観前街を探索・・・。 
また,3日前に予約しておいた金メッキの酉年の置物を取に来た。 
l0484


そして,味千らーめんでカツ丼を食べる。

l0482

前回は現地妻に色々とねだられたので,あまり色々と買い物できなかった。  しかし,この日は1人!! 家や会社へのお土産購入が終わると・・

l0480

昼からは 蘇州最大の置屋街へ・・・。 

l0479

途中,蘇州の不動産価格もチェック。

l0477

まだ時間は昼を少し回ったくらいだったので,置屋嬢も数が少ない・・ 20~30人くらいしか居なさそうだった。 
l0478

そして・・ 置屋では無く,道で立っていた子と交渉。
前を歩いていたら,声をかけられ 福原愛に似ていたので・・・ 変な親近感を持ってしまった。 

しかし・・

部屋に入って服を脱いだとたんに・・ ウェットティッシュを出して 自分で拭けとの事。
そして・・ ゼンギも無く, いきなり股を開いて 寝ころんだ。 汗
寝ころぶと・・ 早くしろと手招き。 まったく ムードナシ。
とりあえず・・ こっちもゴムして挿入するが,痛いからゆっくりやれと・・
奥は突くなと・・ 挿入しながらクリ触るなと・・ 注文だらけ。
これでは逝けない。

そして・・ 時間のタイマーが鳴ると もう150元で延長を請求される。
もう 嫌になり,帰ることにした・・・。 本当に,何なんだろう?
l0474

数年前に比べ,この置屋街の嬢の質がかなり落ちている。 この街(东环路)はスレ女ばかりだ。

l0475
l0476

その後は荷物もあったので,一度ホテルへ帰り,現地妻にも連絡するが・・ 

l0470

新区で友達(多分,他の男?)とお昼ご飯を食べてるとの事で・・ 15時に帰るとのことだったので・・ 現地妻の家近くの舞庁で帰ってくるまで1時間ほど時間を潰す予定だったが・・・

l0471

予定は予定・・・  1時間40分過ごしてしまった。 
l0472

 KTVで働く子と仲良くなってしまい・・・ 踊りながらセクハラしまくり。
l0473

もう手マンで右手がおかしくなるくらい頑張ってしまった。 そして・・ 右手から匂いが取れない。


現地妻の所へようやく戻り,彼女の部屋でイチャイチャした時,我慢ジルが先程逝けなかった置屋と舞庁で大量に出ていたようで・・
パンツに女性のような染みができてしまっていて恥ずかしかった。 笑
l0469

その後は 二人でまた観前街を散歩・・・。 本当に,中国小姐はぶらぶら歩くのが大好きだ。
夕飯は大好物の松鶴楼へ・・・。 私が初めて蘇州へ来た頃(12年前)は 普通の中国人は入れないくらい高価だったこの店も,今では中国人客が多い。
ダイオキシンの関係で好物の上海ガニ系料理は避けた。

l0468

そして・・ 現地妻に別れを告げ,ホテルに戻るとまたこのデリヘルの名刺が沢山置いてある。 汗


l0524

周荘へ行った翌日は,1人で南京旅行へ・・・。 南京の舞庁の情報が無かったので探索したかった。 

l0523

旧都の南京は地下鉄がまた増えていた。 
l0522

しかし,相変わらずロサンゼルスの昔の地下鉄の様に,切符はコイン。
このプラスチックの中にICが入っているようだ。

l0520

南京の街を歩くのは楽しい。 100円ショップならぬ 2元(34円)ショップ。

 

l0519


香港同様に,マンションの上の階の住人は物干しがこんな感じで・・ 時折,上から水が落ちてくる。 
l0518

そして・・ 犬バブルの時にしっぱいしたのか?プードルが道にいっぱい居たり。

l0517

そして・・ オス猫も歩けば 風俗にぶつかる。 小姐按摩。 昼間っからやってる・・ 前日に2人とやったので性欲はあまり無かったが,
とりあえず・・ 好奇心から入ってみた。 中には・・ あれ? 未成年? みたいな子から,熟女まで4名。
未成年とオバハンを除くと 実質2名だった。 飯豊まりえ系の子を選択したところ・・ 料金は200元(3400円)
上海郊外のローカル置屋だと200元でシャワー付いているものだが,ここはベッドのみ。
ウェットティッシュで拭いてから行為だった。 だが・・ あれ? 何か違う? と思ったら・・
彼女は服を脱がずマッサージしてくれてる。 もしや? 本当に普通の按摩? 
でも,そしたら私がフルチンにされる理由は無いよな~と ある意味興奮するシチュエーション。
We chatの翻訳を使って会話したものの よく意思の疎通もできなかった。

マッサージを30分してもらった後,ようやく彼女も服を脱ぎだす。
ゼンギは亀頭を指でなぞるだけ・・ そしてすぐゴム装着。
もちろん 中国小姐 自ら進んで上に乗って腰を振ることは無い。
寝転がり 早く入れて逝ってくれのポーズ。 それでも,いい声出してくれたせいか?
焦らされたマッサージが良かったのか? すぐ逝ってしまった。
逝った後,ゴムを取って綺麗にウェットティッシュでアソコを拭いてくれたのだが,何故か? 
その後,私のアソコに鼻を近づけて匂いを嗅ぐ・・。 臭いのか? それとも綺麗にできたかの確認なのだろうか?


l0515

その後は・・ 南京市内の舞庁を3件回るものの・・ 何処も社交ダンス場。
エロ舞庁は1軒も無かった。 
ちょっとリサーチ不足。


l0513

もう・・ 舞庁が無いとなると・・ やる事も無いので,残りの時間は観光に費やした。
l0512
l0511
l0510

 

南京博物館は平日のせいか? 年寄しか居ない。 ナンパすらできない。

l0508

秦准川は,平日でも流石に観光客で混んでいた。

l0507

ライトアップがかなり綺麗である。 日本語を勉強しておりますという大学生に声をかけられて 御茶を誘われる。。
l0505

南京路のティー ガールのように ボッタくり店に連れて行かれると困るので・・ 店はこっちで指定した。 笑

このJDとはWe chatを交換し,帰国後 色々とチャットするようになったが,どうやら悪い子では無いらしい。 疑って申し訳ない。

  l0504
l0503

秦准川は観光地だけあって 美味しそうなお店も色々とあったが・・・ 軟弱日本人である私。 
l0501
l0499

お腹を壊すのを恐れる。 笑

l0498

 結局,入るのはPizza Hut. 笑 


周荘(周庄)から蘇州行のバスは片道1時間半。。

l0462

この日は クラブ ワールドカップ 決勝に 鹿島アントラーズが出場。
リアルタイムで観たいがために・・ 逆算して16時には周荘を出た。
そして・・ ホテルには1人で戻ってテレビで観戦。 
やはり,中国では現在サッカーブームでリアルタイムで テレビ中継されていた。

惜しくも鹿島は負けたけど・・ レアル相手に素晴らしい戦い方だった。

 

そして・・ TVを見る為にホテルへ行っただけでは無い。 
22時には現地妻の所へ戻ると伝えた理由は・・

それまでの2時間で置屋街巡りをしようと思っていたからだ。

しかし,サッカーが延長で45分強伸びてしまい・・・。
実質は1時間15分しか残っていない。。

l0454


慌ててタクシーを呼んで 蘇州最大規模の置屋街へ・・・。


開いていたのは40件くらいだろうか? 裏通りへ行けばもっとあるかもしれない。
前回は100元だったような気がするのではあるが・・ 今は150元と値上がりしていた。


そして・・ 結構 ここを通るオトコが多い。 一体なぜだろう?
 l0455

いつの間にやら 有名になってしまったのか? 
ということは・・ 中国公安の手入れがそのうち来るのだろうか?

江蘇と浙江+太子党 これが中国における権力の集中である。 
江沢民が生きている間は未だ資金源は取られないだろう・・ とも思っていたが・・
ここまで習近平の中央集権が強まってくるとそうとも言えなさそうだ。

反日を掲げ,目障りだった江沢民が 今や 私の楽園の最後の砦となっていようとは。

中国の歴史ではこのような政敵逆転で 合作 離反を繰り返す。
 

地方都市の風俗が壊滅されている中・・ 

浙江省はG20まで緩かったというのが多くの変態さん達の意見である。

そして,江蘇省はまだ緩い。 
上海においても外国人が利用しやすい所の規制は少なく,一方でローカル風俗に対しては容赦ない取締だ。

l0456

この日は,時間が無いので吟味せず とりあえずは女性が5名くらい居る店へ入った。

料金は150元。 5人いる中から,その子を選んだ時に,笑顔で謝謝と言われ・・
手を繋いで部屋まで入っていったので,良い子だと思ったら・・・

これがかなりのスレ女だった!!

フェラ〇オはプラス50元。 爆
コンドーム自分で付けろ。おっぱい揉むな。ゼンギいいから早く入れろ。
早くイケ。 どうしてイカナイ。


日本の風俗だと,時間内にイケない場合,嬢の方が謝る。

しかし・・ ここは違う。 全て客のせいにされる。 汗
 

んで・・ 口論。 挙句の果てに・・ 正常位しかさせてくれない。 

バックにしようとしたら,拒否される。。  こっちも 萎えてしまった。 
l0457

片言の中国語で伝えたが,嬢には通じなかったのか? 分からないフリをされたのか?
仕方なく  ・・ アプリ翻訳で”最低の女の子でした。二度と来たくありません” と 
この店のママ? っぽいおばちゃんに見せて退店。 号泣
負け猫の近吠え。 (ちなみに,このおばちゃんとは後日談がある。) 

急いで戻ろうと思ったが,行為の後はもちろんアソコを洗いたいので・・ ホテルへ戻る。

現地妻の所はシャワーの水圧が弱いので,ホテルに戻り・・ 急いでシャワー浴び現地妻の所へ帰る。

l0465

ただ単に 何も得ずイライラと嫌な疲れが残っただけであった。


ちなみに,ホテルにはこのような名刺が沢山はさんである。

中国のホテルで1人で泊まった時、昔は部屋に直接マッサージの電話が来た。
駐在員の間では,それはホテル公認だから安全だと言われたけれど・・・

四つ星ホテルでも,セキュリティがいい加減(誰でもロビーに入れるし,階段なら登れる。)
この蘇州において・・ WeChatで彼女達と仲良くなるのは危険極まりなさそうだ。
 

2016 12月 蘇州から周荘へ


l0440

蘇州滞在3日目。 水郷の周荘へ行くことになった。 湖北出身の現地妻も行ったことが無いとの事。


 

蘇州からバスで片道1時間半くらいで 古い水郷街である 周荘へ到着。

l0441

周荘古鎮へ到着すると・・・。 そこには無料の小型カートがあり,それに乗って船着き場へ・・・。

l0442
 

そして,行きは船に乗り 帰りは歩いて戻るのが観光ルートのようだ。

蘇州は東方のヴェニスというそうだが,蘇州はどちらかというとヴェニスよりサンアントニオ系の水郷が多い。


l0443

この周荘は上海からも来ることができて,よく日本人観光ツァーなどでも来ることができるせいか,日本人観光客を数名見かけた。
l0444

早朝は観光客が少なく,比較的閑静である。 
l0445
 

l0446


周荘の名物スイーツは日本系の味。 
l0448
 

緑のはよもぎにこしあんの団子。 黄色のは東京銘菓(発祥は福岡らしい)ひよこの中身みたいなもの。

 


l0447
 
鵜飼等もしているようで,日本に似ている。



l0449
のどかで良いが,それぞれの建物の階段が狭く急なため,夏場なんかパンチラ見放題だろう。 


l0450
 ふと歩いていると・・・ 日本人観光客に話しかけられる。

そして,中国に来てからLineやらFacebookが使えないとの事。
私はAmazonで買った 香港 中国Simを使っているのであるが,それでは使える旨を言ったら・・
貸してほしいと言われる。

l0451

ふぁせぼおk  みぃ ぃね おcn msn とぃってr いんsたgらm ・・・ 

おいおい。。 

日本の関西から来たと言う中高年は無敵だ!!  そしてマイペース。
リュックを前に背負っている割には,私を日本人と言うことで信じきっている。
万が一,私が悪い人でパスワードでも盗んだらどうするんだろう?

本人は,自分のSNSに写真のUPと娘に無事を伝えたかったみたいだ。

 l0452


周荘の名物料理コースを食べてみた。 これで180元。 二人じゃ食べきれないので家に持ち帰る。

周荘では豚のひずめ,豚足というよりかかとを角煮のようにしたものが名物とのこと。


蘇州料理同様に淡水魚が名物ではあるが,骨が多い。

l0453
水郷古鎮 の 周荘。 思ったよりも良かった。 現地妻は櫛やらお土産の値段が高いと少し御立腹。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ