”フェティシズム” Fetishism by Japanese Tomcat ☆Amour Sucre☆

はじめまして♪ ミドサー独身のオトコでスクレと申します。仕事以外の時間帯はエロい事ばかり追及してるオス猫です。よく人の性的興奮話を聞くのが大好きです♪ 基本的に変態とは仲良くできるタイプの人間です。 性的嗜好・性的倒錯・変態性欲。。。官能的なものに,興味や幻想を抱き続け…。 万人受けする絶対的エロス! とは何か? これを人生かけて突き詰めていきたいと思ってます。 脚フェチ、髪フェチ、腋フェチです。 ☆エロティズム フェチズム☆

Category: エロの経済

333 (76)

4月には本を15冊くらいは読んだけれど…。
気になった2冊は,紅色新聞兵と紀州のドン・ファン

残念だったのは‥ 合肥JDに前回説明した通州事件についての本を数冊読んだけれど‥
反中色が強かったと言うか, 嫌中本が多かった事。

あくまでも私の私見だけれど…
組織って‥ 色々な人間の思惑が複雑に重なって,いつも誰も予期しない方向へ進んでいく。
それが‥ 旧日本軍にも,通州在留日本人にも‥ そして,中国の国民党や共産党‥
また現地の中国民から,親日の防衛軍まで‥ 

個々に至っては,目的や思惑は違うはずで‥
原因なんて1つではないはずだ。 もう少し‥ 
どっちが悪いとか,これが原因だとうか‥ 
ましてや確証の無いような陰謀論を書くのは近現代の歴史ではどうかと思う。

ただ‥ 現在 軍事強国になった中国においても‥
中国のTVを見ていると,日本の軍事力が怖ろしく感じるし‥。
このまま,あの大きなイージス艦で日本から攻め込まれたら中国は太刀打ちできないと思ってしまう。

その一方で,日本に居ると中国の軍隊は脅威に感じて‥ あの漁船の大群が軍備を増強させてやってきたら‥ 尖閣どころか,沖縄まで攻められてしまうと思う。

どちら側もTV等のメディアが煽ったりしてお互いの国を脅威に感じるのと一緒で‥ 
何というか,もう少し客観的なモノが‥
まともな本が欲しかったなと思った。

333 (77) 

とりあえず‥ あくまでも紹介なので‥
気になったら読んでいただければと思う。

ちなみに,私のアフィリエイトは会社の備品を買うときに使っている楽天だけなので‥
よく,私に気を遣って楽天を使って下される方が居られますが‥
楽天ブックで買わなくても大丈夫です。

そういえば,いつだったか‥ 
楽天トラベルで20万円くらい使って下さった方がおられました。
楽天ポイント2000円分も頂いて感謝の気持ちでいっぱいです。

私は貧乏ですが‥ 
アフィリエイト収入で生活している訳でもありませんし,
彼女も昨年に家を出て行ったので‥ 
生活は妻子持ちのサラリーマンよりかは若干余裕があります。

----------------------

話を読んだ本に戻しますが‥

一応、この紀州のドン・ファンの野崎さんの本を読んだ時は‥
久しぶりに共感を持てた。

群馬の温泉地で湯船に入りながら読んでいたのだが‥ 1時間半没頭してしまった。
美女4000人に30億円を貢いだ男。

多分‥ 私が女性・風俗‥ そっち関係に費やしたお金って‥。
今迄の生涯で3000万円くらいじゃないだろうか? この100倍って一体?

そして‥ 私はこの野崎さんの半分くらいしか未だ生きていない。

彼の場合‥ ”人生の目標が美女とHをすること!”

そして‥ 色々と読んでいると論理的には破綻しているのだけれども‥

この野崎さんのお蔭で‥ 一つの答えが見つかったように思えた。

1つの核心とは‥。 オティムポ様と性欲は本能だ!!

当たり前の事なんだろうけれど‥

人間‥ 矛盾だらけだ。
オティムポ様と私の脳も時折違った事をする。
未だ解明されていない脳内物質でもあるのかもしれないけれど‥

DNAでこの矛盾だらけなものが残って居ると言う事は‥
きっと,皆 あまりセックスの相手を選ぶのに頭を使ってこなかったのではないだろうか?
変な話‥ 女好き,男好きが人類を発展させた。

333 (40) 

もう1冊は‥
本と言うよりかは 写真が多いのだけれど‥

333 (39) 

紅色新聞兵と言う
文化大革命時に生きた写真家。
色々な粛清の写真やら‥ その時代を生きた彼の人生も一緒に重なって居て‥
私が口説き騙し‥ そして騙される小姐の親やその上の世代は大変だったのだななんて思う。

333 (32) 

そんな こんなで‥

333 (18) 

4月半ばからは 比較的仕事をサボらさせて頂いた。

333 (17) 



333 (16)
333 (19)
333 (21)
333 (7)
333 (70)

残念ながら,5月と6月は仕事が忙しい。

ただ‥ 日曜日は仕事が休みなので,次は会津にでも1泊2日で旅行へ行こうかな? 


 ブログランキング・にほんブログ村へ

私の友人が,温泉での温泉活動は高尚な趣味と言っていたけれど‥ 
本当に的を得ていると思う。

333 (7)

私の家から温泉地までだいたい往復で6時間とかかかってしまう。
ガソリン代,高速代,温泉の入浴料や宿泊料‥ 
美味しいもの食べれたり,温泉入ったりできるけれど‥

333 (5)


美女と出会える確率を考えたら‥ コスパとしては物凄く悪いのだ。

本当に‥ 1万円くらいの格安ヘルスへ30分行った方が余程よい。
だけれど‥ その温泉の世界にどっぷりハマってしまう。

私のクラブでの素人ナンパも正にそれだ。 
素人の方が風俗よりも断然お金はかかる。時間もかかる。
しかも‥ 私がナンパをしに行くクラブに来るような女子で清純系は‥ 基本的に少ない。

また, 土曜の夜のラブホ代だけでも,六本木や渋谷だと15000円~20000円いってしまう。
その他,お酒奢ったり‥ 夜食食べたり…。
見たくもない映画を観たり‥。

本当にセックスだけなら風俗へ行った方が良いのだ。
それでも‥ 素人や温泉が止められない。

333 (6)

現在,日本はGW期間中ということではあるが‥ 
私のGWは4月27日から30日までで終わってしまった。

本日より帰国。 もちろん行ったのは,蘇州だ。

そして‥ 4月は19日から24日までも蘇州へ行ってしまった。

2週に分けて蘇州…。
20代の頃をフト思い出した。

ちなみに‥ 5月,6月は私の仕事が忙しいので‥ 
仕事で上海へ行く以外は海外風俗の予定は無い。
 
多分,6月末が終わればまた仕事で香港へ行くだろうけれど‥
その時は香港で数日休みたいと思う。

333 (10)

333 (12)

messageImage_1523769387713

333 (27)

333 (28)

基本的に… 私が行く温泉って混浴が多いけれど‥

333 (25)

333 (26)

やはり,混浴で無くても群馬や栃木の湯めぐりは大好きである。

333 (24)


------------------

夏になったら,また出会い系でもしようかな?
課金は5万円以内で‥。





皆様

あけまして。 おめでとうございます。
旧年は大変お世話になりました。 
皆々様からの暖かいメッセージを賜わりまして,本当に励みになります。

一応… 姫納めは,出会い系のJDと致しました。
姫初めは… 未だ未定です。  

ちなみに… 出会い系で,12月前半は 熟女を超えた方(初老?)が来たり…
ニッチェが来たりして オマエに使ったポイント返せ!! 課金したお金を返せ! 
どころか… メッセージのやり取りした時間を返せ!!
と まで 思ってしまいましたが‥ ( ある意味,私はホンと小さい男だ。 爆 )

この... 学生が冬休みの時期は何とも言えないくらい…
JDが出会い系で良く釣れる。。  

一番驚いたのが,リアルでパパ活している女の子。
私の母校大学でも,半分の生徒達が奨学金を使っていると言うけれど…
今の大学生の懐事情って本当に大変そうだ。
うちに住んでもいいよ♡と言いかけてしまいそうになった。 爆
危ない‥ 危ない…

私の様に 会社と 顧客と オンナと 税金の 奴隷として生涯を送らなくて済むように…
お金に苦労しないで済むように… 皆様は幸福でありますように…  

まず… 新年を迎えるにあたり,2017年を少し振り返ってみたいと思います。

一番興奮したセックスは…
ミュンヘンのユースホテルの女性部屋でイギリスの子と生でやってしまった事。

一番最悪の相手は…
NanN●tで来た被害妄想激しいポチャ熟女さん。

一番Hした相手は…
昨年同様にセフレのYちゃん。

一番行った風俗店は…
上野の某チャイナエステか? 新橋のMix●系女学園系ヘルスだろうか?

そういえば… 2017年はAV女優と対戦することを忘れていた!!

10


皆々様にとりまして… 2018年が素晴らしい1年でありますよう 心よりお祈り申し上げます。
幸多き1年でありますように!




 ブログランキング・にほんブログ村へ

私は5月のGWはずっと仕事をしていたものの・・・

夕方になると2日間,武漢から来た小妹の相手をしていた。
夜のお相手も。 観光のお相手も。  

江蘇のオッサン連中と違って・・・
外国人OKの風俗店を探す必要もなく,通訳を用意する必要も無かったけど・・・
やはり女子と言う事で,少し気を遣う。

今迄,日本で私が接待した中国人の多くは オトコばかりだったので,19歳の中国小妹の来日はちょっと新鮮だった。

いつも31歳のやかましい女を家に帰ってから相手にしているせいか?
一回り若いだけでも,年齢の相乗効果以上のものがある。 

現地妻同様に,この子も武漢出身。
現在,湖北バブルまっただ中。 羨

東京が世界の中心だった1980年代後半,日本経済がバブルの頃 私は小学生で・・・
バブルを経験した記憶があまりない。

今思うと,親が取引先からパリ旅行もらったり・・・
シンガポールへの旅行をもらったり・・・  
かと行って 行く訳でも無く・・・ 社員やら祖父母にあげてしまい。

今と違って当時は猫も杓子も・・・ 
旅行で1週間休んだら何百万円の機会損失だろう? と いうことだった。

そして・・・ 今の日本人の様に長期旅行だなんて・・ 
当時の日本人の勤労意識の高さは許さなかった。

私は子供ながらに,クリスマスになるとアメリカの家庭みたいに 
TVの周りに彼方此方からプレゼントが集まったり・・・ 
将来はもっともっと豊かな生活ができるんだろうと信じて疑わなかったが・・・

そのあたりが日本経済のピークであった。

我々世代はそんな少しのバブルの恩恵を受けた一方で・・・
その後の大きなバブルのツケを 社会へ出てからはずっと支払わされ続けた。
というか・・ 今でもそのツケを払わさせられている。

とある金融機関に入ってて,頑張って利益を上げても不良債権処理費用で消えた。
毎期 小出しに不良債権処理。 本当に延命処理。

過剰融資をして,総量規制の意味も分からず それでも 数字を追っていた馬鹿な上司達。
貸しはがしの一方で,目先の債務回収不能を恐れ 要注意先に時間稼ぎの追加融資。
そして・・ 健全先には,頭を下げて期末の数日だけでイイから御金借りてください。 笑
本当に変な時代であった。 

よく先進国病と言われ,低成長で将来の夢も希望も持てないような若者がイギリスに居ると学生の頃に読んだことがあるが,今 部下達の若い世代を見て思うのは こうなってしまった原因の一端を 私も作ってしまった事にある。

正直・・・ 日本のバブル世代を馬鹿にしていたけれど・・・

イザ,自分がリーマンショック前にアメリカでバブル経済を経験するとなると,全く持って感覚が分からなかった。
物価が高騰していて,理論価格から多くのモノの値段は乖離しているという感覚はあったけれど,賃料を更新する度に家賃が騰がり,所得も上昇していったとはいえ・・ 経済がリセッションに入る恐怖よりも,将来のインフレの方が怖かった。

今思うと,デフレと低成長は人間の心までダメにするので,ある意味 頭だけがイカレル バブル経済の方が良いのかもしれない。

本当に 武漢から来た小妹はイキイキしている。 まるで・・・ 将来 自分たちが豊かになるのを疑ってはいない。 そのせいか? カードでどんどんお買い物。 流石に江蘇のオッサン達と違って銀嶺カード一杯になってもいいように家族のカードも一緒に持って来たり,私に後で送金するからとお金を貸してとは言わないけれど,彼女の所得からしたらきっと高価なお買い物に違いない。

そんなバブルを謳歌している湖北嬢。。

最近,中国の景気後退をフト感じている私には その楽観的な可愛い顔は何とも言えない。
かえってこちらを悲観させる。

上海や抗州,蘇州はやはり以前ほどの開発は少なくなっている。
その一方で地方都市,中級都市は彼方此方で開発に力を入れている。

一度,成長を諦めた習近平が・・ それでも最低限の成長率にこだわり,過剰融資 そして それを維持する為に不動産の価格維持政策。 省庁級の幹部が実績を残すために,農地を安く買い叩き 開発して売る・・・。

この数年間,中国は政策などであちこちに不動産バブルを作ってきた。
GWお相手した彼女の住む武漢もまた不動産バブル,開発バブルだ。 

彼女達は,今まで上海やら広東には開発で遅れたけれど・・・。 
これからは彼女達は,武漢の時代だと信じて疑わない。

一昨年は広東省のあちこちで不動産バブルの話を聞き,昨年は重慶や武漢の開発バブル。
今迄 経済を牽引してきた世界の工場は,コスト高等の影響で 他のアジア諸国へ分散傾向・・・
本当にこの国は不動産しかないのだろうか?

私が見てきた中国と言う国は,日本経済の失敗をよく研究しているなという国家だった。
鄧小平,江沢民,胡錦濤と・・・ それが?何だか最近はおかしくなっている。

まるでアメリカのS&L危機やら日本のバブル経済やら,サブプライムやら・・・。
誰かが通った道と同じようなことをし始めてしまったように思えてならない。

普通はバブル等の過熱を政策で押し留めるものなのに・・・。 逆に政策で不動産バブルを煽っている。
そして・・・ それらを担保に過剰融資。 融資額を増やして不良債権の割合を目立たなくしている。

最近は,中国の不動産価格が下落したら,日本のバブル崩壊やアメリカのリーマンショックどころでは無いような気がしてきた。 それとも・・・ 景気後退に陥って 不良債権,シャドーバンク,理財商品 の 裏損失が表面に出てきて拡大していった時に, 私には考えられないような ウルトラCの政策があるのかもしれない。 無限公的資金注入。 預金封鎖。 金融封鎖。 借金棒引き。 デノミ!? 

私はその時でも中国小姐を買っていそうな気がするが・・・。

性は食糧生鮮品とは違って,同じ生活必需品でもインフレに左右されやすい。
風俗嬢の人件費が基となっているから当たり前なのだが,どちらかというと・・・

風俗インフレは一般的な人件費よりも先に上がるIndicatorになっている。

その一方で・・ 風俗デフレは,先に風俗の値段が下がるのではなく・・・
一般の物価が下がる方が先だ。  

景気拡大の時には風俗を!
景気縮小の時には素人女子を!

 なのかもしれない。

この点はまだまだ大いに議論の余地はあるが,切に 中国経済がおかしくならないことを祈る。

また, 習近平の後継候補は 胡春華(広東) と 孫政才(重慶) のどちらかだと言われているが,
この二人の争いもまた不動産バブルなのかもしれない。 

どちらが不動産バブルで良い成績を出すのかは分からないが,そこまで経済が持つようには正直思えない。

それと・・・ 私のオティムポ様もあと何年現役だろう?
一体・・ 30分突きつづけるだけの体力と硬さと反りはあと何年持つだろう?



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitterのメッセージで・・・。

セックス満足度指数なるものについて,何と工学大好きな方からメッセージを頂いた。

そのまま流そうと思っていた訳では無いが,私なりに考えたのが・・・。

Assumption(前提やら想定条件)を加えて・・・。
客観的なセックス満足度指数を作ろうと思ったのが1つ。

そして,もう1つは・・・。
私の主観で判断した絶対的な指数を別に作ろうと思ったのが1つ。

この2つの,Objective (客観的) とSubjective(主観的)
もっというと・・・ relative と absolute とでも言おうか?

その2つの指数を作りたいと思っている。
Subjective(主観的な指数) は,もう そのままストレートに 自分の好みの髪形,
好みの体臭 やら おま〇この相性やら・・・
大好きなモリマン,恥丘プレミアムまで付けちゃおう!! 
恣意的に 私の好き放題の指数にして・・・。

Objective(客観的な指数)は,比較条件として・・・
1 24時間セックスをしていないと仮定。
2 その女の子とは初めてHをすると仮定。
3 その子のサービスはそれが最初で最後と仮定。 (毎回同じサービスをすると仮定)
4 体位は必ず正常位を入れる。
5 ゴムはジャストフィットXLを着用

的なモノをして,比較性に優れたものにしようかと・・・

そして,それらをScore化して Cost と 結びつければいいのだろうか?

年間,出会い系で新規が12名くらい。
風俗で新規が36名くらい。 
ナンパで12名くらい。

と新規女性とセックスしているような感じだが・・・。 
新規露系カップルとも2か月に1回くらいの頻度では絡むので・・・。
本番ナシだと1か月に1回あるかないかくらい。
新規露系カップルで本番するのは年間6人くらい?

合計で新規だと 年間66名? 5日に1回も新規に女の子とセックスしているだろうか? 
流石にそれは無いだろう・・・。 と思いつつも・・・
セフレやらソフレやら・・・ なんだかんだ言って2~3日に1回は誰かしらとセックスしている。
そして・・ 彼女とは今年に入って3回しかやってない!! 汗  

繁忙期以外は 週に1回は風俗へ行っている。。  週に1回は出会い系で遊んでる。 汗

20代半ばに初めて上野のハプバー行った時は,一晩で6名のお相手をした。  
(ちなみに・・・ 緊張してか? 1度もイカナカッタ)
中国の深センで5Pもやった(あまりにうち女子二人が非協力的で,実際に挿入したのは二人だけだったけど・・・。)  みたいな事は,もう無いので・・  最近は多くても,1日でダブルヘッダーだ。

ただ どう考えても 年間,66名と新規にやっているような気がしない・・・ 

実際は年間にどれだけやっているのか? ちょっと6月くらいから数えてみようと思う。
統計的優位は30名以上なのだが・・・  私のタイプでかなりバイアスがかかってしまいそうだ。

5月は仕事が繁忙の為,あまり こういうことで時間を取られたくないが・・・
6月からちょっとカウントをしてみようと思う。  

多分・・・ 風俗,出会い系,ナンパ入れても 新規で女性と関係を持つのは 年間60名くらいだと思う。 
 
今思うと・・・ 高校生の頃,毎日のようにオナニーしていた時がもったいなく思う。

あの射精回数を今に分けて欲しい・・・。 



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

↑このページのトップヘ