”フェティシズム” Fetishism by Japanese Tomcat ☆Amour Sucre☆

はじめまして♪ ミドサー独身のオトコでスクレと申します。仕事以外の時間帯はエロい事ばかり追及してるオス猫です。よく人の性的興奮話を聞くのが大好きです♪ 基本的に変態とは仲良くできるタイプの人間です。 性的嗜好・性的倒錯・変態性欲。。。官能的なものに,興味や幻想を抱き続け…。 万人受けする絶対的エロス! とは何か? これを人生かけて突き詰めていきたいと思ってます。 脚フェチ、髪フェチ、腋フェチです。 ☆エロティズム フェチズム☆

2017年06月

IMG_2678

魔都 上海。
そう呼ばれていた頃の上海へ行ってみたかった。

特に・・・ 租界時代の 妓館 へ 私も行ってみたい。
1930年くらいの上海で 遊んでみたいと思ってしまう。

阿片戦争で負けて,上海租借が始まり・・・ どんどん発展していって
その後の日本軍が来る混乱の直前くらいが,一番面白いのかもしれない。

歴史的風俗・・・。 歴史的エロスは,その時代で無いと体感できない。
今ある風俗だって,東莞では無いけれども・・・。
急に明日 公安が来て 壊滅させられるかもしれない。

百穴温泉じゃないけれど・・・
急に休業の張り紙が出されるかもしれない。

だから,今を活きよう。 精一杯 活きよう。
今日と言う日は2度と戻らないし,同じ店・同じ風俗嬢であっても・・・
その時の射精での興奮度や満足度は決して同じでは無い。

IMG_2626
2007年の秋。
1年9か月ぶりに会ったFさんと,歴史博物館へ行ったけれど・・
IMG_2643

ここには,色々と 歴史的を感じてもらえるような模型が多々あった。
イギリスやフランス租界ではこんな感じで…

IMG_2642

租界時代の中国の茶屋はこんな感じ。 
今の中国の茶屋も・・・ 日本で言う フリードリンク で・・
皆 トランプやるか,麻雀やるか,大小のシート広げてるか・・・
あれ? 中国人っていつもギャンブルやってる。 笑


IMG_2627

でも・・ 私が気になるのはこっち。
泥酔女はナンパしやすいけど,後で トラブルになりやすい・・・。
きっと,阿片もそうなのだろうか?
こういう退廃的な生活は,我々一般人は一生することができないだろうが・・・
何だろう? 堕ちていく女を見るのは嫌いじゃない。

IMG_2633

そして・・ 租界時代にも 小姐按摩はあった!
女子按摩☆☆ 少し驚いたのが・・・ Turkish bath。
トルコ風呂? ソープランドのようなサービスがあったのか? 
流石に・・ 洗身体くらいだろうけれど・・

IMG_2634

そういえば・・ チャイナドレスが流行ったのも,その租界時代。
このスリットが大好きで。。 

実は私もAちゃんと上海へ行った時に・・・
チャイナドレスをオーダーメイドしたことがある。 笑

サイズを計ったり・・・ 既製品を着る時に 可愛いお姉さんの前で下着姿になったが・・・
アソコは勃起。 隣で同じことをしていた Aちゃんが下着姿になったからだよ~ と 
勃起理由を誤魔化して言ったが・・・

よく見慣れた女性の裸よりも,初めて接する 可愛い子の前でズボンを脱ぐ方が興奮する。

20代の頃は,何でもすぐ勃った。 


IMG_2628

租界時代の置屋。 行ってみたかった。


IMG_2640

2007年の秋,上海に2泊3日いたけれど・・・
この時も三ツ星くらいのホテルだったせいか? 夜にはマッサージの電話が来た。
小妹にマッサージされると,アソコはビンビン。 

この頃から・・ 中国へ行くときは,ボクサーパンツでは無く・・・
綿のトランクスを履くようになった。 
マッサージ施術中に勃起したアソコを小姐にアピールするのが好きになったからだ。
(流石に・・・ 日本だと捕まりそうなのでやってない。)

IMG_2688
この旅で,日式KTV嬢のSさん(いつも通訳を頼んでいたSさんとは別のSさん) 
と知り合ってしまった為に,搾取されていくこととなる。 

ちなみに,この2007年秋の上海滞在中に1日半一緒にいたFさんとは,
当時も月に1回チャットするくらいに減ったけれど・・・
お互いが 自分勝手で 我が強く・・・。
これ以降リアルで会うことは無かった。 
そして・・ ICQのチャットをすることも減り・・・。
今は音信不通だ。




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

IMG_2577

2007年 秋 上海。 
今思うと・・・ この2007年の年末くらいが,私の人生の絶頂期だったのかもしれない。
サブプライム問題が話題にはなっていたけれど・・・ 景気は良かった。

日本へはよく帰っていたけれど,中国からは遠ざかり・・・
1年9か月ぶりに上海へ来た。


IMG_2605

2008年北京五輪 2010年上海万博

この2007年の上海の浦東もまた・・ 彼方此方で建設。
万博予定地も,色々と基礎工事なのか? 穴を掘って鉄骨を入れていた。

その一方で・・ 旧租界なんかの建物は・・
これ ヤバいんじゃないの? 的な構造の建物をリフォームしたり・・・
本当に上海は地震が無いのだろうか? 
一応,プレート上にあるらしいけれど,火山や断層等 あったら怖い。

IMG_2602

今回,2007年9月に上海へ行ったことを記事にしたのは・・・
上海の性博物館情報を聞かれたからだ。

私が上海の性博物館へ行ったのは,この2007年の9月。
その後・・ いつ姿を消したのかは分からないが,2015年にはもう無かった。

IMG_2594

2017年2月に行った武漢の 性文化博物館に比べると,やはり陳列の品々の量は少なかったと思う。

昨年(2016年)の国慶節に行った際には既に閉鎖されていた 同里の性文化博物館も展示物は多かったと聞く。 

IMG_2597

しかし,当時行った上海の性博物館は15分くらいで見て回ることができた。

IMG_2598

この陶器のように完成度の高い展示物は多かったけれど,展示物総量では少なかった。
そして・・ 来場者もホトンド居ない状態。 

人気が無くてやめたのか? 当局の規制が入って辞めたのか?
理由はよくは分からない。

IMG_2672
当時の上海の日本食。
いつも 不思議に 思っていたことがある。

IMG_2671

アサヒビールと頼むと・・・。

IMG_2670

ラベルは日本のアサヒでも,ビールの瓶はBeijing Beer(北京麦酒)であった。
伊藤忠もアサヒも当時は活発に中国で動いていた。

IMG_2703

IMG_2704

そして・・・ 高成長を誇っていた 当時の中国。
上海の彼方此方に求人募集と張ってあった。

2007年に上海へ行った際も・・・ 
小姐按摩は健在で・・・  今は上海の中心部では減っているが・・・
当時は南京路でも 普通の雑居ビルの中に小姐按摩が沢山あった。

そういえば・・ この時の旅で 一度 怖い思いをしたことを思い出した。

南京路から少し北に行った 宇波路の按摩店で・・・

深夜1時半頃 私が行った際に, 個室に通されると・・・

この店のオーナー? と 按摩のお姉さんだろうか?
一緒に抱き合って普通に寝ていて。

受付のおばちゃんが 御客さんが来たよ 的なことを言ったのだろうか?

起きて眠そうなオーナーが,私に入れ入れ言い・・・。

そして そのオーナーと按摩のお姉さんは個室から出て行った。

個室で さっきの お姉さんが来たら嫌だな~ と 思っていたら,
そこそこ可愛い子が来た。

中式マッサージを頼んだのだが・・・
いつものようにセクハラ大好きな私。

結局 最後は Tip(何元だったか忘れた)を渡して・・・
テマンから本番までしてしまうのだが・・・

この時の嬢の濡れ具合がたまらなく良くて・・・
手がこの嬢の愛液でベトベトして 汗拭きシートで拭いて居たら・・・

彼女は何故か? 私の持っている ギャッツビーの汗拭きを欲しくなったみたいで・・・
今では,日本の国立大学以外では見なくなった藁半紙のようなのと交換させられた。 

こんな硬い紙で 射精した後拭くのかよ? とも思ったが・・・
普通のティッシュもあるし大丈夫だろう・・・。

そして,本番行為後に問題は起こる!!

着替えて 個室から出ると・・・

按摩店入り口で 足床 を やっている御客さん達と,中国公安の制服を着たおっさんが話をしている。 怖

やばい。。 中国公安に捕まる→拘留される。。。 

最悪のシナリオが頭を過った。

しかし・・・ 入り口で 先ほどの個室へ案内してくれたおばちゃんに 
中式按摩代金を払った後は,何事も無かったように帰れた。 汗

嬢の声漏れといい・・・ 使ったコンドームを藁半紙に包んで 個室から持って行ったのといい。。
絶対ばれてる!!

あの中国公安の制服を着たおっさんは,一体 何者で・・・
何をしに按摩店の入り口で・・ しかも 店の関係者じゃなく 客達と話をしていたんだろう?

お店のミネラルウォーターを勝手に飲んでいたから,御客だったのか?
それとも・・ お店はよく行く立ち寄り場所だったのか?

今でも不思議だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

IMG_0764

先日,暑かったので 神田で友達と人妻ヘルスへシャワーを浴びに行った帰りに,
友人とカフェに居たら・・・ 

隣で就職活動?中みたいなカッコした女の子が 雑誌”りべらる”を読んでいた。
茶色がかって・・・ いかにも古そう。 何十年前のだろう?

ちょっと・・・ 興味を持って声をかけてみた。
カストリ雑誌なんて,歴史の授業で学んだことはあったけれど・・・
実物を見たのは始めてだ。

30分くらい前に,神田のセクシー キャットで30代半ばの熟女に 
スマタして抜いてもらったばかりなのに・・・ 
その見せてもらった雑誌の内容は,変な好奇心と興奮を覚えた。

彼女は就活で中国地方から来たらしい。内定の書類を書くためだけに来たとの事。
交通費を会社からもらって,日帰りでまた帰るらしい。
 
しかも,東京の地下鉄の乗り方が良く分からないらしく・・・ 
神保町から歩いて神田まで来たと言う なんか 素朴で可愛らしい子であった反面,
こういう アングラ系のモノが大好きらしい。

色々と話をしていると,八潮秘宝館へ行きたいというお話を・・・。
何だろう? 埼玉の片隅にそんな秘宝館があるのだろうか?
気になって ぐぐって見た。 残念ながら,個人でやっているようで いつも開館している処ではないようだ。

IMG_0762

私も,秘宝館が大好きで・・・ 川治やら伊香保やらは行ったことがある。

IMG_0763
今はもう無き 川治の秘宝館・・・・。
前回は 那須塩原 へ 行った帰りに寄ったけれど・・・
もう6年くらい経っただろうか?

今はもう無い。


IMG_0758

女ったらしの豊臣秀吉像 


IMG_0759
智泉院・感応寺事件 日啓 だったかな?

IMG_0761

昔の鬼怒川温泉・・ 当時は何処も混浴だったに違いない。
そして・・ 温泉を覗く女子 。 

IMG_0760

ちなみに・・ 覗きながらオナニー を している。

私はこの写真もそうだが・・。

右下に書いてある ” 手をふれないで下さい  ”
のワードの方に興奮する。 

ストリップ劇場と秘宝館は全国で激減しているようだ。

こういう文化が無くなっていくのは,やはり寂しい。

ちなみに,知り合ったJDとは一応 Line交換したので,
次回,彼女が来ると言う夏に 一緒に秘宝館へ行くか・・
神田の古本屋を巡って 彼女の好きなカストリ雑誌を探そうと思う。


あと数週間もすると・・・ 
私は夏休み突入!!  

となるのではあるが・・・。  
3月に羽田からミュンヘンまで,ルフトハンザでチケットを買ったものの・・・。

仕事が繁忙過ぎて 旅の計画をな~んにも考えては居なかった。 

Croatia Dubrovnik medieval fortress town, luxury yacht harbor

特に・・ クロアチアには風俗が無いということを・・ 先ほどまで知らなかった。 
なんと!! 法律で禁止なのだ。  

そんな国が, オーストリアやスロベニア,ハンガリーに隣接してる・・
驚きだ。

しかし,法の網をかいくぐって・・ 解釈の問題,立証するのが難しくグレーゾーンとなっていたり・・・
何かしら探せばあるはずだ!!

それと・・・ 最悪の場合は,現地の素人をナンパしなければいけない!!

昨年・・・ ポーランドのクラブで2晩 クラブのナンパで無収穫に終わると言う 
大失態を犯してしまったので・・・

今回の欧州では,必ず素人女性を二人口説くのがノルマだ。

昨年は,ドイツJK3人組とヌーディスト スパで仲良くなれた分,少しは救われたが・・・
何の出会いも無く終わってしまっては,旅の醍醐味が全く無いだろう。

やはり風俗嬢が相手だと・・・ こっちも変な戦闘意識が生まれてしまい・・・
戦う! 相手をイカセル! 濡れにくい子でも,絶対に濡れさせる!!!

そんな闘争心を煽り立てられてしまい・・・ 30分以上は突きつづけ・・
脚や膝はガクガクになり・・・
  
まるで 高校時代の部活で 雨の日にグランドが練習で使えないと,
校舎の廊下で行われる スクワット ジャンプ 終了後状態になってしまう。 
ヒドイと,一昨年 コミケでナンパした子と6回やった後のように 翌日は戦闘不能状態に・・・。
相手は筋肉痛で内股で歩いて帰る・・ 名誉の負傷。



色々と・・・ オーストリアとクロアチアの情報を調べつつ・・・
オーストリアのウィーンはFKKやらNudist SPAやら色々と見つかったが,
やはりクロアチアへ行くアメリカ人は少ないのか? 
 
ユーロレイルパスでミュンヘンから ドゥブロニク ザグレブ ウィーン・・・。
これらを巡ろうと思っていたが,ちょっとまた考え直した方がいいかもしれない。

145708

そして・・ 色々と本屋で情報収集をしている時に・・

フト,女子大生風俗嬢という本が気になり・・・

お風呂に入りながら 先ほど読んでしまった。 汗

池袋に住んでいた頃, 私は JD デリヘルにハマっていた。
当時は1人暮らしで,デリヘル呼び放題という恵まれた環境にあった。
出会い系やらデリヘルやらでの・・・ ラブホ代 約5000円が浮いたので,
3回連れ込めば,1回は浮いたラブホ代でまたできた。 

しかし・・ これは,そんな女子大生風俗店の紹介や女子大生風俗アイドルの話でも無く・・

女子大生の貧困に立って 色々と取材をした本だった!! 

著作権等もあるので,深く内容には踏み込まないが・・・

ちょっと 驚いたのが, 男子大生が風俗で働くという話。

そして,話の中心は奨学金の返済で苦しむ学生達・・・。

家にお金が無くて大学へ行けないというのは,私の祖父母の世代の話だと思っていたが,
最近の家庭事情は,全くそうでもないようだ。 

私の母校でも,生徒の半数は奨学金をもらっているとのこと。

ここでは,日本の制度のあり方に対しての非難が多いが・・・
いつから 日本の 親達は そこまで 貧乏になったのだろう!? 
確かに,学費の高騰は目に余るものがある。 

私の母校でも,私が卒業してから10数年。
20万円くらい1年間の授業料が騰がっていた。

私の時代は・・・ 大学の授業料値上げで 学生たちが授業をボイコット等して
反対運動をしていたけれども・・ (それでも,授業料は騰がる)

私も将来・・ 子供がアメリカへ留学したい! 大学院へ行きたい!
なんて言いだしたら, 他の女性にお金を使えない。

そして,このブログが・・ 海外風俗では無く, 海外進学 目指せIvy League! になってしまいそうだ。
SATやACTの研究になってしまう。 怖

そんな日が来ないことを願ってやまない反面・・・

低成長でこの国で未来を望めないのなら,
人生の苦労の大半が税金でこの国に幻滅したのなら・・・
将来に悲観するのではなく,この国を出ればいい!!  




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

IMG_0872

蘇州に一泊。
翌日は太湖へ行くこととなった。

前日はKTV2件を巡り・・・。
セクハラはしたけれども,Hはしなかったので調子は良かったが・・・。

中国のバスを舐めてはいけない。
揺れまくり・・・。 若干 お酒が残っている身体にはキツイ。

IMG_0873

Sさんが仕事なので,Tさんに連れられてバスで太湖へ・・・。
カルフールもあるし, 蘇州なら暮らしていけるな~ と 当時から思っていた。

IMG_0875

太湖に着くと, まずは お昼を食べる事に・・・。

IMG_0876

このエビが生きていた・・・。 お酒と豆板醤? みたいなのに漬けてあったけど。
ピチピチ飛び跳ねていた。 周荘でも似たようなのを見たが,湖エビは美味しかった。

 IMG_0878

やはり・・ 江南料理はおいしい。 太湖でも同里でも周荘でも・・・
江南料理であまり外れは無い。

IMG_0879

ただ・・・ このTさんの魚の食べ方が嫌だった。
骨をペッペ ペッペ 出すのだ。 汗 

日本女子は御飯をクチャクチャ食べる クチャ男 や
口を開けたまた食べる パク男 
等を嫌がるが・・・。  

ど~も 置屋の子がフェラした時のように ペッペ ペッペ
女子がペッペとする光景は 私はニガテだ。 涙
あ・・ 無論,男でも無理だ。

IMG_0881

それと・・ もう1つ よく分からなかったことがある。
Tさんが みかんの皮を剥いて 綺麗に白い筋等を取って 私にくれるのだ。
女子力が高いのか? 低いのか? 日本の升で計ってはいけない。

ちなみに・・ みかんはバケツ1つで10元だった。 汗

太湖は綺麗だった。
そして・・ 高級な太湖石は,もうこの湖中には無いらしい。

小笠原の赤サンゴでは無いけれど・・・

中国人の密漁は半端ない。

根こそぎ漁法なのだ。 全部 お金になると知ったら 取っちゃう。 汗

IMG_0892

太湖から戻ると,獅子林へ行くが・・ 
もう 閉園時間だった。 

IMG_0896

拙政園はなんとか手前の茶屋だけやっており,お茶を飲む。

IMG_0905


そして・・ 蘇州の繁華街,勧前町で帰ってきたSさんと3人で食事。

IMG_0908

この時期は,中国で 鳥インフルエンザの問題が過熱しており・・・
誰も鶏を食べなかった。 

IMG_0907


 IMG_0906

当時はSさんやTさんに連れられて・・ 何処に居るのか? すら分からなかったけれど・・・

蘇州が中国で一番居心地が良くなり, 今では上海に用事があっても・・
 
わざわざ泊まる所は蘇州を選んでしまう。 。 







ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

↑このページのトップヘ