”フェティシズム” Fetishism by Japanese Tomcat ☆Amour Sucre☆

はじめまして♪ ミドサー独身のオトコでスクレと申します。仕事以外の時間帯はエロい事ばかり追及してるオス猫です。よく人の性的興奮話を聞くのが大好きです♪ 基本的に変態とは仲良くできるタイプの人間です。 性的嗜好・性的倒錯・変態性欲。。。官能的なものに,興味や幻想を抱き続け…。 万人受けする絶対的エロス! とは何か? これを人生かけて突き詰めていきたいと思ってます。 脚フェチ、髪フェチ、腋フェチです。 ☆エロティズム フェチズム☆

2017年04月

女子アナの好みは 人それぞれ。

そして・・ 不思議な事に,テレビ系列で好みが別れたりもする。

フジテレビ系が好きな私の先輩

日テレ系が好きな私の部下

そして何より・・・  私はNHK系が好きなのだ。

そのせいか? ちゃんと視聴料を払っている。 

(だからと言って,強制的にNHKの視聴料を取ることは反対だ。
基本的には・・・ 同じ町区内にNHKの徴収をやっているおっさんが居り,
世間体を気にして 私は払い続けていると言うのが 本音だ。 爆) 

私は,そのNHKのアナウンサーの中でも,井上あさひアナがタイプである。

こういう声が好きだ。

可愛い声も好きなのだが・・・

やはり,この声が一番好きで・・・

いつも仕事から帰ってくるのが21時くらいなので,昔は 家に帰り ニュースウォッチを 付け
 井上あさひ アナ の声を聞くと ホッとした。

本当に土日 しかも19時と言うのが残念でならないが・・・

ここはポジティブに 土日は 家で 不要(扶養)彼女の戯言にでも 付き合いながら癒されよう!!

本当はニュースウォッチ9に戻ってきてほしい・・・。


GWも仕事な私の戯言である。
どうぞ皆様素敵なGWをお過ごしください。  

規模が大きいだけに ついつい 毎回 見に行ってしまう 東杯路。

l1159

 


実は・・ ここ以外にも,蘇州の南方面に 置屋街情報を得ていたのではあるが・・・

先日,その情報源である掲示板にあった
別の置屋街へ行ったら それらしきものが無かったので,
そこへ行くのは 躊躇した。


 

もう百度掲示板は信じない!! 


イヤ・・ それでも海外風俗は401高地だ。

私の人柱で 日本同胞のための 地図ができるのであれば・・・
礎となれるのであれば・・・

行くべきであろう!!


 

でも・・ そこへ行くのは次回にさせて欲しい。
15キロくらい離れている。 タクシーだと往復で100元超くらいだろうけど・・
きっと片道で40分くらいはかかってしまうだろうし,
帰りにすぐタクシーが捕まるような場所では無さそうだ。

覚悟と時間の確保が必要だ。

何せ・・ 蘇州南部、同里の方だ。 
 

ちょっと次回はバスなどを調べて行くか?
蘇州に男友達を作ってUberで一緒に行くかだ。

戦略を練ろう。


l1158


東杯路・・・  普通の生活をしている所に・・
30くらいの置屋がある不思議な所だ。

日中は10件くらいしか空いてなかった。

l1157
 


しかし, この日は日曜と言う事もあり・・・ 東杯街も昼間から ウロチョロする男が多い。


l1156


すると・・・ 女衒? みたいなのがやってきた。
赤ちゃんを抱っこしていて・・・ 
なんだか困る。
 

ちょっと娘を連想させるものは見せないでほしい。
私は萎えてしまう。
 

それに・・ 娘を抱きながら笑顔で 200元 どの小姐もイイよ・・
とは ちょっと・・
  

と 当初は思ったけど・・・

あれ? このおばはん。。 40代後半くらい?

もしかして・・ この子は娘じゃなくって 孫娘では?
 

 中国の田舎では,嫁を風俗で働かせる義母がいるってのを聞いたことがあるけど・・・
ここでも そういうことって あるんだろうか?
 

そして・・ もしも この置屋に座っている子の誰かが・・・
この赤ちゃんの母親だったら? 

そんな風に思うと 何故か?
興奮してしまった…。 
 

そんな連想をして興奮するだなんて・・・ 
人として情けない…。
 

運良く? その置屋には好みの子がいなかったので とっとと去った。

しかし・・ この女衒のおばはん。。

私の腕を離さない。
 

左手に赤ちゃん。 右手に私の腕。
あまりにも私の心は複雑だ。
 

何度も不要 不要と言って ようやく 解放させてくれた。


l1155


その後・・・ 別の道で 可愛い二人組が居たので,we  chatを使って会話。
結局・・ この潤んだ瞳の子とやることにした。 値段は150元。

東杯路は・・ 150元だったり 200元だったり。

よく分からないが,150元の子の方が可愛いような気がする。 笑

しかし・・ ここは東杯路。


嬢のサービスは・・・ 基本ゼンギなし!

一応・・ 亀頭を指で撫でて ・・ 陰茎をシコシコし・・


勃ったら すぐゴムを被せて・・・

嬢はパンティだけを脱いで股を開いて寝転がる。

ここからはダッチワイフと変らない。


彼女に生気をもたらすのは・・・ やはり,私の腕次第となる。

 

私よ・・ 今回は どうやって 興奮する?
どうやって彼女を生身の女性に覚醒させる?
 

隣の 部屋には 他の客と嬢が入って行く気配はない。
外からのエロいBGM効果は 今回は望めない・・・。
 

となると・・ やはり, この嬢を感じさせ この嬢に本気の声を出させ・・・
そして アソコをビチョビチョにさせるしかないのだ。
 

とりあえず・・ ピストンしながら,この子のオッパイを揉もうと 服の下に手を入れたら・・・

上半身も脱いでくれた。 そして・・ 私に抱き着いて来たが・・

その時っ この子の腹筋の綺麗さに驚いた。

まだ若いのだろうか? 肌が凄い綺麗だ。

それと・・ 何か運動でもしているのか? お腹周りの腹筋が綺麗だ。
若いせいか?  おっぱいも油脂が感じられた。

私的にはこれでアソコは元気だ!

l1154

 

しかし・・・ 彼女はあまり感じているようには思えなかったので・・・。
ピストンをゆっくりして 左手の指でクリを攻撃することにした。

しかし,クリが見えない。 出てこない。 
その一方で・・・ 彼女のおま〇こから出る液体は・・・
白く泡立っていた。 そして それが・・・ 彼女の陰毛に・・
ビールの泡が付いた髭の様にまとわりつく。

中国小姐は本当にアンダー ヘアを手入れしない。
私はそれが好きな反面・・・。

日本女子と違って ケツ毛が少ない民族の様に思える。
 

途中からバックに体位を変えるが,奥まで突かれて痛いのか?

どんどん彼女の身体が前へ逃げて行った。

仕方ないので・・ また体位を変更。
正常位にして 奥では無く 彼女のGを突くようにピストン。
 

彼女を感じさせれないまま,もう20分くらい経っていたので,そのままフィニッシュ!!

昼でも精子は沢山出るんだなと思い,ゴムの中身を確認して居たら,
彼女の手は Good のサイン。
 

良かったのだろうか? それとも,完了! みたいな合図だろうか?
とりあえず・・ 相手をコテンパンにできなかったことは確かだ。。
 

何がいけなかったのか? その後 ホテルに戻り,
身体を洗いながら ず~っと反省。 

私は・・ 私のティムポは・・・
彼女を逝かせることも 感じさせることもできなかったのか?

でも・・ あの濡れ具合は・・ 
潤滑ゼリーだけでは無いだろう・・・。

では 何故 声を出さない?
膣がきゅっとならない?

濡れやすいけど感じない?

色々と自問自答が続いた・・・。  

蘇州にて3日目の休日。 明日は上海へ戻らないといけないと思うと かなり 寂しくなる。

勧前街の地下鉄4号線工事と重なり・・ 夏場からこの入場門 辺りはず~っと工事中だったが,
9か月もしたらきっとりと舗装されて・・・ ファッションビルも綺麗だ。

 

l1170

銀座 なる ビルもある。 日本食の飲食店が今後入るのであろうか?



l1169


上海ですら,足場は高層ビル以外は未だ竹を使っているのに・・・
蘇州では,とうとう金属の足場が出てきた。

これくらいの高さで足場が金属となると何だか不思議だ。
香港ですら未だ竹が主流なのに・・・。

その一方で,中華圏の人達は上手に竹を使う。
この技術は 世界遺産 レベルだろう。


 

l1168

そして・・・ 何処へ行っても おばはんは強い!
バーゲンで戦うのは 恥も 外聞も 無い オバハンたちだ。



l1167

この日のブランチも 松閣楼以外の店にした。

蘇州の老舗,棲月得。


l1165

この店も蟹粉料理が多い。 高級料理もあったりする。

l1164
 


やはり,ツバメの巣は蘇州でも高いな~と思っていたら。


l1163




蟹粉フカヒレなる料理を発見!! 1980元…。

1人では勿体無さすぎる。

この金額で・・・ 

上海の虹橋のサウナでモデル体型の子とやった上に中式マッサージも行けてしまう。
 


l1162


結局・・ この日は大人しく 海鮮炒飯と 蟹粉豚蹄

150元くらい。



l1161

お腹を満たすと,景気舞庁へ・・・
ではなく・・・ 前を通っただけで, 置屋街へ行く。

l1160
 
この日も 地下鉄4号線の試乗の日らしい。

次回 蘇州へ来た時は, 地下鉄4号線沿いの置屋街を開拓したいと思う。

しかし・・ 情報が限られている今・・・。

蘇州最大級の置屋街へ行っておこう。

あそこなら 昼間でもやっている。

そして・・ 夜はまた オキニの置屋嬢の所へ行って まったりしよう!!  


そんな朝の計画は・・・
この後 おかしな方向へと進んでいく・・・。
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

景気舞庁からホテルへ戻ると・・・

オキニの置屋嬢へ連絡。

2日間・・ 行く予定で行けなかった。
ようやく あの子 に 会える!!

朝から もがき苦しんでいたオティムポ様も早く解放してあげたい!!

そして,タクシーで オキニの置屋へ。 
 

しかし・・・ 今回も彼女がいつも居る所に見当たらない。。

we chatした所・・ この日は別の置屋に居るらしい。
 

we chatで場所を教えてもらったが・・・ 

こんな所に本当にいるのか? というか・・ こんな所に置屋があるのか?

半信半疑で行ってみる。

初めてWeChatでお互いの位置情報を使った。
 

l1053

微信に従ったら・・ あ! 本当にあった。

住宅街に・・ 1軒だけ 光ってる。
 

てか・・ かなり 明るい。。。  これっ 目立ちすぎだろ!!

公安来たら1発でアウトじゃん。。
 

l1052

3か月ぶりの置屋のオキニちゃんは・・・
なんか 情婦のオーラが漂っていた。 
 

化粧が濃くなったのか? 大人の女性と言う感じだった。

半年前に最初に出会った時とは あどけない 可愛い 華奢な子
みたいな・・・ 守ってあげたくなるようなタイプだったのに。。
 

気づいたら,高級情婦的な 綺麗なお姉さまになっていた。

そして・・ 私の顔を見るなり 屈託のない笑顔。

この可愛い笑顔はこの半年間 全く変わっていない。 

置屋の入り口に居たママに何やら 色々と説明している。 

前回同様に500元渡そうとしたら 200元だけ取って 50元のお釣り。
 

あれ? 500元で1時間キープじゃないの?

150元って それじゃ 普通の客の様に1発やって終わったらさっさと帰ってってこと? 
 

l1051

毎回 蘇州に居た時に・・ 500元渡して 1時間居たことを 忘れちゃったのか?
部屋に入ってその旨を伝えると・・・
 

ママ(入口の所にオバハンが座っている)に私が500元渡す姿を見られたくなかったようだ。
あのおばちゃんに中抜きでもされているのかもしれない。
 

先程 JD とイチャイチャしたり,亀頭を指でなぞってもらったりしたせいか?
私のティムポはもうビンビンだったうえに・・・ 上から透明液が出て それが乾いたのだろう・・
少し 白くなっていた。 
 

それを丁寧にウェットティッシュで拭いてもらい・・・。
丁寧なフェラ。 本当にこの子はサウナで働けるくらい サービスが行き届いている。
そして何より, 身体の相性が私と抜群にいいのだ。
 

お尻が小さいせいか? 正常位の時に奥までジュボジュボと入るのだ。。
3か月ぶりのこの子のおま〇こに 私のティムポは狂気した。
 

もう死にもの狂いでピストン・・・。

逝きそうになったので,ちょっと休もうとしたら,今度は彼女が上に乗ってくれて・・・。

乳首を舐められて騎乗位されて・・・
あっさり昇天!!

気持ち良すぎる・・・。

前回 分かったのだが,
この子のおま〇こは私の1回のピストンで2回締まるような感じなのだ。

入り口で締め付けられて・・・
奥を突いた時におま〇こがキュウっとして・・
突いた先で亀頭が吸い込まれるような感覚なのだ・・

私が突いたタイミングでお尻を締めているのだろうか?
でも・・ 入口に陰茎が 下がった時のあの入口の締め付け感は何なんだろう?
 

身体の相性もさることながら,かなりのテクニシャンだ。

そして・・ 終わるとトークタイムは無く, また明日来て下さいと翻訳機に打たれる。
明日は前回のようにバーへ連れてってくれるとの事だった。
 

150元で済んだものの,前回の様にこの子とピロートークをしたかった私は残念でならない。

半年前,この子の置屋に1時間居座って・・・
それは 置屋の遊び方じゃない。 遊郭の遊び方だと読者に非難をされたが・・・

セックスをした後にまったりと 残った時間で嬢と会話をするのが私は大好きだ。
 

l1049

一応,彼女には行為後にウェットティッシュでティムポを拭いては貰ったものの・・ 
ホテルは遠く,シャワーを浴びてから帰りたかったので・・

ちょっと 歩いて 浴場へ行く。 しかし・・ 時間の関係でやっていなく・・・

洗浴按摩を探すも無く・・・。 仕方なく そのままタクシーを拾う。

l1048

そして・・・ ホテルの湯船に入りながら・・・ 舞庁で知り合ったJDやら現地妻,仲の良いKTV嬢と・・・
ここで風呂に入りながら we chat 。 休日が明日で終わってしまうと思うと 切なくなってくる。

l1047

 

私も早期退職して蘇州に住みたくなってしまった。

しかし・・・ 歳を取ったら,中国小妹に本気で相手にしてもらえないような気がしてきた。

今でも若干,お金の力に頼っている。 

そして・・・ アソコだって20代の強さはもうない。



天は三物を与えない。


 お金 時間 そして元気なティムポ。

10~20代はお金が無く・・  30~40代は時間が無く・・ 50~60代は健康が無い・・・

そして・・ 70代以上は性欲など無くなってしまいそうだ。 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

舞庁をハシゴするのがいつの間にやら定番になってしまった。
それくらい 舞庁は楽しい・・・。  

私は風俗よりもこのどんよりとした雰囲気にハマる。
 

l1059

ちなみに・・・
このそばのスターバックスへ入庁(新卒官僚みたいだな・・)する前に寄った。

その時に,日本人の女性を発見!!
珍しいので・・ ちょっと 話そうか? と 葛藤してしまった。 
 


l1058

しかし・・ ここは 蘇州!
戦う相手は 中国小姐。  


昼に置屋で一発する予定だった オティムポ様も
ベクトルが舞庁へ向いている・・・。

モカ飲んで温まると・・
即 美美舞庁へ!! 

l1057

入店して,女の子達が立っている所の前を通ると 声をかけられた。 

あっ! 昨日会えなかった現地妻のルームメイトだ!!


  現地妻の手前,彼女には何も手を出さないが・・・
色々とお話したかったので 100元渡して1時間キープ。

一応・・ 現地妻の未払いの家賃分,1500元を彼女に渡そうとすると・・・
何のことだか分からないらしい。 

早速 we chatで 現地妻と会話してもらうと・・・ 
4月分らしい。 3月分は他のオトコが払ったのかな?
そして・・ 奴はいつになったら戻るのか? 
 

現地妻と現地妻のルームメイトのWeChatを見せてもらうと・・・
現地妻は私よりも ルームメイトの彼女と コマメに連絡取ってる。  爆
というか・・ ほぼ毎日連絡取り合っている。 
 

同じ湖北出身だからだろうか?
そして・・・ もっと 驚いたことが!! 
 

現地妻と景気舞庁で出会った時に,初めて舞庁に来たと彼女は言っていたけれど・・・
彼女のルームメイトが言うには, 実は半月くらい一緒に景気舞庁に居たようだ。  汗

しかも・・ 二人の関係は 高校の同級生だと思っていたら・・・。

中国語で高等院校と言うのは大学や短大の事らしい。 汗
 

ルームメイトは失業する度に 舞庁に来ているらしいけれど,
現地妻はブティックで働くようになってからは
舞庁には来なくなったとの話を聞いて少しほっとした。


しかし,現地妻はその仕事も先月に辞めてしまい,
武漢へ戻ってからは1度も蘇州へは戻っていないとの事。

ということは・・・ もう1か月間 彼女は蘇州へ戻っていないことになる。

現地妻のルームメイトは,私が彼女の4月分家賃を払うのを少し不思議そうにしていた。
私にとっては・・・ こんな美女が 蘇州に行く度に私にいつも
尽くしてくれたんだから安いものなのだが・・・。

 日本でも,現地妻レベルの美女を探すのは難しい。
流石に もう今年26歳になるせいか?
当初出会った時の 若かりし日の えりか様だ! 的な 感動を
会うたびには覚えなくはなったけど・・・。

それでも 彼女が余程 好きなんだろう・・・。
彼女からメッセージが来るたびに 嬉しい。 

本当に・・ 日本の駐在オッサン達が中国小姐にハマり,
家庭を捨て・・・  中国にどっぷりハマり・・・
人生共々 堕ちて行く・・・ 

私も将来そうなるのかもしれない。   
 

l1056

一応,現地妻への御土産を持って来ては居たが・・・ 
ホテルに置いてあるので,明日 また持って来るとルームメイトに伝えた。
雪肌精の乳液と化粧水は中国で買うと高いのか? 
この1年,蘇州へ行く度にいつも現地妻から持って来るように言われる。
 

l1065

現地妻のルームメイトと1時間話したが とても 面白かった。 
彼女とこんなに長く話をしたのは昨年の9月に現地妻と3人で新区の朝日屋という
日本食レストランで御飯を食べて以来だ。

私が現地妻の部屋に泊まっていても,現地妻のルームメイトはあまり私には近づいては来なかった。

よく現地妻のルームメイトを見ると,
若干 10年くらい前の池端千鶴のような丸い顔をしている。 
巨乳なので顔やせすればモテそうだ。
 

美美舞庁ではその後 3人くらい別の女性と踊ったけれど・・・
リーベンレン(日本人) リーベンレンと数人から言われたり・・・
 
昨日踊った子とまた一緒に踊ったりして・・
あまり興奮はしなかった。 

すると・・・ WeChatに昨日 ナンパして 
朝食を一緒に食べれなかったJDから連絡が・・・。

景気舞庁に夕方から居るから来ない? との事。

時刻はもう19時近かったが,美美も飽きて来たし,
現地妻のルームメイトも居るしで・・ 何だかはしゃげない。

急いで景気へ行くことにした。

美美舞庁の出口にはバイタクが沢山居て助かる。

20170325_215321

さっそくバイタクを拾って 景気舞庁へ・・・

入店するや・・ 暗い中,今朝 一緒に御飯へ行き逸れた JDにすぐ発見される!
というか・・ 彼女は午後から居るせいか? 目が暗い所にもう慣れているんだろう。
 
20170325_185722

 

22時閉店まで このJDを
口説く・・ 口説く・・ 口説く・・・。

可哀そうなことに・・・ この20歳のJDは22時まで約3時間,
私にキープされることになってしまった。


昨日は緊張からか? 警戒からか? 
おっぱい以外はガードが堅かった彼女も

色々と話ができた。
  

今朝の勘違いを謝られて・・・ 
明日の朝食を誘われたが, 翌日は私の方が他に用事があったので断った。
(置屋探しを中国の友人とまたしたかったのだ。 汗)

 

この21歳のJDはとても良かった。

舞庁で,片言とはいえ 英語を話せる子は少ない。

そして・・ 彼女は私の苦手な煙草を吸わない。 

 

近くで見ると, 目が可愛い。 
エロと言うよりも,なんかガチャピンのぬいぐるみ?
若い世代には分からないだろうけど,昔の菊池桃子系?
美女のグレードで言ったら 現地妻や置屋嬢のオキニの方が断然上ではあるが・・・
この純情っぽさは 何とも言えない。
 

昨日はキスをやや拒否られていたが・・。
この日はディープに持ち込めて,気持ちいいと言われた。

彼氏よりも全然キスが上手らしく…。
1度ディープキスをした後は・・ 
彼女の方から唇を近づけてくることもあった。


そして・・・ 彼女のアソコを下着の上から触れる。
当初は昨日同様に手で拒まれたけれど・・・。

次はディープキスをしながら手をスカートの中に入れると 案外いけた。
ショーツの上からクリあたりを優しく キスをしながら擦って居たら・・・

彼女の息遣いが荒くなってきているのが分かった。
そして・・・ 私のクリをさする手を彼女は両手で押さえていたのに・・・


気づいたら,彼女のその手は・・ 私のズボン。
硬くなった私のティムポをズボンの上から触っていた。

やはり・・・ この子も 中国小妹。
 

もう逝きそうなのか?
彼女のディープキス中の舌は動かなくなった。
そして・・ はっ はっ と した後に 私のクリをまさぐる手を止める様に抑えた。

どうやら逝ってしまったらしい。
 

そして・・ その後はず~っとディープキス。

舞庁はキープした時も明るい時間帯はエロはしないことが慣習だ。
 

なのに・・ この子は黒暗のダークタイムの時が終わってもキスを辞めなかった。
逝った後のディープキスで余韻に浸っているのだろうか?


明るい時間の間もしばらくず~っと私と舌を絡ませる。
そして・・・ 私がそっと離して,鼻とおでこにChuしたら,
彼女の方からキューッと抱きついてきた。

 

その後は色々と会話。 

彼女の男性経験1人。 それは,今の彼氏。

舞庁へは月に1回くらい来るとの事。 
今は無錫市の大学で寮生活。
 

南京の親からは毎月1000元の仕送りをもらい,
500元の春のコートを買っちゃったので舞庁へ着たらしい。

しかし・・ 無錫はまた寒くなったので急いで買う事無かったかな~ と・・。

 

ちなみに,オナニーは週に1回。
携帯でAV観ながら 放課後の大学のトイレ。
 

おま〇こへ指を入れるのはNGだけれども・・・
暗い時間は 私にずっと優しくクリを触ってて欲しいらしい。
 

若いだけあって ビショビショで・・・
途中,数回ウェットティッシュで おま〇こを拭いてあげた。

目の前の灰皿には・・・ 彼女のマン臭のウェットティッシュが・・・

それを何の迷いもなく・・ 掃除のおじちゃんが灰皿から拾ってく・・・。

そして・・ 私は舞庁で初めて, 暗い時間にティムポを出して 
彼女に触れてもらった・・・。

彼女にとって人生で2人目の生ティムポらしい。
 

こんな大きいの初めて触ったのと,彼氏のとは全然違う!!
とのことだったが・・・ Hの交渉は成立しなかった。 号泣

お持ちしたかったのに・・・。 

21時45分くらいになると,彼女も着替える時間があるので,
翌日また舞庁で会う約束をして別れたが・・・
 

翌日の夜には寮に帰るので 19時くらいまでしか居ないとのことだった。
とりあえず・・ 明日入店したらまたWeChatへ連絡してくれるとの事。

もう・・・ 私のアソコもトイレでオシッコしたときに気づいたが,
亀頭がぬるぬるしまくっていた。 

オティムポ様には朝から苦痛の12時間だったに違いない。  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ