fwefwe (1) 

ドーソン2日目。
ニャギで迎える朝。

fwefwe (2) 

礒の香りがする‥
海風‥
時折,髪からこの海風の匂いがするドーソンギャル。

fwefwe (3)

南国気候のドーソンでも,冬は肌寒い

fwefwe (4)

その一方で,空気は澄んでいて
汚いドーソンビーチがやや美しく見えてしまう。

fwefwe (5)

無論,このオフシーズンに海水浴客など居ない。

居るのは‥ 冬でも春を売る娘達と‥ その娘達を抱きたいスケベなオッサン達だ。

fwefwe (6)

私と目的が一緒の方々ばかりなので‥ 
何だか,居心地がよく‥ 恥ずかしげもなく,周囲の女子達をキョロキョロと見てしまう。 汗

fwefwe (7)

前日2発やり,朝起きてもあまり性欲が湧かなかったので‥
ドーソン観光をすることにした。

しかし‥ 途中,私のバイクの後ろがどんどん右へ押されていく感じになり‥
ミラーで確認したら,後ろから何かが覆いかぶさってくる‥

そして,私は転倒する。 

転倒後‥ 
後ろを見ると‥ 転んだ母子のバイク…。
どうやら,巻き込まれたようだ。

子供は大泣き,お母さんはピンピンしている。 
母は強し!!

とりあえず‥ 私もバイクを止めて‥ 大丈夫か?聞いてみたけれど‥
大丈夫そうであった。

本当に‥ 後続車などが無くて良かった。

ベトナムは交通事故が多いと聞くのと‥ よく バイクで走っていると事故現場を必ずと言って良いくらい見る。

皆様も気を付けて欲しい。

fwefwe (8)

私も転倒で腕に擦り傷を負ったけれど‥ やはり,相手方の子供の方が心配なので‥
色々と怪我をしていないかチェック。
 
幸いなことに‥怪我は無かった。 そして,お母さん‥ よく見ると可愛い。 爆
このまま仲良くなりたい♡ 

な~んて思っていたが‥ 怪我もないし,大丈夫なので行ってもイイよとの事。
そして,お母さんがマスクを取ったら‥ あれ?
普通のベトナム娘じゃん。 笑  とりあえず,何事も無くて良かった。

そう安堵したら‥ あっという間に お母さんは,逃げるように息子と去って行ってしまった。
私をキモがられたのか? な~んてこの時は思ったが‥

友人曰く,彼女はきっと‥ 事故に巻き込んでしまい,私に損害賠償されるのでは?なんて思ったのかもしれない。との事。


それにしても‥ 息子をスクーターの足を置くところに立たせて そのまま突っ走っていくママ。
危ない‥。

fwefwe (9)

この後は‥ ドーソンの有名らしい寺院へ来た。


fwefwe (10) 

何の旗かは分からない。

fwefwe (11)

漢字で書かれているので,古いに違いない。

ドーソンはきっと古い街なんだろう。

fwefwe (12)

それにしても‥ いつも思うのだが,ベトナムの寺院にお供えする馬車やら人形って‥
派手なモノが多いな‥

fwefwe (13)

fwefwe (14)

とりあえず‥ 寺院を観光。 何をお祈りしたら良いのかも分からない。

遠くには,ハイフォンからドーソンへ行く途中によく見る塔が‥



次いでだから‥ 行ってみようか? 爆


fwefwe (15) 

ちょっと,ドーソンで一番高い場所へ登ってみたくなった。


fwefwe (16) 

ということで‥ この寺院とはお別れ。
旅の無事をお祈りする。

事故と性病に合いませんように!


fwefwe (17)

不謹慎なお願いをした後は,先ほどのドーソンタワーへと向かってみた。

fwefwe (18)

fwefwe (19)

案外,悪路だったりする。

fwefwe (20)

バイクで山を登る事15分近く‥


fwefwe (21) 

ようやく到着した!!
バイクの駐車料金は1万ドン(50円)。 先ほどの寺院と同じ駐車料金

fwefwe (22) 

高台の為,案外景色が良い。


fwefwe (23) 

残念ながら,この塔には登れないけれど‥


fwefwe (24) 

広告付きの石椅子


fwefwe (25)

新しい煉瓦の廟

fwefwe (26)

ドーソン岬側の風景


fwefwe (27) 

色々と歩くには良い場所だった。
風も気持ち良い

fwefwe (28)

残念ながら‥ 客は私一人。 笑


fwefwe (29)

地平線が美しい‥ 


fwefwe (30) 

帰り‥ 駐車場の前のテントで酔っぱらってるオッサン達に絡まれたけれど‥

fwefwe (31)

平日の昼間から‥ 大の大人が何をやっているのか? なんては思わない。
それがドーソン。

fwefwe (32) 

ドーソン観光も終わり‥
私のオティムポ様も復活して来たので‥


fwefwe (33) 

ドーソン岬へ戻ることにした。


fwefwe (34) 

幻の岬だったドーソン


fwefwe (35)

それが今や‥ 現実的な岬となっていた。