2018年中旬‥

ccc (2)


温泉好きの私は,日頃の運動不足も兼ねて‥
那須岳登山と三斗小屋温泉一泊旅行をすることになった。

ccc (3)

泊まるのは煙草屋旅館

ccc (4)

何だか,紅葉シーズンと言う事もあり‥
登山道は人でごった返していた。

ccc (5) 

中国もそうだけれど‥
日本人も元気だ。 登山道が混んでいて‥ ゆっくりペースで峰の茶屋までは行けたから良いが‥
これ、いつものペースで登ってたら‥

私は息が上がっていたかもしれない。

ccc (6) 

ここから三斗小屋温泉までは1時間くらいらしい。

ちょい というか、かなり足に余裕があったので‥
茶臼岳だけ登ってみる事にした。

というか,ここでお話した山ガールの二人?(といっても 片方はもう三十路いってたけど‥)
が行くと言うので‥ 途中までお供した。

ccc (8)

そして‥ 来たのと同じ道を戻る。


ccc (10) 

面白いもので‥ 先程あった雲は1時間半くらいで消えていた。


ccc (9)

峰の茶屋へ戻り‥ ここからは 三斗小屋温泉へ行くだけ。
11時に登って来たのに‥ もう13時半過ぎだ。

ccc (19)

そして・・ ここから1時間で‥


ccc (16) 

煙草屋旅館へ到着。

皆‥ 登山が大変だと言うけれど‥
会社の月の数字のノルマに比べれば‥ 大したことは無い。
そして‥ 御客さん中心は50代・60代くらいだろうか?

ccc (11)

知り合いカップルに言われたように‥ シーツは持参して正解であった。
あと,神経質な人は掛布団カバーを用意した方が良いかもしれない。

ccc (12) 

ただ‥ 相部屋だったので,基本的には寝つけない。 汗

ccc (13) 

夜明け前,朝風呂に入って居たら‥ 女性も入ってきた。

どうやら,内湯は夜20時半で終了らしい。

朝 開いているのは混浴露天風呂だけのようだ。

ccc (17)

そして‥ 朝食。 同じ部屋だった方々と一緒に御飯。

この山奥へ生鮮食料品以外は,ヘリコプターで来るそうだ。

生鮮食料品は,山を越えて‥ 背負って来るらしい。
ここの店主に話を聞いたら‥ 冷蔵庫を背負って山を超えて来たことがあるらしい。 
70kgくらいあったようだ。

実は私も‥ 好きな体位は駅弁で‥
よく女性を持ち上げるが‥ 55kg以上のオンナとは駅弁は無理である‥

60キロあるという高身長ダンサーとやったこともあるけれど‥
その時は,私は持ち上げるだけで‥ 彼女が自ら腰を動かしてくれた。

それでも・・10分くらいだ。

2時間70kgを背負い‥ 山を越えるのは膝や腰に来そうだ。

ccc (21)

煙草屋旅館には,身体を洗う所が無かったので…


ccc (22) 

帰りは那須塩原の墨湯へ行った。
月曜日だったので,知り合いが居るかな? なんて思っていたら‥

誰も居なかった。 静かではあったが‥
色々と夫婦やら,カップルやら,単独オッサンから‥
話しかけてきてくれて 3時間近く長居してしまった。


ccc (24) 

かなりリフレッシュできた週末であった。



 ブログランキング・にほんブログ村へ