昨年,私は中国へ ドンキで買った安い加湿器を持って行ったのだが… 現地妻はそのおかげか? 昨年は蘇州で風邪を引かなかったらしい。 また,これはアメリカ時代の私の上司がよく言ってたけれど… 冬,中国の内陸で寝る前は湯船にお湯を張るように。 これは,乾燥とホコリで冬場は風邪を引きやすいからだ。 

どうして… こんな話をするかというと,私の部下が中国で風邪をひいて帰ってきたからだ。
SARSでは無いけれど… どうか皆様も気を付けて欲しい。 彼は風俗なんて行かなかっただろうけれど…

我々は仕事した後に,歌を歌ったり,デートしたり,キスしたり,セックスしたり… 小姐達とは肌を重ねるので,ウィルスなどへの感染確率は一般の出張者達よりも高い。 そして,海外という緊張感もある。 中国に来ると日本に居る以上に体力も消耗し,免疫も落ちる。 

朝は胃をキリキリと痛くして落としどころ,トンネルが見えないような仕事の交渉を,  契約書の細部にまで神経をとがらしてして… 英語の文書が優先と決めてあっても,何度も通訳を通して相手側と確認して… 念押しして…。  ホント,夜はスッキリでもしないと本当にやってられない。

それに‥ あの仕事が終わった後の達成感とその解放感の延長で行く風俗… 何にも代えがたい。

だが‥ 冬場の中国の乾燥は本当にヤバい。 手洗い,うがい,マスク着用… 寝る前はホテルで水を撒く!! 忘れないようにして欲しい。 

1999 
さて, 話を蘇州の旅の続きに戻したいと思う。 

2017年10月末の蘇州は,現役JDが可愛くて可愛くて… 結局,舞庁で最後までまた彼女を縛ってしまった。 

そして,舞庁が閉店してJDが家に帰った後,1人で酒吧へ行くことにした。 

2000

ここには以前,オキニの置屋嬢に連れてってもらったことがあるのだが…
今回は彼女と連絡が取れなかった。 というか… 私が居た1週間,彼女に何度もメッセージを送っても連絡をくれない。 あの可愛い小犬顔の彼女は何処なんだろう? あの 気持ちいい おま〇こはもう味わえないのだろうか? 変な喪失感が…

2001

そう思いつつ… 1人でバーへ入店。 1人なので,普通のテーブル。 しかも立ち席。
そして… 店員にメニューを持ってこられる。 あれ? いつの間に値上がりしたの?

レミーマルタンXOって 2880元? おいおい!! 日本円にしたら50,000円近いじゃないか!! 高すぎだろ!! 日本のホストクラブ程で無いにせよ… 日本のキャバクラよりも高い。 銀座のクラブがだいたい50,000円くらいだ。 前回は二人でシートに座って,フルーツ盛って,乾きものあって… ブランデー1本とミネラルウォーター貰って1500元くらいだったのに…。 後で分かるのだが… いつも オキニの置屋嬢は別料金だったのだ。

外国人と見るや 正規料金のメニュー。

1人でボトル入れるのも,もったいないので… とりあえずは,ビールと乾きものを頼み… 
中国人の友達を作ることから始める。 

2002 

ここは江南…。 やはり,皆 人懐っこい。
後ろに居た 4人のグループと仲良くなり… 
テーブルを移動。

2003 

とりあえず… この男女グループにお近づきの証にシャンパン1本入れた。

そして… 何処から来たのか? 訳わからない女子が私を誘惑するように,私の所で踊ったので‥ ビール1つにグラス1つプレゼント。降ろすときに御姫様抱っこしたけれど… セクハラまではできず… 一緒に居た服のテイラーをしているらしいお姉さんが,彼女を煙たがると さっさと居なくなってしまった。 パンチラ見ただけで終わる。 ><

こんなんでも,1時間半の滞在で 使ったお金 合計 1820元。 

何だかあまり盛り上がらなかった。 サウナにでも行っておけば良かったと後悔。
2004
やはり… いつもの置屋嬢が居ないと… どうもダメだ。
私自身も 普段なら ナンパしに色々と席を回るのだろうけれど どうも この日は脚が重かった。

そして… VIP席のオッサン達は何万元 使ってるんだろう? お金持ちが多い。
オキニの置屋嬢が一緒に居たら… また一緒に営業ならぬ,コネ探しでもするんだろうけど… 日本人というレアさを武器としても中国小妹が一緒じゃないとやはり厳しいだろう。 

江戸時代の武士や,エロ イベントへ行く時ではないけれど… ここでも,従者を連れていないとカッコがつかない。 

2005 

絡んでくれた虎丘の衣料関係で働く若者たちにお礼を言い… さっさとバーを後にした。
帰り道… タクシーに乗ろうと思ったけれど… 少し散歩したかったので歩いた。
本当に蘇州は安全だ。 シンセンとかだったら あまり深夜に1人では歩きたくはないな。 笑

2006

1時間くらい散歩しただろうか?
私の足は‥ ディレクションが? ベクトルが??

2007 
あれれれれ?


2008 
置屋街へと向かう。

2009 
しかし… ここまで深夜遅いと,何処もやっていない。 汗
本当に困るくらいだ。

2010 

仕方ないので‥ 深夜でもやっている按摩店へ。
ほろ酔い気分が残って 少し眠くなったせいか?

精油按摩で… 最後は手コキのお誘いがあったけれど…
もう どうでもよくなって 御断りさせてもらった。

嬢は30歳前後くらい。
少しぽっちゃりした可愛い系。 

頬が広瀬すずや有村架純系の丸顔ほっぺではあるのだけれど…
そこまでも可愛くは無い。 目が離れているからだろうか? 
目隠ししたら,いいかもしれなけれど… ちょっとお腹の脇の肉をつんつんすると頂けない。

ちょいポチャ好きには堪らないのだろうけれど…。 
日々… モデル体型やらJDの張りのある肉体を相手にしてきてしまうと,もうどうでも良くなる。
そして… うとうとしていたら,いつの間にか終了。

最後は熱いタオルで全身を拭いてくれたけれど…
オティムポ様は拭いてもらえず。 ええええええ。 そこが一番肝心なのに…。 

2011

とりあえず… 疲れたので,帰りはタクシーを拾ってホテルまで帰った。
そして‥ 疲れて 湯船に浸かったまま2時間ほど就寝。。。

半寝してたマッサージが1時間で200元。 置屋で1発やって20分で150元。 バーで紳士やって1時間半で1820元。 KTVでセクハラしまくって1時間550元。

本当に… 中国の物価というか,相対価格はよく分からない。 100元の置屋がある一方で3000元のサウナまである。 大衆置屋が150元として… 大衆?(普通の中国人には高級かも知れない)中式サウナは1000元くらい。 その差が7倍。

日本では,置屋が5000円。 大衆ソープが25000円(格安だと15000円あるかれど,BBAだったりマット プレイが無かったり)くらい。 その差が5倍。

消費者物価指数やら,ビッグマック指数,スターバックス指数など…
その都市の物価を計るものは沢山あるけれど… 正直言って 風俗は高いのか? 安いのかは分からない。

また… 嬢は同一商品であるようでいて…態度やプレイ,体調や濡れ具合や締まり具合… 私の体調も含めて その都度変わる。 

嬢に対する目的だって皆違う。 癒しを求めるのか? 疑似恋愛を求めるのか? サービスを求めるのか? アブノーマルさを求めるのか? 挿入だけを求めるのか? コストを追求するのか? 

不動産のように 路線価,公示価格,相続税評価額… DCF,アルゴ理論価格,収益評価法… 誰もが納得する評価など無いように…

2012

気づくと… この中国でも,日本同様にオキニの子へ通い続けてしまう私が居る。
娘ができてからというもの… 私の性欲は少し減退し… 他のDNAと新しい生命を残そうという気はないのだろうか? 

この2年間。 彼方此方の女とヤリタイというよりも,いつもの相手とやりたい… あの子,あれから数か月風俗嬢を続けて どういう風に成長したかな? そっちの方が気になってしょうがない。

性的好奇心よりも… 知的好奇心。 文化人類学ならぬ‥ 中国小姐文化学?の方が私の興味を引く。

身の上話を聞くための手段がH!になってしまって居るのかもしれない。

それでも,中国小姐達は一度身体を許した相手でも 本当の身の上話はあまり語らない。

だから かえってまた… 私を何度も惹きつけるのかもしれない。


※ ちなみに… 置屋嬢とは11月になって連絡が取れた。嘘か?本当か? 実家に戻って居た際,電波が入らなかったとの事。 今時… 河南省には未だそんな場所があるのだろうか? ウイグルとか西部ならまだ分かるけど…。

そして… 彼女が行くと安く済むのは,バーの経理と微信で繋がっているから。割引価格のボトルがよくバーの微信タイムラインにあるとの事。
 ブログランキング・にほんブログ村へ