20170823_074048

昨日は… 朝一番ののぞみに乗って新大阪へ…

そこから,大阪駅で阪神線に乗り換えて… イザ 甲子園へ!


20170823_110511 
目的は,花咲徳栄 VS 広陵 の 決勝戦。

清水達也投手の応援もあるけれど…
やはり,花咲徳栄を応援しに来た。


20170823_121556 

11時に甲子園に入ったけれど… 人が沢山。
先輩を探すも見つからず。

14時に試合開始と言うのに… 
大勢の観客。

そして… 未だ始まっても居ないのに,気づくと既に酔っぱらうオッサン二人。

選手たちが入場し,頭を下げ練習する姿に 既に涙ぐむオッサン二人。

P8230049 

もう プレイボールの時間には…  二人とも決勝戦にまで進んで来たことに既に満足してしまい,
隣のJKの方が気になってしまう しょうもないオッサン二人。 

しかし,いざ 試合が始まると状況は変わってくる。
綱脇の立ち上がりが気になり… 
そして,徳栄攻撃時には 岩井監督の指示を見て うなずくオッサン二人。

もう なんというか… 
我々は2003年から14年間 この日の為に 高校野球を観て来たような気がしてきた。 

やはり,夢の甲子園は違う。
埼玉県の予選では,監督からバント指示があったら…
キャプテン千丸やピッチャーの二人,岩瀬以外は何故か? 
バントして2ストライクまで追い込まれていた。… 謎

そして,ツーストライクにまで追い込まれると 意気揚々とバットを振っていたような気が。。
(私の勘違いだろうか?)

しかし… 甲子園本番では,本当に皆が皆 徹底されていたように思える。

P8230060

この夏… 広陵の怪物, 中村以上に…
花咲徳栄の選手たちは 怪物だった。


P8230083

両チームとも本当によく打った。 
4回が終わるまでは拮抗した 何とも言えない試合だった。
そして… 取られても毎回最少得点に抑えた徳栄投手陣は素晴らしかった。
試合中に中村の特性を見抜いた捕手の須永も凄いと思う。

P8230114

もう こんな感動は二度と味わえないかもしれない。

心から感謝したい。とても素晴らしい球児達であった。

昨年の秋… この新チームが発足したときには,
個人的には何か物足りなさを感じた。

秋期大会でも,県大会決勝や関東大会では打たれてしまい 選抜を逃した。

そして… 春も県の決勝で浦学に破れ,関東大会では清宮の早稲田に惜しくも敗れた。

それが… 夏の埼玉県予選では,浦学の佐野の前に一時期 激烈強力打線が 沈黙したけれど‥
上手くプレッシャーをかけて自滅まで追い込んだ。 

あの頃からか? 
私の中では何だか… 肝心な所で競り合って負けてしまう メンタルの弱いチームから,
全く違うような 超強いチームへとイメージが変わっていった。

この夏の甲子園では,いつも先制していたとはいえ…
ゲームが拮抗した 準決勝の東海大菅生と決勝の広陵との序盤以外は 安心して観れた。
私も不思議なもので,もう…ベスト4の時点で半ば優勝を確信し?
21日(月曜)の朝に 23日(水曜)の決勝戦の日に 仕事を休みたいと 代表に願い出て
新幹線のチケットまで取ってしまった。  爆

このチームの主力からは,来年は 野村しか残らないけれど…
引き続き応援していきたい。 


※ 大阪へ弾丸ツァーしましたが,流石に…
甲子園だけでは帰れませんでした。 >< 
その内容は次回書きます。