20170819_130822 

本日は休日と言う事もあり,大人しく高校野球のテレビ観戦。
先輩と一緒に 花咲徳栄 清水投手を応援!!

20170819_130836 

今大会 唯一の 150㎞/h を 計測。
やはり 凄いピッチャーだ。 立ち上がり7回まで投げた綱脇投手も 
ものすごい安定した投手だが…

やはり… 秋季大会。 春季関東大会と 継投でやられまくった清水君が
この 夏の舞台… とても 逞しく見えてならない。

20170819_131837

次は盛岡大付属高校。
もう,明日勝ったら 甲子園へ行くしかないな。 
しかし… どうやって仕事を休めばいいのか?
弾丸で試合見てすぐ帰る的な事も出来なくもないけれど…

関西へせっかく行くんだから… 
昔の様に飛田新地と信太山へ行きたい!!
つまりは,日帰りでは無く1泊したい。

理想は準決勝を見て 夜は飛田新地へ行って 翌日は決勝を見て
夕方信太山行って 最後の新幹線で帰る!! 爆 

ちなみに,私の風俗デビューは飛田新地である。
当時は未だうら若き24歳であった。 笑  

大学生の頃は少しの浮気はあっても基本は彼女一筋だった。
あとは… キャバクラへはよく行くようになったけれど… 当時は風俗=未開の地。

あの飛田の街にハマってしまい‥ 気づくと 毎週末のように行っていた。
というか? 当時の会社の先輩が金曜日は飛田の日となっていって それが習慣化されてしまった。
 
金曜日は飛田,土曜日は北新地や東通り,日曜日は彼女とデート。
そんなんだから,働いているのに毎月収支は5万円~10万円の赤字。
無論… 金融マンとして土日勉強しないで遊びほうけていたせいか?
27歳で転職した際にはかなりの苦労がった。

ただ… 飛田に金沢出身のオキニの子が居て… 
帰りに御飯の約束とかすると,いつもオバちゃんに邪魔された。
そのお店の入り口で客呼んでいる おばちゃんに隠れて 
コソコソするのが かえって私を興奮させて… 楽しかった。

その金沢の子は,私がペコちゃん飴好き~と言うと…
ペコちゃん飴をいつも3つくれた。
 
それを持って舐めて歩いてると 変な目で見られていた。
フト それが, ステイタスになり… 店を出るとペコちゃん飴を3つ同時に舐めていた。
しょうもない24歳だった。

ペコちゃん飴3つを同時に舐めながら 近くの居酒屋に入る瞬間の
あの客の顔や反応を見るのに異様な興奮を覚え… 
当時から 変態だったのだと痛感する。 

あの金沢の子とは,私が関東へ戻ってからは1度も連絡を取り合っていないけれど…
あれから12年。 あの時のババァのように‥ というか,店の女衒のようになっていないことを祈ってならない。 まだ30代半ばくらいだと思うので,もしかしたら 今でも飛田の奥に熟女置屋連があったら そっちにいるかもしれない。 笑