P7030613
FKK ゴールデンタイム で 2度抜いてしまったせいか?
性欲を追求するよりも,観光への意識が… 笑

フト,ホテルの ポスターにあった シェーンブルンへ行きたくなってしまった。

もう15時45分くらい… シェーンブルンへ即行地下鉄で行けば,観光できなくもない。

と言う事で… リュックにバスタオルとサンダル,ホテルのガウンを入れて…
シェーンブルン宮殿へ行って,ホテルへ戻らずにそのまま テルメ ウィーンへ行くことに。


P7030687

シェーンブルン宮殿は思ったよりも広かった。
そして… 1時間のツァーを申し込む。 ツァーと言っても‥
音声案内を借りて 自分で回るだけだ。 

ここでは,日本語の音声案内もあったけれど,バイリンガルの人は
英語の音声案内を借りた方が良い。英語の音声案内の方が詳しい。

P7030688

ここでは… フランツ・ヨーゼフの1日のお話を聞いてビビった。
聖人君主。そして,妻・エリザベートへの限りない愛情。
しかし,その愛は報われたようには思えない。

ある意味… 美女と結婚して貢ぎ続けるのも幸せな事なのかも知れないけれど…
オスネコの立場からして言ったら,フランツ・ヨーゼフ一世に同情してならない。

P7030708

シェーンブルンの庭もまた美しい。 しかし…
ヌーディストスパへ行かなくては!! 

早歩きで庭を歩いたら… さっさと地下鉄駅まで小走り…
そして… 地下鉄とトラムを乗り継ぐ…。

行き方が分かり難く,とりあえずはトラムの駅でどうやっていくのか?
綺麗なお姉さんに聞いた。

20170703_183433

すると… 最後の方まで行くようにとのこと。

テルメ ウィーンまでは,思ったよりも面倒であった。

この美しい人は途中の駅で降りてしまって…
しかも,駅に子供が迎えに来ていた!! 残念。 人妻だ。

そして‥ 彼女が降りてしまうと,どこで降りていいのかは分からず… 終電まで。 
20170703_183517

どんどんとトラムは進んでいってしまい,終電でとりあえず降りた。
そして… 道を聞いてみると,バスに乗るとの事。 
シリア人のバス運転手の人が丁寧に教えてくれて…

ようやく,テルマ ウィーンへ到着。
時間は18時を超えていたと思う。 

20170703_214145

遅い時間と言う事もあり,テルメ ウィーンは空いていた。
プールも人が少ない。

平日という事もあってか,落ち着いた雰囲気で 結構 素敵だ。
プールを観た後は,お楽しみのサウナゾーンへ。
16歳以上で無いと ここは 入れない。

20170703_200153

一応,男女別のサウナもあったけれど…
とりあえずは Mixed saunaへ。

混浴サウナ!! 

ミュンヘン,ブダペストでもテルメには来たけれど…
初めてこの旅 , 全裸スパでアジア人女性を見た。

横綱 白鵬系。 モンゴルの方だろうか?
女子でも… 戦ったら負けそうなくらい,強靭なガタイをしていた。

そして… その女の子のお友達が可愛く…
ミストサウナに入って居たら,彼女達も入ってきたので話しかけてみた。

その間… モンゴル系の子は無口。 英語が分からないのか?
不愛想だった。 もしかして… 日本人だったりして。 笑

地元がウィーンだと言うその子は,パイパン ロケットおっぱい系だったので,
お椀型が好きな私の好みでは無かったけれど,落ち着いて カーリーヘアで
包み隠さず 私の方を向いて話してくる。 

腕枕でもしてもっと近づきたい気分だった。 笑

しかし… ミストサウナには10分くらいで熱くなったからと出ていってしまった。

その後,モンゴル ギャル? (何処の人かは分からない)と5分くらい一緒に居たけれど会話なし。

私も外へ出てプールで泳いだり,ジャグジーに居たり…

そして,外のサウナへ入ると 窓から…
女性専用サウナのバルコニーが見える!!
20170703_200507

あ… おっぱい だ!! おっぱいが 6つあるっ!!
バルコニーの柵で下は見えないけれど・・
6つのおっぱいと3人の顔が見えてしまった。 

面白いもんで・・・ 
ヌーディスト ゾーンの 延長線上に見える
女性専用ゾーンのオッパイは,何も興奮を覚えない。

目が慣れるって・・・ 凄いな。
暗い所に行って 数分もすると目が慣れる。
あれと一緒だ。 

20170703_215453

テルメ ウィーンを出るともう暗い。
トラムの駅で時計を見たら夜の10時くらい。

FKKで2回抜いてしまったせいか?
性欲も湧かず… この日も夜はクラブへは逝かず,夜はホテルで読書。

欧州旅行… 最初の3日間は一発もせず…
そして,ここ3日間は連続射精しているが…
実はこれがまだまだ連日続くのだ。 汗