l0499l0500

南京から蘇州へ戻ると,まっすぐ現地妻の元へは帰らず・・ 
l0497


この日もまたオキニちゃんの居る置屋へ。。

身体の相性がいいのか? 可愛いのか? この子となら何度でもできるような気が・・。 笑

そして,何事も無かったようにこの日も現地妻と添寝。

 

 l0493

 

翌朝,蘇州最後の日も 朝から1人で舞庁へ・・・。 現地妻には,友達の周さんとこへ行くと言って 一度行ってみたかった早朝の舞庁を体験した。
l0492

基本的に,人はまばら・・ 小姐は居ない。  高齢者が社交ダンスしてる。
小姐達の御出勤は午後からのようである。


日本のキャバ嬢同様に・・ ここで小遣い稼ぐ女の子達も 朝は弱いらしい。。 

l0489
l0487


小姐の居ない舞庁もつまらないので,観前街を探索・・・。 
また,3日前に予約しておいた金メッキの酉年の置物を取に来た。 
l0484


そして,味千らーめんでカツ丼を食べる。

l0482

前回は現地妻に色々とねだられたので,あまり色々と買い物できなかった。  しかし,この日は1人!! 家や会社へのお土産購入が終わると・・

l0480

昼からは 蘇州最大の置屋街へ・・・。 

l0479

途中,蘇州の不動産価格もチェック。

l0477

まだ時間は昼を少し回ったくらいだったので,置屋嬢も数が少ない・・ 20~30人くらいしか居なさそうだった。 
l0478

そして・・ 置屋では無く,道で立っていた子と交渉。
前を歩いていたら,声をかけられ 福原愛に似ていたので・・・ 変な親近感を持ってしまった。 

しかし・・

部屋に入って服を脱いだとたんに・・ ウェットティッシュを出して 自分で拭けとの事。
そして・・ ゼンギも無く, いきなり股を開いて 寝ころんだ。 汗
寝ころぶと・・ 早くしろと手招き。 まったく ムードナシ。
とりあえず・・ こっちもゴムして挿入するが,痛いからゆっくりやれと・・
奥は突くなと・・ 挿入しながらクリ触るなと・・ 注文だらけ。
これでは逝けない。

そして・・ 時間のタイマーが鳴ると もう150元で延長を請求される。
もう 嫌になり,帰ることにした・・・。 本当に,何なんだろう?
l0474

数年前に比べ,この置屋街の嬢の質がかなり落ちている。 この街(东环路)はスレ女ばかりだ。

l0475
l0476

その後は荷物もあったので,一度ホテルへ帰り,現地妻にも連絡するが・・ 

l0470

新区で友達(多分,他の男?)とお昼ご飯を食べてるとの事で・・ 15時に帰るとのことだったので・・ 現地妻の家近くの舞庁で帰ってくるまで1時間ほど時間を潰す予定だったが・・・

l0471

予定は予定・・・  1時間40分過ごしてしまった。 
l0472

 KTVで働く子と仲良くなってしまい・・・ 踊りながらセクハラしまくり。
l0473

もう手マンで右手がおかしくなるくらい頑張ってしまった。 そして・・ 右手から匂いが取れない。


現地妻の所へようやく戻り,彼女の部屋でイチャイチャした時,我慢ジルが先程逝けなかった置屋と舞庁で大量に出ていたようで・・
パンツに女性のような染みができてしまっていて恥ずかしかった。 笑
l0469

その後は 二人でまた観前街を散歩・・・。 本当に,中国小姐はぶらぶら歩くのが大好きだ。
夕飯は大好物の松鶴楼へ・・・。 私が初めて蘇州へ来た頃(12年前)は 普通の中国人は入れないくらい高価だったこの店も,今では中国人客が多い。
ダイオキシンの関係で好物の上海ガニ系料理は避けた。

l0468

そして・・ 現地妻に別れを告げ,ホテルに戻るとまたこのデリヘルの名刺が沢山置いてある。 汗