2017年1月 韓国(2) 板門店ツァー → 旅館バリ → 弘大クラブナイト

l0598c
翌朝は・・・ 板門店へ。 北朝鮮と韓国との国境である。
いつか行ってみたい北朝鮮ツァー・・・。 

この国境は,中国と北朝鮮の国境である丹東とは様子が違う。

l0598

観光地にはなってはいるが,北朝鮮軍と国連・韓国合同軍の間は緊張がある。
韓国側の立っている兵士の多くは,兵役中の大学生くらいの若者である。 相手に分からない様に皆 サングラスをかけている。
そして・・ 色々と指示しているのは国連軍,アメリカ人。

l0597

その後は,帰らざる橋を見に行った。 この場所は,朝鮮戦争後の北朝鮮と韓国との捕虜交換をした橋。

金玉姫中尉(北朝鮮の美人ダンサー) or ユナ(韓国の美人女優)

みたいなのが居たら,国籍に拘らずに ついていってしまいそうだ。
 

以前,韓国の人口の2割は北朝鮮系と聞いたが,離散家族は本当に辛いと思う。 
先程の板門店も,我々日本人は中国からツァーで入って 北朝鮮側からも見ることができる。
いつか行ってみたい。

l0597c

板門店ツァーへ行った後は,ホテル周辺を探索。 広場ではパククネ支持者たちが集会を開いていた。
国民の5%は未だパククネを支持しているとの事。 普通の国だと,大統領の職務がこのような長い期間 制限されるとなると,
たまったものでは無い。 この期間に何事も無い事を祈る。 

l0596

この日の夕方は,昨日入らなかった 旅館バリへ再訪。 
行く途中,仏光駅にある自動販売機で,可愛い女性がコンドームを買っているではないか!?
と思ったら,ナプキンだった。

もう既に頭はエロモードである。 

l0595

旅館バリは,噂通りの50,000ウォンという割安だった。
宿のオバちゃんに身体を洗って待っているように言われたので,シャワーを浴びながら待つこと15分。

ドアをコンコンと叩く音が・・・。 そして,ドアを開ける音。

しか~し!! 来たのが・・・ 40代半ばくらいのオバちゃん。 ただ・・ 当初見た時は,着ている服装から30代くらいかと思った。

シャワーへ行くために,服を脱ぎだしたら・・・ 下着は補正下着。 汗  

そのだらしのない肉体は,昨晩の20歳くらいのピチピチした美しい身体とは大違いだ。

森尾由美系の顔立ちであったので,20年前はモテただろう・・・。 しかし・・・ 目じりのシワは何とも言えない。
韓国まで来て 何をしているんだろう?

 知英(Karaの元メンバーで,日本で女優をやっている)を求めて来たのに・・・。
そう思うと悔しさが倍増してきた。 1日1回ペースでやるとしても,ここでこの日はこれで終わってしまう。 

韓国語が分からないので,Google翻訳で色々と会話しようとしたら,カカオトークを出してきた。
そして,意味不明の翻訳を見て・・ よく分からないので,任せることに。

すると,このおばちゃんは全身リップをしてきた。 乳首だけでなく,へそ回り・・・
そして・・ 脚のつま先からアソコを舐めて・・・
また この人も 私のアナルを舐めてくる。 

不本意ながら声が出てしまった。 指で乳首を攻撃されながらアナルを舐められて,アソコはビンビン。
次は,アナルに指を入れようとしてきたので それは拒否した。 
そして,そのまま私のアソコを握って挿入しようとしてきたので・・・
流石にビビって ゴムを取り出した。

韓国の風俗は,生が普通のようである。 怖
中国は肝炎すら恐れて基本的にKiss NGの嬢が多いのに・・・。

売春大国,売春婦輸出国をナメていた。 
日本の風俗嬢以上に 韓国の性風俗で働く女性はサービス旺盛だ。

正常位の時も この女性は私の腰振りに合わせて 手を私の腰に回し,自らの腰を動かして来る・・・。
日本のソープですら,最近はちゃんとこういう技を教わっていない嬢が多いのに・・・。 

そして,逝く直前に私のピストンが早くなるとそれに合わせ,逝った後は精子を搾り出すように腰をゆっくりと動かす嬢・・・。

熟女で満足したのは久しぶりだ。



終わった後は,シャワーを浴びると さっさとこの嬢は帰っていった。

1人ゆっくりシャワーを浴びて,AVを15分観て私もここを後にした。

l0594

その日の夜は弘大のクラブへ・・・。 現地の子のナンパ目的である。
途中,日本食居酒屋に長蛇の列が!! 驚  店に六本木と書いてあったが,これはどう見ても上野や下町風情だ。

l0593

クラブでは,色々な若者達へアプローチはしたけれど・・・英語を話せない女の子達ばかり。 

結局,何を言っているのか?分からないけど綺麗な子が居たので,わざと隣に座って
友達になり,一緒に踊り・・・ 午前3時頃 彼女は眠くなったみたいで一緒に帰ることにした。
l0592

Taxiをクラブ前で拾って彼女の家近くで止めてもらい 私も一緒に降りようとしたら, あれ? 私は一緒に降りてはいけないようで・・・

ホテルの場所を聞かれ・・ 彼女はTaxiの運転手にそれを伝えて,そのまま1人で帰っていってしまった。 汗

よく分からない夜であった。 とりあえず,結果はお酒とタクシー代払って敗北。


マイナス8度の中・・・。 Taxiの運転手にホテルから少し離れた所に止められ,迷子になり酔いも覚める。

l0590

深夜ではあるが,温かいものが食べたくなった。 

l0591

ホテルへ戻り,朝方就寝…