”フェティシズム” Fetishism by Japanese Tomcat ☆Amour Sucre☆

はじめまして♪ ミドサー独身のオトコでスクレと申します。仕事以外の時間帯はエロい事ばかり追及してるオス猫です。よく人の性的興奮話を聞くのが大好きです♪ 基本的に変態とは仲良くできるタイプの人間です。 性的嗜好・性的倒錯・変態性欲。。。官能的なものに,興味や幻想を抱き続け…。 万人受けする絶対的エロス! とは何か? これを人生かけて突き詰めていきたいと思ってます。 脚フェチ、髪フェチ、腋フェチです。 ☆エロティズム フェチズム☆

あと数週間もすると・・・ 
私は夏休み突入!!  

となるのではあるが・・・。  
3月に羽田からミュンヘンまで,ルフトハンザでチケットを買ったものの・・・。

仕事が繁忙過ぎて 旅の計画をな~んにも考えては居なかった。 

Croatia Dubrovnik medieval fortress town, luxury yacht harbor

特に・・ クロアチアには風俗が無いということを・・ 先ほどまで知らなかった。 
なんと!! 法律で禁止なのだ。  

そんな国が, オーストリアやスロベニア,ハンガリーに隣接してる・・
驚きだ。

しかし,法の網をかいくぐって・・ 解釈の問題,立証するのが難しくグレーゾーンとなっていたり・・・
何かしら探せばあるはずだ!!

それと・・・ 最悪の場合は,現地の素人をナンパしなければいけない!!

昨年・・・ ポーランドのクラブで2晩 クラブのナンパで無収穫に終わると言う 
大失態を犯してしまったので・・・

今回の欧州では,必ず素人女性を二人口説くのがノルマだ。

昨年は,ドイツJK3人組とヌーディスト スパで仲良くなれた分,少しは救われたが・・・
何の出会いも無く終わってしまっては,旅の醍醐味が全く無いだろう。

やはり風俗嬢が相手だと・・・ こっちも変な戦闘意識が生まれてしまい・・・
戦う! 相手をイカセル! 濡れにくい子でも,絶対に濡れさせる!!!

そんな闘争心を煽り立てられてしまい・・・ 30分以上は突きつづけ・・
脚や膝はガクガクになり・・・
  
まるで 高校時代の部活で 雨の日にグランドが練習で使えないと,
校舎の廊下で行われる スクワット ジャンプ 終了後状態になってしまう。 
ヒドイと,一昨年 コミケでナンパした子と6回やった後のように 翌日は戦闘不能状態に・・・。
相手は筋肉痛で内股で歩いて帰る・・ 名誉の負傷。



色々と・・・ オーストリアとクロアチアの情報を調べつつ・・・
オーストリアのウィーンはFKKやらNudist SPAやら色々と見つかったが,
やはりクロアチアへ行くアメリカ人は少ないのか? 
 
ユーロレイルパスでミュンヘンから ドゥブロニク ザグレブ ウィーン・・・。
これらを巡ろうと思っていたが,ちょっとまた考え直した方がいいかもしれない。

145708

そして・・ 色々と本屋で情報収集をしている時に・・

フト,女子大生風俗嬢という本が気になり・・・

お風呂に入りながら 先ほど読んでしまった。 汗

池袋に住んでいた頃, 私は JD デリヘルにハマっていた。
当時は1人暮らしで,デリヘル呼び放題という恵まれた環境にあった。
出会い系やらデリヘルやらでの・・・ ラブホ代 約5000円が浮いたので,
3回連れ込めば,1回は浮いたラブホ代でまたできた。 

しかし・・ これは,そんな女子大生風俗店の紹介や女子大生風俗アイドルの話でも無く・・

女子大生の貧困に立って 色々と取材をした本だった!! 

著作権等もあるので,深く内容には踏み込まないが・・・

ちょっと 驚いたのが, 男子大生が風俗で働くという話。

そして,話の中心は奨学金の返済で苦しむ学生達・・・。

家にお金が無くて大学へ行けないというのは,私の祖父母の世代の話だと思っていたが,
最近の家庭事情は,全くそうでもないようだ。 

私の母校でも,生徒の半数は奨学金をもらっているとのこと。

ここでは,日本の制度のあり方に対しての非難が多いが・・・
いつから 日本の 親達は そこまで 貧乏になったのだろう!? 
確かに,学費の高騰は目に余るものがある。 

私の母校でも,私が卒業してから10数年。
20万円くらい1年間の授業料が騰がっていた。

私の時代は・・・ 大学の授業料値上げで 学生たちが授業をボイコット等して
反対運動をしていたけれども・・ (それでも,授業料は騰がる)

私も将来・・ 子供がアメリカへ留学したい! 大学院へ行きたい!
なんて言いだしたら, 他の女性にお金を使えない。

そして,このブログが・・ 海外風俗では無く, 海外進学 目指せIvy League! になってしまいそうだ。
SATやACTの研究になってしまう。 怖

そんな日が来ないことを願ってやまない反面・・・

低成長でこの国で未来を望めないのなら,
人生の苦労の大半が税金でこの国に幻滅したのなら・・・
将来に悲観するのではなく,この国を出ればいい!!  




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

IMG_0872

蘇州に一泊。
翌日は太湖へ行くこととなった。

前日はKTV2件を巡り・・・。
セクハラはしたけれども,Hはしなかったので調子は良かったが・・・。

中国のバスを舐めてはいけない。
揺れまくり・・・。 若干 お酒が残っている身体にはキツイ。

IMG_0873

Sさんが仕事なので,Tさんに連れられてバスで太湖へ・・・。
カルフールもあるし, 蘇州なら暮らしていけるな~ と 当時から思っていた。

IMG_0875

太湖に着くと, まずは お昼を食べる事に・・・。

IMG_0876

このエビが生きていた・・・。 お酒と豆板醤? みたいなのに漬けてあったけど。
ピチピチ飛び跳ねていた。 周荘でも似たようなのを見たが,湖エビは美味しかった。

 IMG_0878

やはり・・ 江南料理はおいしい。 太湖でも同里でも周荘でも・・・
江南料理であまり外れは無い。

IMG_0879

ただ・・・ このTさんの魚の食べ方が嫌だった。
骨をペッペ ペッペ 出すのだ。 汗 

日本女子は御飯をクチャクチャ食べる クチャ男 や
口を開けたまた食べる パク男 
等を嫌がるが・・・。  

ど~も 置屋の子がフェラした時のように ペッペ ペッペ
女子がペッペとする光景は 私はニガテだ。 涙
あ・・ 無論,男でも無理だ。

IMG_0881

それと・・ もう1つ よく分からなかったことがある。
Tさんが みかんの皮を剥いて 綺麗に白い筋等を取って 私にくれるのだ。
女子力が高いのか? 低いのか? 日本の升で計ってはいけない。

ちなみに・・ みかんはバケツ1つで10元だった。 汗

太湖は綺麗だった。
そして・・ 高級な太湖石は,もうこの湖中には無いらしい。

小笠原の赤サンゴでは無いけれど・・・

中国人の密漁は半端ない。

根こそぎ漁法なのだ。 全部 お金になると知ったら 取っちゃう。 汗

IMG_0892

太湖から戻ると,獅子林へ行くが・・ 
もう 閉園時間だった。 

IMG_0896

拙政園はなんとか手前の茶屋だけやっており,お茶を飲む。

IMG_0905


そして・・ 蘇州の繁華街,勧前町で帰ってきたSさんと3人で食事。

IMG_0908

この時期は,中国で 鳥インフルエンザの問題が過熱しており・・・
誰も鶏を食べなかった。 

IMG_0907


 IMG_0906

当時はSさんやTさんに連れられて・・ 何処に居るのか? すら分からなかったけれど・・・

蘇州が中国で一番居心地が良くなり, 今では上海に用事があっても・・
 
わざわざ泊まる所は蘇州を選んでしまう。 。 







ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

IMG_0863
2005年冬 蘇州駅 (今の蘇州駅は新しくもっと大きい。 旧蘇州駅)

Sさんが蘇州に来て欲しいと言うので,上海から 1泊2泊で行った。

この時,和階号は未だなく・・・。  普通に上海駅から電車に乗り蘇州へ・・・。

IMG_0864
 
当時,蘇州ではこのような信号がどんどんでき始めた。

日本でも ,こういうあと何秒的な信号があればいいのに・・
とせっかちな私は思ってしまう。

IMG_0865
 
蘇州の商業街はこんな感じ。 ここで,Sさんと待ち合わせした。

当時は蘇州舞庁を未だ知らなかった。  

そして・・ この街で,Sさんだけではなく・・・

複数のKTV嬢と逢瀬を重ねることになったり・・・
舞庁で知り合った子とワリキリをしたり・・・
現地妻を持ったり・・・
置屋嬢へ入れ込んだり・・・ 

2012年以降,私が一番行った海外の街は蘇州なのだ。

IMG_0869
新区 商業街で二人してご飯を食べ・・・

IMG_0870

Sさんと別れてホテル周辺を探索。 そこには新区商業街が・・・
彼女はこの近くに住んでいて,ここの近くのホテルを予約してくれた。

もしや? エロい私に気を遣って?? ここにしてくれたのか? 笑

ちなみに・・ これから7年半後,私はここに住む女性に舞庁で惚れて。。
気づくと,その子の家に入り浸り・・・ 帯同ならぬ 現地妻となってしまうのだ。

私が厚かましいのか? 出会った当初の彼女がとても優しかったのか?
今じゃ 現地妻とのWe chatも冷え切っている。 この3か月半会ってないし・・・。
彼女が帰って行った 武漢へ行く予定も当分ない。  
もう 彼女は蘇州へは帰って来てはくれないようだ。 

よく分からないが,武漢で姪の世話をしている。
彼女のWeChatのタイムラインも姪の写真ばかり。
大体1歳くらいだろうか? 可愛い。
 
Oさん曰く,妹の子では無く 現地妻の隠し子では? と聞いてきたが・・
この2年間・・・ 彼女のお腹は一度も大きくなっていないし,
膣圧も全然大丈夫だったので,それは無いだろう。 

IMG_0871

この2005年頃の新区のKTVはとても良かった。 
私がKTVデビューした頃,客の多くは日本人であったし,おっぱい揉んでもそんなに煩くは無かった。

工業区等で働く日本人駐在員の現地妻と言うステータスが欲しかったのだろうか? 
地方から出てきた小姐達にとっては,日本人=お金のなる木。 だったのかもしれない。
何もしなければ,2時間250元くらいで飲めた。

日本へ帰ると,ここで出会って住所を交換したKTV嬢などからポストカードがよく届いた。

当時とは違い,今のように中国人が日本に来るVisaが甘いと,押しかけてくるかもしれないので・・・ 
KTV嬢との連絡先交換はWeChat程度に留めておいた方が良いかもしれない。 笑 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2005年の上海。

当時の中国雑技団の公演は,ほとんどの客が中国人で・・・
外国人なんて全く居なかった。

今と違って 全部 中国語。 
本当に英語表記のパンフレットすらなく,大変だった。

チケット カウンターでも英語が通じず・・・
Sさんに電話して交渉してもらう始末。 サンガレン! 晩 晩! 
こんなことしか言えなかった。 汗
IMG_0774


IMG_0748

フト・・ 思い出したが, この時に私は 伊藤歩 系の 美女に躓いてしまう。
Fちゃんと言って 写真を撮ってくれるように 頼んだら
(私は,写真を頼むときは必ず美女に声をかける癖がある。) 
片言の英語で色々とお話をして 友達になった。
当時はE-mailとicqというチャットを使っていたけれど・・・。
いつの間にか,音信普通になってしまった。 

一番の原因は,この後,私は大阪からアメリカへ引っ越ししてしまい,
時差が13時間もあり,大阪に居た頃の様にチャットの時間が合わなくなってしまったのだ。

シカゴへ移ってからは, 当分 中国へ戻ることはなかった。 
2年間,中国大陸から遠ざかってしまった。

IMG_0741

北京とは違い,まだ12年前の上海はマスクなしでも過ごせた。

そして・・ 浦東を外灘から眺めても・・・

上海中心も上海フィナンシャルセンターも当時は無く,色々とネオンが綺麗だった。

今では外灘クルーズしたら上を見上げるけど,当時は一番高くてもジンマオタワーだった。

地震の起きやすい土地柄,日本には300mを超す高層ビル(電波塔なら2つあるけど)
が1つしか無いけれども,中国や中東諸国はこういうのが好きなんだろうな・・・。 

IMG_0780

そういえば・・ 上海のOさん,Tさん,そして蘇州のSさん・・・
何故か? 皆 豫園へ連れて行きたがる。 
気づくと私は・・ 豫園へ計5回行っている。 汗

Sさんと。 ツァーで。 Tさんと。 虹橋の日式KTV嬢と。 現地妻とのデートで。

内部へ入らないことも多々あるので・・ 豫園商城なら,その倍は行っているかもしれない。

私がとりあえず外国人を浅草へ連れて行くのと同じ感覚なのだろうか?

 IMG_0782

ちなみに,それだけ行っておきながら・・・
豫園商城の中で御飯を食べたのは1度しかない。 
聞いてみると,あまり値段的にも美味しさ的にも中国人達に評判が良く無いからだ。

 IMG_0800
IMG_0801

2005年当時の南京路。 当時はティーガールはあまり居なかった。 というか,声をかけられなかった。
ただ単に 私が若かっただけかもしれないけれど・・・

逆に・・ 偽ローレックス。 おもちゃ。 小姐按摩。 観光ツァー。

そんな勧誘ばっかり。  汗

IMG_0844

今迄に20回近く上海に来ているのに,外灘観光トンネルは1度だけしか乗っていない。

IMG_0857

その1度とは,この2005年の12月。 

 IMG_0853

こちら側(浦東)に降りて・・・。
ここにエロの性博物館があったのではあるが・・

その存在を知ったのは,これから2年後。

そして・・・ 浄化政策の名のもと・・
現在は無いようだ。

IMG_0855

地下鉄2号線やら タクシーやら・・・

気づくと, 外灘を渡るのにこのトンネルを使う事は,その後1度も無かった。

 

2005年 冬の上海。

IMG_0697
12年前の南京西路

当時の上海は地下鉄1号線と2号線しか無かった。

今の武漢のように彼方此方で地下鉄の工事をしていた。

IMG_0734

その一方で・・・ 2001年にWTOに加盟して以降,あちこちの建設ラッシュで多くのビル群は既に建っていた。

IMG_0733
 
2004年・2005年と中国へ仕事とプライベートで行くようになるのではあるが・・・。
当時は日本の金融機関も中国へどんどん事務所を作っていた。

そして・・ 対中投資と言う事で,中国株ファンドを設定してはよく売れたものの,
投資先の多くは香港に上場している中国企業であった。

IMG_0709

この頃・・・
上海で私が夜な夜な行ったのはサウナでは無く,Rojam や Real love という クラブだった。

当時・・ 私はサウナや会所というものを知らなかった。

KTVと小姐按摩しか知らなかった。

でも, クラブへ行くと当時の日本人はメチャクチャ モテたのだ!
未だ中国人達にとって,日本が憧れの国だったのだろう。 
それと・・ 私も20代半ばだったこともあるのかもしれない。 

女子達が向こうから来て・・・ 本当に楽しかった。
今じゃ 中国で 若い女子からアプローチをかけられると, ボッタくり茶屋へ連れて行かれたり,
高価なものを強請られるのでは無いかと逆に警戒してしまう。 笑

 IMG_0750

当時の上海では・・・ なにか食べたら胃を壊すと思っていて・・・
外資系ホテルに入っている日本食レストランばかりに行っていた。
あとは・・ 伊勢丹の中にあった日本食レストラン。 

しかし・・・
大阪で通訳をしていた,Sさんが中国の出張所で働くようになってから 状況が一変
彼女の通訳で色々と市中へ出ることができた。

IMG_0759

時の首相は小泉純一郎だったのだが・・ 小泉さんも行ったという 王宝和酒家

 IMG_0763

 やはり,上海蟹は美味しく・・・。 この頃から,秋も深まると上海蟹を食べたくなるようになる。

IMG_0770

Sさんと静安寺を行った帰りに,近くのマッサージ店へ。
この時,私はボディ・マッサージを,Sさんは足浴をしたのだが・・・

通された個室で,お姉さんから アソコ も マッサージする?的なお誘いがあった。
追加料金は50元。  流石に,Sさんが居たので断ったけれど・・・
そんなことするようには思えない,普通の真面目そうな子だったので,今だったら大興奮したかもしれない。

IMG_0771

 ちなみに,この時の上海で 私がよく行ってたのは,天津路にあるマッサージ店。

ここは,南京路を歩いている時に マッサージ マッサージと言われて,
マッサージのメニューを持った御兄さんに勧誘されて・・ 

そのメニューの2ページ目には,セクシーなお姉さんが脚で背中をマッサージしてる写真が・・・。
そして,入ってみたら300元で本番OKなお店だった。

あとは,北京路と河南中路の交差点付近の2階にあった按摩店。
ここも個室に入って マッサージなのだが・・・  テコキ無料。 本番+350元であった。

この頃の上海は,どこの按摩へ行っても裏メニューがあった。
それと・・・ 深夜でも余裕でやっていた。
  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sさんを北京駅で送り・・・。

北京駅そばのエロマッサージへ寄り・・・

そして・・ ホテルへ戻って,四川火鍋の店で 1人寂しく ディナーを食べ・・・

ホテルの部屋へ戻って30分くらいだろうか?

マッサージの電話がかかってきた。 汗

Sさん滞在中の2日間は,どこからも電話がかかってこなかったのに・・・。

このタイミングは一体なんなんだ?



私は,2時間くらい前に北京駅そばのマッサージで出したばかりなのに・・・ 

3日前に来た安徽出身のJD20歳!!が,また来るかもと思い・・・。

即答。 

しか~し・・ 来たのは20代半ば・・ 何処にでも居そうな女性だった。

この嬢も最初は普通のマッサージ・・・。 汗

そして・・・ 最後の方になると私のアソコをパンツの上から触ってきた。

私は,3日前のJDにまた会いたくて・・・ 
このマッサージの子に知らないか 色々と筆談で聞くものの・・・
上手く意思が通じず。

3日前に来た可愛いマッサージ師の名前だけでも聞いておけばよかった。 残念

ただ・・ この子と筆談していて色々と分かったのだが,このホテルにマッサージ嬢達は住み込みで働いているようだった。  だから,電話後10分で来るのか・・。

私は,この子とでは無く,最終日夜は3日前にお会いした可愛い子としたかったのだが・・
どうもそれもムリらしく・・・。
気づくと,この子がパンツの隙間からオティムポを生で触ってきたので・・・ 

私もスカートの中に手を伸ばしテマン。 上手くクリの位置を指で掴めなかったものの・・・
濡れているのは分かった。 

仕方なく,相手のパンティを脱がして そのままスマタをするかのように オティムポ様をすりすり・・・
すると・・ 相手が私のアソコを掴んで入れて来た。

当時の北京は 本当に衛生観念が無かったのだろうか? 
生でそのままやってしまった。 後にも先にも・・・。

中国国内で,生でやったのはこれが最初で最後だ。
しかも・・ 値段の交渉もせずに挿れてしまった。 

そして・・ 良く分からないまま中出し。

相手は私の事を軽く叩いて来たけれど・・・。 愛情表現だろうか?
そして・・ 洗面所にあった ホテルのアメニティから 下のモノをとってきた。

Beijing 118

これは一体?

Beijing 119

殺精剤!?

おま〇こから私のを出して,シャワーを浴びて・・・。

その後・・ 困ったことに, この日 私が寝るベッドの上でおま〇こにジェルを塗っていた。 汗
 
そこにおま〇こから残精子が滴り落ち,ジェルが零れ落ち・・・。 私の寝るスペースが・・。 汗

愛液 と ジェル と 精子の混ざった匂い。

この嫌な思い出以降・・・ 中国でホテルを取る際には, 
ダブル ベッド と ツィン で 料金があまり変わらなかったら,
ツィン ベッド ルーム を取るようになってしまった。 

幸い,この時は夏で掛布団の上に寝るということもできたのだけれど・・

ジェル 精子 愛液 ・・・。 これが混ざった変なにおいが 朝までしていた。 汗

次に泊まった人に申し訳ない。 汗

もしも あの時代に WeChat やら 翻訳機があったら あの最初の日の夜に来た
マッサージ嬢を口説いていたような気がする。 あのHの時の声が今でも忘れられない。

現地妻の美しさも, 虹橋サウナの美脚の子も・・・
あの最初に来たマッサージ嬢のような喘ぎ声には敵わない。

ただ・・ 当時20歳だったあの子も今は32歳? 

と言う事は,当時の現地妻は14歳で・・・ 
蘇州のオキニの置屋嬢は当時12歳?

10年後・・ 私が買うのは,今の小・中学生 と 考えと少し恐ろしくなってくる。 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

万里の長城の帰りは,盧溝橋へ行った。

43101318_1818298862_175large

2005年当時・・ 当たり前だが,観光客など居ない。
近くの城壁には 昔の砲弾の跡があったが・・・。 いつの時代のモノかは分からない。

Beijing 108
橋は比較的新しく・・。 昔,資料で見たものと違うな~~
と思ったら,戦後建て替えられたモノであった。

歴史の教科書に出てくる昔の盧溝橋は数百メートル離れた所にあったらしい。

盧溝橋の両脇には,ゴザやらレジャーシートを敷いて
ライチやら,くるみやら売っている人や
魚やら風呂敷やら・・・  小さな物売りが数件あった。

 Beijing 115

夕方の7時ごろにSさんを北京駅へ送り・・・。

Beijing 116

その後は1人で北京を探索する。。。

もちろん,北京駅近くのマッサージ店へ。 笑
今もあるのかは分からないけれど・・(8月にチェックしてみよう。)

欧式按摩を選択!!

そして・・ 個室へ通される。

フリーで入った時の日本の風俗もそうだけれど・・・
どんな子が来るのかな~~? という あの 待っている時間のドキドキ感が好きだ。

それが・・・ この時来たのは,ぽちゃった 40前後のおばちゃん。

ええええええええええええ・・・

当時20代半ばの私には,私はこんな奴とヤル為に北京へ来たわけでは無いと憤る。
マッサージ中, 終始不機嫌であった。 

最初はパンツ1枚のオイルマッサージで始まり,終盤 そのパンツも脱がされて
オイルを沢山塗られて シコシコ・・・。

そして,ティッシュでティムポのオイルを拭かれ・・・
そのまま口の中へ。 汗

その後は,そのおばちゃん ズボンを脱いで 私にまたがり・・ ずぽ・・・
あれ? 生はヤバいじゃん!!  そう思い,急いでゴムを取りだす。

相手が相手なだけに・・ ゴムを付ける時にはもう萎えていた。

おばちゃん また 口で立たせて そして ゴムを私が装着。

騎乗位で昇天で来たものの・・・  
頭の中では,3日前のホテルへ来たマッサージ嬢を思い出しながら逝った。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

↑このページのトップヘ