”フェティシズム” Fetishism by Japanese Tomcat ☆Amour Sucre☆

はじめまして♪ ミドサー独身のオトコでスクレと申します。仕事以外の時間帯はエロい事ばかり追及してるオス猫です。よく人の性的興奮話を聞くのが大好きです♪ 基本的に変態とは仲良くできるタイプの人間です。 性的嗜好・性的倒錯・変態性欲。。。官能的なものに,興味や幻想を抱き続け…。 万人受けする絶対的エロス! とは何か? これを人生かけて突き詰めていきたいと思ってます。 脚フェチ、髪フェチ、腋フェチです。 ☆エロティズム フェチズム☆

13 

メイド喫茶後… 友人は私とまたウェイウェイちゃんのエロ・バーへいつものように行きたかったようだけれど… 私は疲れていてホテルへ戻ることにした。

翌日は13時半過ぎのヒコーキだったので… 翌日10時にはホテルをチェックアウトして空港へ向かわないといけない。 ちょっと 帰りは少しゆっくりしたかった。 

14 

浦東の真ん中くらいをぶらぶら… タクシーに乗って昔行った置屋街やマッサージ街等へは行く気もせず,ちょっとビールと春巻きを食べた後は周囲を歩くけれど‥ 中心部と違って,人が少ない。
遠くに見えるディズニーの光が少し漏れて… 浦東新区のビル群は曇って見える。
プライベートで来たとはいえ… 陸家嘴に行かないことも珍しい。

16

歩き疲れて… この日は早々に就寝。 翌日は9時まで爆睡し…  そのままタクシーで浦東空港へ。ラウンジで朝食兼昼食をたくさん食べて…。 またANAの機内で爆睡。

スッチーが機内サービス中に私が寝ていたので,座席シートに軽食のシールを張ってくれたけれど…
もう 日本が目前だと, 早く 刺身を食べたい。 爆

20171102_203718

そして…この日は そのまま 首都高で与野まで行き,川越のT山先輩と食事。
色々なアリバイを頼む。 謎

1週間,色々とあったけれど… かなり内容の濃い蘇州であった。

帰国後,もう年内は行けないけれど… また来年も上海へ行ったついでに蘇州へ行こうかな?
と… 思っていたけれど, ここから2週間半後… また 上海へ週末2日で行くことになってしまう。

プライベートでは無く… 仕事のトラブルで…。 汗
しかも… 前回懲りた中国東方航空。 

その一方で… 重慶や武漢へはまた行きたくてうずうずしている。

現地妻が心配なのもあるけれど… やはり,彼方此方の小姐達と肌を合わせたいからだ。

先日,友人から 日本女子と中国小姐…
どっちがナンパし易いのか? 尋ねられたことがある。

正直… どちらも難しい。  日本女子はすぐ友達になってくれる一方で,最後までとなると かなりガードが堅い。 クラブに来るような女子達はお酒も入っている子とか,ヤリマン系ばかり私が狙うせいか? そのまま連れ込みやすかったり,出会い系女子はそっちがある意味でも目的なのでやり易かったりするけれど…  普通の素人女子となると,かなりのプロセスが必要だ。

その一方で… 中国小姐は出逢いからHまでの時間が短いようでいて… 日本女子と違い,股を開いた後でも心は開かない。 

ただ… 日本人は中国小姐達にはモテると思う。 10年前ほどでは無いにせよ‥ 
コンナ私のような35歳を過ぎたオッサンでも20代の小姐達が結婚したがるからだ。

中国小姐は未だ 年収,学歴,不動産…。 この3つがネックになるようだ。
そして… 我々世代の日本男児の多くは彼女達が要求するもの以上のモノを持っている。 

また,農村出身女子達にとっては 日本のパスポート,日本滞在!! という言葉に未だに心を惹かれるようである。 それは,子供の頃に彼女達が見てきた 近くに住んでいた人が日本に出稼ぎに行ったら豪邸が建った的な夢物語だろう。 TVで見る日本の綺麗な家,清潔な空間,礼儀正しく優しい文化,アニメの世界…。 日本へ行けば人生が変わる,貧困から脱出できると望みを持ってしまって居る。

彼女達が私に求めるモノは,きっと 国籍 と お金 と 安定した暮らし と 優しさ なのだろう。 決して,私自身の男としての魅力では無いはずだ。 

しかし… 湖北出身の現地妻に見られるように,彼女達と付き合うのは本当に大変だと思う。
自分に他にオトコが居ようとも… 私が他の女性と仲良くするのを決して許さない。
普段は優しい彼女も… 他の女が近づくと,その女を睨みつけ ヒドイとその子に手を上げる。 怖
そして… 隙あれば何か買ってもらおうと思う。 そして,プレゼントがいかに愛されているかを計る 彼女達の幸せのバロメーターでもある。 

その一方で,中国小姐はあまり口説きなれていない子が多い。
特に,上海では異性の悪口ばかり言われて育っているせいか? 褒め殺して,甘い言葉でなびく子も多いような気がする。 しかし‥ それ以上に彼女達が求めるのは… 礼物。紅包。
この世に愛は無いのか?と思ってしまう。

12

舞庁などでもそういうオンナが多い。 

そんな中で… 彼女達は外貨と外資系化粧品で益々美しくなっていく。 
昔の上海KTVでは無いけれど… 日本人のオトコを捕まえると,中国小姐は画期的に美しくなる。

日式レストランもまた,日本人が一人入ると画期的に質が向上するけれど…
日本オス猫達のこの影響力は,アニメやAVだけには留まらず,韓式とは違い精神構造内部まで浸食するようだ。

11

話を中国小姐のナンパに戻すが…
私は上海以外ではあまりナンパをしたことが無いので分からない。

経験上だけれど… 上海に居る可愛い子の9割は地方出身と考えていいだろう。

私には良くは分からないのだが,私のナンパにいつも同行してくれる上海で生まれ育った友人は… 
私がナンパする子達があまりにも皆 方言が強いので困るらしい。 
そして,彼が言うには… 上海はブスの産地。 性格も悪い。

嘘か本当かは分からない…

でも,地方で生れ育った小姐達の身の上話を聞くのが大好きな私はついつい突っ込んでのめり込んでしまう。 女性の職業や年齢,出身地を聞くのがあまり失礼にあたらない,中国のプライバシー意識の低い慣習も,私にとっては聞きやすい環境だ。

色々と小姐達の身の上話…。 多くは,苦学生やら家に仕送り… 半分は嘘と思っていいと皆言うけれど,私にはそうは思えない。

現代では宗族意識は薄れていったようだけれど,それでも実家へ仕送りするKTV嬢や置屋嬢達。
上海では,子供を学校に通わせられないので… 子供を地元に置いて,出稼ぎに来る小姐達。

日本と違って,かの国にはセイフティ・ネット等も無い。
私の浮気や風俗好き… 女好きを正当化する気はあまり無いけれど…。

どうか,日本オス猫の方々には彼女達を助けてあげて欲しいと思う反面…。
騙されたり,彼女達を調子に乗せたりもしても欲しくはない。 笑

彼女達も弱者,中国共▲党に搾取されている側と言う事を深く理解して同情する反面… 
反日デモのように,時にはそのうっぷんを我々に向ける小姐も居るので注意したい。
彼女達が貧しいのは,我々日本人たちのせいではない。 
彼女達から,妬みや嫉妬を買う言われなき理由も無い。

利権や,土地収用,リベート,我々外資に対する規制,賄賂の要求,利益供与の要求…。
中国で仕事をすると,我々 外国人が間接的に搾取されているようでいて,実際に搾取されているのは国内の弱者達なのだ。安い賃金で働き,搾り取られ… そして,階層での差別,戸籍での不条理。

蘇州のような街ですら,就職で優遇されるのは現地の戸籍の人達。
田舎から出てきた彼女達が這い上がる手段なんて本当に限られている。

普通の工場やレストランの服務等では食べていけない… 
週末に舞庁で小遣い稼いだり,夜は置屋で働いたり…

普通に働くのがバカらしくなって,本格的にサウナやKTVで働いたり…

しかし,それだって 若くて可愛くないと稼げない。

需要低下で風俗不況の日本同様に… 
供給過剰の中国でも H中に嫌で目をつぶったり,自分の神経を守るために プライドだけ高くなったり… そんなヒドイ風俗嬢が多い。

しかし,中国は厳しいなと思う所は…  
結構,客達が文句や悪口を言う。
そんな風俗に向いていない嬢達は,サウナのママに嫌われたり,
市場原理ですぐ競争に負けて居なくなってしまう。 

上海のエロバーで雲南の山奥の貧しい家から出てきたウェイウェイちゃんとお喋りする時にいつも思うことがある。

彼女は中学校までしか出ていない。しかし,私と普通に英語で話せるくらい 語学ができるのだ。
そして… その愛くるしさで,私から精液とお金を搾り取る…。

私が彼女と同じ環境で生れ育ったら,どうやって這い上がるのだろうか? 唯一の彼女の武器は可愛らしい顔立ち。 その美人をいかに活かすか? バーに来て中国人よりお金払いの良い欧米人や日本人を垂らし込むにはどうしたら良いか? 外国人客を独占する為に彼女は必至で英語を学んだのだと思う。

そんな彼女達を見ていると… 日本の貧困女子達は,自ら選んで貧困になっているようにしか思えない。 日本には未だ未だ稼げる機会が多々あるのだ。 そして,私もまた 腑抜けた日本経済の中におおいて‥ 仕事への活力,稼ぐエネルギーを中国小姐達から貰っている。 本当に,この閉塞感のある社会での仕事へのモチベーション喚起には彼女達の不屈の精神に感化されるのは,もってこいである。

這い上がる向上心‥ 上昇志向の強い けたたましい中国小姐達のエネルギーは 我々に色々なことを気づかせてくれる。


 ブログランキング・にほんブログ村へ

10 
蘇州最終日。 
この日は午後から上海へ戻り… 翌日の昼過ぎには東京へと帰る予定だ。

何だか,楽しい時はあっという間。
仕事以外で来る中国は最高過ぎる。
イヤ… 仕事でなければ,何処でも天国だ。

私の場合, 健康診断 や 勉強会 で職場を少し抜け出すだけでも幸せを感じてしまう。
32
 
この日は朝から,昨年の浮気相手?では無いけれど… 
ずっと微信をコマメに返信してくれる相手へ会いに行った。
いつも美美舞庁に居るので,この日の前日も探したけれど居なかった。

ここ数か月,私の中国語が若干 上達したのは… 蘇州JDと,昭和通りの按摩嬢と,この彼女のおかげである。 
31
夏場は御飯だけのデートを1回したけれど…
その時にお土産を持ってこなかったら不機嫌だったので…。

その時に何が欲しいか?と聞いたら 香水! シャネルの5番!! 爆

普通… 中国小姐は私を見ると日本人だから資生堂やらコーセーやら言うのに…。 
シャネルのCOCOやらNo5 No11… この辺が,ババ臭いと思うのは我々世代の感覚だろう。

LancomeやLanvin,Jill StuartにCROEと言った日本女子(特にキャバクラ嬢)が最近着けている臭いでは無いので… 何というか… 我々世代にとっては,母や祖母世代の香りだ。

11 

とりあえず… プレゼントを持ってきたので一応 渡す。
1万2000円くらいのプレゼントでここまで喜んでくれる小姐も珍しい。

やはり… KTV嬢達が狂っているのだ。 庶民というか,普通の舞庁でバイトするくらいの小姐はこれで十分なのだ。

しかし… あれ? この子‥ この日は化粧が薄い。 何というか…。 ナチュラルメイクでも無く…
ファンデーションを薄く塗った? ほぼ ノーメイクじゃないか!!

寝起き シャワーだけ浴びてきたような? ファンでを少し塗ってるだろうか?
所々‥ はげている? 朝まで男と絡んだ後か? 色々と邪推してしまった。

美女といえば 美女なんだけど… ある意味で まったく別の子になって私の前に現れた。

12 

時間が30分くらいしか無いそうなので… 一緒にお昼を誘われて…
二人して急いで食べて…

観前街を一緒に散歩…。

そして… 電気屋へ!!  え… 何か未だ欲しいの?
そんな子だったっけ? 

と 思ったら…

彼女の朝の御仕事は,国美電器の店員であった。 汗

33

御丁寧に… 翌日,私との食事をいつものようにUPしてくれた。

ちなみに… 昨年,この子に日本へ一緒に連れてって欲しいと言われたけれど…
その後,私が中国語でばかり微信するせいか? 彼女の日本語は一向に上達せず。
気づくと… 彼女が私の中国語を手直しするようになってしまった。

クレヨンしんちゃんやドラえもんを子供の頃から見ていても,あまり日本語は覚え無いようだ。

13

彼女と量販家電店でバイバイした後は… 
JDにもお会いしたかったけれど…
 
この日は居ないらしい。 仕方ないので… この街を後にすることにした。

14 

去る時だけは,いつもこの街が名残惜しい。
この街が大好きな理由は…。 
色々と思い出が詰まっているからだ。

15 

あと2年くらいで この街にできる中南中心ビルは729mになるらしい。
6年前に,東方之門へ初めて登った頃は,ここに摩天楼ができるとは想像もしなかった。

16
そして, 相変わらず… 蘇州駅は混んでいる。
春節・国慶節前でもないのに… 共産党大会期間中は警備が物々しい。
割り込もうとする人達が多く‥ ポジショニングが大変だ。
スマホいじってボーっとして前が少しでも空くと強引に抜かされる。 爆

17 
和階号で上海へ…

18
蘇州から上海まで… 蘇湖熟すれば天下足る‥
そんな農村地帯が10年前はずっと続いていたのに…

高圧線が増え… 住宅も増え…
まだまだ中国はダイナミックに発展しているのである。

19 

20
この日の夕方は 友人と上海の新天地で会う約束をしていたので… 
上海駅からは地下鉄で新天地まで向かった。

21 
新天地は相変わらず お洒落だ。
昔は外国人ばかりだったけれど… 今では 中国人だらけだ。
小皇帝たちが走り回っている。

22 

23
カップルまで居る。
1時間前まで蘇州に居たせいか? 妙にハイソに感じる。

24 
そして… 友人と合流。

”日式KTVはダメですよ!” ”また 北朝鮮レストラン?”
最初の言葉がこれだった。 爆 

彼は 北朝鮮ガールに会いたいようだったけれど…

やはり,この時期に 北朝鮮レストランへ行くのは,日本オスネコとしては,同胞達から かなりの非難を浴びる。

よって…

25 
日本のサブカルチャー レストランへ。 笑

この辺りは… 大分前に周恩来の故家を見に来たのだけれど…
結構変っている。 お洒落な店から… 個性的な店へ変わりつつある。

また,大昔に香港に上場していたトアル日系音楽会社の件で顧客達に大変迷惑をかけたせいか? その関連クラブがあった衡山路の方を見ると未だに胃が痛む。

26 
友人が,こちらの店員と話をしていると… メイド・カフェはここでは無くて近くの姉妹店だと言うので そちらへ移動。
27
新天地へは,FrancFrancへ昨年 現地妻と買い物に来て以来だったけれど,メイドカフェがあったとは知らなかった。

それにしても… 御飯はマズイ!!
飲み物も何だかヤバそう!! 

そんなかんなでメイドを交えて皆で談笑。

面白い事に… 3時間くらい居たけれど… 客は我々二人だけであった。
立地柄… 他の店は客がいっぱい。 爆

友人とはとりあえず… 色々とお話して…
また 風俗新規開拓することで一致 及び 日本へ来たら また 吉原を案内する約束をする。 (と言っても… 今は中国人お断り店が減って来たので,私が吉原のソープ店と交渉する手間も昔ほどは無いけれど…)

41 

40

この時期は,虹橋で数件。
安全なのは蘇州と上海の間の昆山のサウナ。

それくらいの情報しか無かった。 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

11月中旬の日曜日…
T山先輩に誘われて御茶ノ水女子大の学園祭へ行って来た。

190706 

エプロン姿のJD。 制服姿のJD。 袴姿のJD。
私の母校と違って… 黒髪女子の比率高し!! 
女子の花園ならぬ… パラダイスへ来た気分。


190709 

T山先輩も… 育児そっちのけで 彼方此方の女子に話しかける。
しかーし。 あれ? 卒業生?? 現役生は観劇には少ない。

そして… 可愛い気に入った子がタピオカ売り場に居たので…
何度も通うT山先輩!! 汗


190708 

女子大だけあって… 売店がカワイらしい。

190712 

食べたい…。


190713 

この手作り感。 素晴らしい!!


190710 

そして… 指圧まで! 
( これは 女学生がやってくれるのではないので… T山先輩の様に変な下心で行くと… おじさんに 痛めつけられるだけだ。 )

190707
ちなみに,一番人気は この きいちゃんだった。

190701 

私の方は,18時過ぎにSNSで知り合った 自称保母さんと 映画を観に行く予定があったので…
途中でお暇させてもらった。

来たのは… 28歳の幼稚園の先生。 身長は150㎝も無いような感じで,小柄の可愛らしい子が来た。
普段の私であったら,テンション アゲアゲ♪ なんだろうけれど…

先程まで女子大でJD達を相手にしていたせいか? あれ? オバサンだな~と思ってしまった。
ホウレイ線。 目尻。 ほっぺが平面…。  あのJDのほっぺのプニュプニュ感は無い。

映画の内容は… 主人公がおじいちゃんが死んだ時にセックスをしていたという罪悪感から始まる内容だけれど, 日本の田舎の田園風景。 何かだか良かった。 幼稚園の先生は泣いていたけれど… 何処で感動したのかは分からない。 情緒不安定なのかな? と 思った。

初対面だったけれど,そっと肩を抱いてあげたら…

涙を流しながら… ”お腹空いちゃった~~!!” 

もう。コイツ 嫌だ。 爆

彼女の家が田園都市線と言うので… 新宿から渋谷へ移動。

そして… とりあえずは居酒屋へ。

会う前にLineでエロいやり取りをしていたとは言っても… 初対面。
全く 個室居酒屋に入るまではエロい話は無かったけれど…。

幼稚園児でも勃起する話に始まり… 可愛い男児を見るとChuしたくなるらしい。 汗
根っからの変態だった。

個室居酒屋で向かいに座っていると,彼女がトイレへ1度行き…
戻ってきたと思ったら,彼女の方から私の隣に座ってきた。 そして… 甘えてくる。

背が低いせいか? 幼児体型に見えてしまったけれど…。
セーターの隙間から見える ムネチラで 私のオティムポ様も フル勃起状態。

居酒屋ではいい子いい子や太ももくらいの軽いボディタッチで私も紳士を装っていたけれど,居酒屋を出たら彼女の方から手を繋いで来たので…

22時には道玄坂の某宝石の名前を冠したラブホへ…。 

入ったとたんに脱がして一戦。 彼女にゴムを付けてもらったけれど,手慣れていた。 汗
しかも… いきなりのフェラ。 クンニ苦手な私はクリだけ舐めてごまかす。

そして… 挿入!!  ずっと正常位だったけれど… オッパイの弾力が良かった。
筋トレでもしてるのか? いぁ… この腹は何もしてないお腹だ… 
そう思っていると… 彼女のアンアンという声と抱きしめられて感じる体温が熱かった。

どんどん突いていると射精感が…

すると… 何だろう? 銀杏の臭い?
突けばつくほど… 彼女のアソコから漂ってくる異臭。 
性病では無いよね?  と 思いつつ1発終了。 

量は出た。 彼女に飲んで♡ と言って,ゴムと銀杏臭のコンドームから精子を出して口には入れてくれたけれど…
微笑みながら… ティッシュにドロ~と吐き出された。 汗

お互い笑ってしまった。 

そのままイチャイチャしようと思ったけれど,彼女がシャワー浴びようか?というので‥

シャワーを交互に浴びて… ホテルの湯船を張り… 一緒に湯船に入りながら談笑。 

自衛隊とサザエさんで‥ だいたい何処に住んでいる子か分かってしまった。 汗 
そして… どうやら,この幼児体型ロリ系ぶりっ子娘は相当ヤッテル子のようだ。

翌日は仕事があるから早朝には帰るので もう寝ましょうとの事。
0時には二人して就寝。

早朝… 彼女は朝5時半にラブホを出て行った。
私も一緒に出ようとしたけれど… 仕事休みなら寝てていいよとの声に甘えさせてもらった。

190702 

9時半頃… ホテルを出て… 翌朝は昨晩の思い出に浸りつつ…
萩本欽一のドキュメンタリー映画を1人で観た。

平日の昼間から映画だなんて‥ ありえない… と思いつつ…
どういう観客が多いのかな? と 周囲を見渡したら…
高齢者ばかり。 やはり そうだよな…。 

190703 

それにしても… 萩本欽一さんって 凄い人なんだなと改めて思い知らされた映画であった。
私も歳を取っても夢を追い続けたい…。 


 ブログランキング・にほんブログ村へ

昨年,私は中国へ ドンキで買った安い加湿器を持って行ったのだが… 現地妻はそのおかげか? 昨年は蘇州で風邪を引かなかったらしい。 また,これはアメリカ時代の私の上司がよく言ってたけれど… 冬,中国の内陸で寝る前は湯船にお湯を張るように。 これは,乾燥とホコリで冬場は風邪を引きやすいからだ。 

どうして… こんな話をするかというと,私の部下が中国で風邪をひいて帰ってきたからだ。
SARSでは無いけれど… どうか皆様も気を付けて欲しい。 彼は風俗なんて行かなかっただろうけれど…

我々は仕事した後に,歌を歌ったり,デートしたり,キスしたり,セックスしたり… 小姐達とは肌を重ねるので,ウィルスなどへの感染確率は一般の出張者達よりも高い。 そして,海外という緊張感もある。 中国に来ると日本に居る以上に体力も消耗し,免疫も落ちる。 

朝は胃をキリキリと痛くして落としどころ,トンネルが見えないような仕事の交渉を,  契約書の細部にまで神経をとがらしてして… 英語の文書が優先と決めてあっても,何度も通訳を通して相手側と確認して… 念押しして…。  ホント,夜はスッキリでもしないと本当にやってられない。

それに‥ あの仕事が終わった後の達成感とその解放感の延長で行く風俗… 何にも代えがたい。

だが‥ 冬場の中国の乾燥は本当にヤバい。 手洗い,うがい,マスク着用… 寝る前はホテルで水を撒く!! 忘れないようにして欲しい。 

1999 
さて, 話を蘇州の旅の続きに戻したいと思う。 

2017年10月末の蘇州は,現役JDが可愛くて可愛くて… 結局,舞庁で最後までまた彼女を縛ってしまった。 

そして,舞庁が閉店してJDが家に帰った後,1人で酒吧へ行くことにした。 

2000

ここには以前,オキニの置屋嬢に連れてってもらったことがあるのだが…
今回は彼女と連絡が取れなかった。 というか… 私が居た1週間,彼女に何度もメッセージを送っても連絡をくれない。 あの可愛い小犬顔の彼女は何処なんだろう? あの 気持ちいい おま〇こはもう味わえないのだろうか? 変な喪失感が…

2001

そう思いつつ… 1人でバーへ入店。 1人なので,普通のテーブル。 しかも立ち席。
そして… 店員にメニューを持ってこられる。 あれ? いつの間に値上がりしたの?

レミーマルタンXOって 2880元? おいおい!! 日本円にしたら50,000円近いじゃないか!! 高すぎだろ!! 日本のホストクラブ程で無いにせよ… 日本のキャバクラよりも高い。 銀座のクラブがだいたい50,000円くらいだ。 前回は二人でシートに座って,フルーツ盛って,乾きものあって… ブランデー1本とミネラルウォーター貰って1500元くらいだったのに…。 後で分かるのだが… いつも オキニの置屋嬢は別料金だったのだ。

外国人と見るや 正規料金のメニュー。

1人でボトル入れるのも,もったいないので… とりあえずは,ビールと乾きものを頼み… 
中国人の友達を作ることから始める。 

2002 

ここは江南…。 やはり,皆 人懐っこい。
後ろに居た 4人のグループと仲良くなり… 
テーブルを移動。

2003 

とりあえず… この男女グループにお近づきの証にシャンパン1本入れた。

そして… 何処から来たのか? 訳わからない女子が私を誘惑するように,私の所で踊ったので‥ ビール1つにグラス1つプレゼント。降ろすときに御姫様抱っこしたけれど… セクハラまではできず… 一緒に居た服のテイラーをしているらしいお姉さんが,彼女を煙たがると さっさと居なくなってしまった。 パンチラ見ただけで終わる。 ><

こんなんでも,1時間半の滞在で 使ったお金 合計 1820元。 

何だかあまり盛り上がらなかった。 サウナにでも行っておけば良かったと後悔。
2004
やはり… いつもの置屋嬢が居ないと… どうもダメだ。
私自身も 普段なら ナンパしに色々と席を回るのだろうけれど どうも この日は脚が重かった。

そして… VIP席のオッサン達は何万元 使ってるんだろう? お金持ちが多い。
オキニの置屋嬢が一緒に居たら… また一緒に営業ならぬ,コネ探しでもするんだろうけど… 日本人というレアさを武器としても中国小妹が一緒じゃないとやはり厳しいだろう。 

江戸時代の武士や,エロ イベントへ行く時ではないけれど… ここでも,従者を連れていないとカッコがつかない。 

2005 

絡んでくれた虎丘の衣料関係で働く若者たちにお礼を言い… さっさとバーを後にした。
帰り道… タクシーに乗ろうと思ったけれど… 少し散歩したかったので歩いた。
本当に蘇州は安全だ。 シンセンとかだったら あまり深夜に1人では歩きたくはないな。 笑

2006

1時間くらい散歩しただろうか?
私の足は‥ ディレクションが? ベクトルが??

2007 
あれれれれ?


2008 
置屋街へと向かう。

2009 
しかし… ここまで深夜遅いと,何処もやっていない。 汗
本当に困るくらいだ。

2010 

仕方ないので‥ 深夜でもやっている按摩店へ。
ほろ酔い気分が残って 少し眠くなったせいか?

精油按摩で… 最後は手コキのお誘いがあったけれど…
もう どうでもよくなって 御断りさせてもらった。

嬢は30歳前後くらい。
少しぽっちゃりした可愛い系。 

頬が広瀬すずや有村架純系の丸顔ほっぺではあるのだけれど…
そこまでも可愛くは無い。 目が離れているからだろうか? 
目隠ししたら,いいかもしれなけれど… ちょっとお腹の脇の肉をつんつんすると頂けない。

ちょいポチャ好きには堪らないのだろうけれど…。 
日々… モデル体型やらJDの張りのある肉体を相手にしてきてしまうと,もうどうでも良くなる。
そして… うとうとしていたら,いつの間にか終了。

最後は熱いタオルで全身を拭いてくれたけれど…
オティムポ様は拭いてもらえず。 ええええええ。 そこが一番肝心なのに…。 

2011

とりあえず… 疲れたので,帰りはタクシーを拾ってホテルまで帰った。
そして‥ 疲れて 湯船に浸かったまま2時間ほど就寝。。。

半寝してたマッサージが1時間で200元。 置屋で1発やって20分で150元。 バーで紳士やって1時間半で1820元。 KTVでセクハラしまくって1時間550元。

本当に… 中国の物価というか,相対価格はよく分からない。 100元の置屋がある一方で3000元のサウナまである。 大衆置屋が150元として… 大衆?(普通の中国人には高級かも知れない)中式サウナは1000元くらい。 その差が7倍。

日本では,置屋が5000円。 大衆ソープが25000円(格安だと15000円あるかれど,BBAだったりマット プレイが無かったり)くらい。 その差が5倍。

消費者物価指数やら,ビッグマック指数,スターバックス指数など…
その都市の物価を計るものは沢山あるけれど… 正直言って 風俗は高いのか? 安いのかは分からない。

また… 嬢は同一商品であるようでいて…態度やプレイ,体調や濡れ具合や締まり具合… 私の体調も含めて その都度変わる。 

嬢に対する目的だって皆違う。 癒しを求めるのか? 疑似恋愛を求めるのか? サービスを求めるのか? アブノーマルさを求めるのか? 挿入だけを求めるのか? コストを追求するのか? 

不動産のように 路線価,公示価格,相続税評価額… DCF,アルゴ理論価格,収益評価法… 誰もが納得する評価など無いように…

2012

気づくと… この中国でも,日本同様にオキニの子へ通い続けてしまう私が居る。
娘ができてからというもの… 私の性欲は少し減退し… 他のDNAと新しい生命を残そうという気はないのだろうか? 

この2年間。 彼方此方の女とヤリタイというよりも,いつもの相手とやりたい… あの子,あれから数か月風俗嬢を続けて どういう風に成長したかな? そっちの方が気になってしょうがない。

性的好奇心よりも… 知的好奇心。 文化人類学ならぬ‥ 中国小姐文化学?の方が私の興味を引く。

身の上話を聞くための手段がH!になってしまって居るのかもしれない。

それでも,中国小姐達は一度身体を許した相手でも 本当の身の上話はあまり語らない。

だから かえってまた… 私を何度も惹きつけるのかもしれない。


※ ちなみに… 置屋嬢とは11月になって連絡が取れた。嘘か?本当か? 実家に戻って居た際,電波が入らなかったとの事。 今時… 河南省には未だそんな場所があるのだろうか? ウイグルとか西部ならまだ分かるけど…。

そして… 彼女が行くと安く済むのは,バーの経理と微信で繋がっているから。割引価格のボトルがよくバーの微信タイムラインにあるとの事。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

188389 
11月初旬… 軽井沢へ行こうかと思っていたら,Lineで群馬の温泉に友人達が行くような事を発見!
朝方… 連絡をして,私も群馬の温泉めぐりに混ぜさせて頂いた。


188390 

最初行ったのは法師温泉。 月曜日でもかなり混んでいた。 
色々と友人達と話す。 よく考えたら,先月は温泉に行って居なかった。

やはり,温泉が気持ちいのはこの秋も深まる季節だろう。
この時期だけは日本人で良かったと思う。 温泉に入ると,色々な仕事やらの重圧から解放されて… 悩みも何だか楽観的になってしまうから不思議である。

法師温泉は,おばさま方も多かったけれど,若いカップルなども居られて… 色々と目の保養にもなった。

オダギリジョー似の美男・美女カップルが居たのでお話したら… わざわざ京都から来たとの事。
この温泉は地名度は全国区なのだろう。

188391 

群馬の秘境。
景色は本当に素晴らしい。

188392 

そして‥ 水も美味しい。


188393

紅葉はこの1週間前くらいがピークだったような感じだけれど,それでも木々は美しい。

188394

法師温泉の次は‥ 友人達と猿ヶ京温泉へ。
古城閣は休館日だったけれど… 若女将が快く日帰りさせてくれた。
最近は,こちらに泊まって居ないのに… 相変わらず優しい。

ここで… 友人達と貸切で寛いだ。
他人が居ない分,色々とお話できて良かった。

どこへ行っても… 温泉好きの集まりは楽しい。

188395

この日は水上温泉に泊まり,翌日も法師温泉へ来たけれど…
翌日はここでアリゾナ州から来た若いカップルと色々と談笑。

素敵な二日間だった。

201710292_134511 

休日の勧前街は混んでいる。 蘇州の繁華街…。 日本で言うと銀座だろうか?新宿だろうか?

201710292_135203 

お昼を食べようにも… 13時過ぎが一番混む時間だ。
すき家のラーメンを食べたかったが…。 凄い混み具合だった。

201710292_135419 

やはり… 中国。 人が多い。


201710292_141503 

仕方なく… 並ばなくても入れそうな 味千ラーメンへ。
ビールと餃子にエノキの肉巻。 そして,キャベツの酢炒め?
あとは揚州炒飯。 流石に… 炒飯は半分残した。

201710292_175416

休日でも… 空はスモッググレーだ。
そして‥ 観前街からは… 地下鉄で美美舞庁へと向かう。

201710292_180248 

抜き打ちチェックでは無いけれど…
昨年から仲の良い小姐や現地妻の元ルームメイトに会えないかとこっそり来た。
もちろん。 御土産も持参。

201710292_180310 

美美舞庁では求人をしているようだ。 保安員。
警備するオッサン… 月給2600元。
日本円で42,200円くらいだろうか?(@17円計算)

日本人の警備のアルバイトに比べたら…1/6くらいの賃金だろうか?
1か月… 舞庁に居たら… 2600元もらっても,可愛い子・新人の子20人来たらあっという間無くなってしまうな。

そう 考えていたら… 70代だろうか? 80代だろうか?
よちよち歩きの御爺ちゃんが とぼとぼとやって来た。
そして… 入り口で入場料を払い… 手すりに手をかけながら,1段1段ゆっくりとこの美美舞庁の階段を登って行く。 本当にやっとのことで登っている。 帰りはちゃんと階段を降りて帰れるのだろうか?

本当に… こんなご高齢でも舞庁へ行くのか?と最初は信じられなかったけれど…
 
私もあと40数年後… 同じ思いでこの階段を上るのだろうか? と フト考えさせられた。
きっと… この 御老人も 若い頃に舞庁で良い思いをして… それを忘れられずに,この御年でも舞庁の階段を上っているのかもしれない。 きっと,この方の御心は既に舞庁まで駆け上がっているに違いない。
201710292_182102
ちなみに,美美へ来たのは… 3月にスリにあって以来だ。 
入庁してからとりあえずは… 1周して 辺りを見回す。

スリ女も,現地妻のルームメイトも,昨年よくアフターした子も居ない。
201710292_181435
しかも… 少し閑散としている。
その一方で… 小姐の方が過剰だ。 所謂… 男女比率,客:小姐比率が…
小姐過剰超過だ!! これは‥ やりやすい!! 選びたい放題だ。
201710292_181510
これはもう遊ぶしかない…。 
その一方で,先ほどの御老体がどんな風に遊ぶのかが気になって仕方なかったけれど… 普通に御茶を飲んで座っていた。

私はとりあえず… 踊りまくりだ!
と思い… まずは1回ダンス。 相手はまだ顔があどけない子だった。
もしかしたら… 未だ10代だったかもしれない。 オサワリのガードは緩く,おま〇こまで指が触れた。 ただ… それ以上はいけない。 パンツの中に指を入れた後は,彼女が両足を閉じてしまい… 柔らかいデルタ地帯を指で上下左右するのが精いっぱいだった。

ちょっと他にも踊りたい子が居たのではあるが…昨晩を共に過ごしたJDから連絡が来る。
これから舞庁へ行く!との事。 彼女は私が昼手前に彼女の家を去った後,何をしていたのだろう?
もう時間は16時半を回っていた。

昨晩の舞庁ではなくて… 新干将大舞庁へ行くと御連絡が…。

201710292_182102 
新干将大舞庁って何処だ? 微信地図で探してみるが… よくは分からない。
とりあえずは… 先程の御老体が気になるんだけれども,美美を後にした。

美美舞庁の前には…多くのバイタクが居り,とりあえず。
”新干将大舞庁”とメモに書いて渡す。
すると,10元! と 言って‥ 連れてってくれるそうだ。
やはり‥ 蘇州のバイタクは色々と物知りだ・・・
201710292_182927

と!思ったら,連れてこられたのは・・・ 景気舞庁。
あれ? 何処の舞庁かは分からないけれど… とりあえず,ここでいいのか?

201710292_190700 
とりあえず,入庁。
昨晩のJDに舞庁へ来たと連絡するけれど… 返事が来ない。
1時間ほどJDからの連絡を待つけれど,返事も無ければ… 
しかも,こちらは先程の美美と違って オトコ率が多い。 もしかしたら… やはり,舞庁を間違えたのかな? と 思ってホテルへ戻った。 とりあえず,昨年遊んでくれた小姐への御土産もJDに見つかったら不味いので… ホテルへ持って帰りたかった。(別にJDにあげても良かったけれど…)

201710292_202248 

そして‥ ホテルへ戻り,パソコンを立ち上げて”新干将大舞庁”を検索。
すると… あれ? 本当に場所が景気舞庁の所だった…。 爆
バイタクのお兄さん… 疑ってゴメンナサイ。

その後… 20時頃にようやくJDから返信。2時間も一体? 先ほど景気舞庁(新干将大舞庁)にも居なかったので… 何をしていたんだろう? と思いつつ… ついつい また 景気へ行ってしまう私。

201710292_203720
そして… 景気舞庁へ再入庁。
あ!!! このとき… 入庁票に印刷されている文字を見て驚いた!!
景気舞庁の入門票には,”新干将大舞庁”の文字が!!
おおーーー!! 灯台下暗しだった。

201710292_211555 
そして… 景気舞庁に再入庁すると… 誰かに腕を掴まれる。
横を見ると最愛のJDが!! お昼以来の8時間ぶりの再会!!
相変わらずお目目が可愛い。 そして… 閉店までキープ。
22時閉店なので2時間分払おうとしたら… 着換えの時間も入れて1時間半だから100元で良いとの事。

しかし… 一応,昨晩の宿代と次回 上海ディズニー行くときの和階号代ということで…
1000元置いて行った。 彼女は少し驚いていたけれど…。  夜2回。 朝1回セックスした上に… 若い彼女の体温を感じながら至福な睡眠?を取れたので,何かしら報いたかった。

次回からはお金は要らないからと言う事。 だったら,何かお土産を持って来ると言ったら…
201710292_211414 

日本の化粧品が欲しいとの事。

201710292_211417

そして…  JDは上の写真にある2つを欲しがった。 
って… 金額見ると 1000HKDいってるじゃん。 爆

結局… 22時近くまで一緒にまたお話。

もう翌日は上海へ戻るから‥ また当分会えなくなる。
この日も彼女の家に泊まろうかと迷ったけれど… 彼女はどうやら疲れて居るようだ。
昨日は4発やり,本日は今朝1発やっても… 私はまだまだ元気だ。 笑

彼女はあまりセックス慣れしてないのか? もしくは… やはり 中国小妹といえども 女性。
経験人数二人(本当かは分からない)の彼女にとって,初めてHする相手に少し緊張してよく眠れなかったのかもしれない。

そして… お別れの時間が来ると… 前回の3月同様に半べそ状態。
次回はもっと長く蘇州へ滞在できればいいけれど… この涙腺の弱い22歳JDにずっとハマってしまいそうだ。 

201710292_224812

そして‥ 彼女の着換えを待って一緒に舞庁を出た。 彼女の家はココから近いので歩いて帰るとのこと。 

そして私は… 彼女が見えなくなるまで見送り,バイタクでホテルへ帰ろうとしたけれど…
やっぱり,また獲物を狩るべく バーへ行こうとするのであった。

私の心と私のオティムポ様は全くの別人である。


 ブログランキング・にほんブログ村へ

ice_screenshot_20171103-165926 

JD宅ではあまり眠れなかった…。 可愛い顔して,寝相が悪い。
寝ていると… 私に抱き着いて来たと思ったら,いきなり背中を向け…
そして私の上に乗って抱き着いてきて… チュッチュしだしたと思ったら…
腕を取って 腕枕をせがみ… そしてまた背中を向ける…。 
朝方,トイレに行こうとすると。 帰るにはまだ早いと手を掴まれて…。
トイレだと言うと… トイレへ行く前にチュー。
ベッドに戻って来てもチュー。

うちの先々月に出て行った彼女は 朝起きた時に自分の口臭を気にしてチューしたがらなかったけれど…

この中国JDは,そんなのお構いなし。 

ice_screenshot_20171103-170052
気づくと, 朝はあっという間に来た。 しかし… この子は起きない。
11時まで寝るとの事。

現地妻は,私が目覚めると 私より先にベッドを出て料理を作っていたのに…。
冬場はストーブに火を入れていたのに…。

現地妻はいつも私の顔色を伺っていたのかな? 

と思いつつ… このマイペース 女子大生にイライラしたけれど,
顔が可愛いので許してしまう。 汗

2017102929_130516

結局,彼女が起きたのは11時ちょっと前。
そして… 朝 寝起きに チュッチュして… その後 すぐ1回戦。 汗

起きろ!とせがんでるうちに 彼女のおっぱい揉んでいたら… 私はムラムラしてしまった。
彼女の方も私のオティムポ様をテコキするように触ってきて…
Big!! と 嬉しそうに言うので…

彼女のクリを刺激して… 愛液があふれているのを確認すると G スポット 手マン。
もう… 彼女の液は止まらない…。  本当に 何て ウェッティなおま〇こなんだろう。
ヤバいくらいに濡れ濡れだ。 

また 生で挿れたい衝動が…。 彼女ももう昨晩ゴム2つ使ってしまったので無いと言うので…
オティムポ様でスリスリしながら… 濡れ濡れのあそこへ滑らせる…。
しかし… 3回くらい突いただろうか? やはり… 生はダメと止められる。

仕方なく… 手で彼女を逝かせることを選択。
すると… Gスポット刺激で,あっさり 逝ってしまった。 それでももっと狂わせようとすると…
私の手を抑えるので, 彼女の上に乗って 身動きできないように するけれど…
こういうところは‥ 中国小姐 股を閉じようとしたり,暴れる。 
 
結局… 彼女の抵抗むなしく,2回目も手マンで逝かせたけれども…。
もう,彼女は過呼吸状態だった。 荒い息の後はもう力が抜けたのか? 無反応だ。
最後は彼女のテコキで何とか逝けたけれど… 
彼女の中があまりに気持ち良かったので‥ あのぐじょぐじょの生暖かいヌルヌルの膣の奥にもう少し入って居たかった。

201710292_130746 

そして… 私だけがある意味で欲求不満のまま‥ 彼女の家を去ることになった。
宅配荷物用ロッカーまである素敵な家だった。

20171022_131403

彼女の家から… 朝食を食べようと観前街へ行こうと タクシーを捕まえる。
あれ? 乗ること5分。 爆   
案外近い所に居た。 汗


20171022_131734

未だ12時でお昼には若干早かったので…。 近くの恰園でも散歩することにした。
20171022_131827
恰園は他の有名な蘇州の庭園等に比べると こじんまりとしている。

20171022_132024
ただ… 都心にあるせいか? 観光客は多い。
20171022_132329
蘇州といえども… やはり 空気は良いとは言えない。

20171022_132445
しかし… なんだか落ち着く。
20171022_133111
やはり… 中国の庭園の雰囲気は好きだ。
20171022_133903
いつも… 中国でこういう庭園を持つ人たちの多くが 役人だった というのが不思議でならない。

20171022_134008
日本だと著名な庭を持つ人の多くが 豪商とか… 大名とか… 藩主とか…
元大臣ってのもあるけれど… 何だろう?

中世の中国の役人は余程お金が貯まったのだろうな。

現代同様に 昔から この国では 賄賂という文化 というか 丁寧な御挨拶があったのだろうか…。 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

↑このページのトップヘ