”フェティシズム” Fetishism by Japanese Tomcat ☆Amour Sucre☆

はじめまして♪ ミドサー独身のオトコでスクレと申します。仕事以外の時間帯はエロい事ばかり追及してるオス猫です。よく人の性的興奮話を聞くのが大好きです♪ 基本的に変態とは仲良くできるタイプの人間です。 性的嗜好・性的倒錯・変態性欲。。。官能的なものに,興味や幻想を抱き続け…。 万人受けする絶対的エロス! とは何か? これを人生かけて突き詰めていきたいと思ってます。 脚フェチ、髪フェチ、腋フェチです。 ☆エロティズム フェチズム☆

3日目の夜… 
健全マッサージの帰りに… 何やら怪しい光を出している按摩店を見つけてしまう。 笑
ホテルへの帰り道,住宅街?っぽい所に 床屋的な灯り。
その灯りに導かれるかのごとく,私の脚は好奇心のまま向かってしまった。

20170902_012041 
そっと覗きこむと,可愛らしい子が座ってテレビを見ていた。
人が入ると音が自動的になるらしく…
こちらを振り向いて,私と目が合う。そして,愛くるしい笑顔で近づいてきた…。
20170902_012031
先程,マッサージを受けて来たのに…。 また入ってしまった。 笑
ここでは精油按摩を頼む。  1時間80元。 安い!!
先程の店の半額…。 

日本では,抜きナシで6000円。抜き有りで10000円のチャイナエステへ行っている身としては80元なんて安すぎる。

とりあえず… この小姐にやってもらった。 年齢は25歳前後だろうか?
(その時はそう思ったが,実際はもっと上だった。)

仰向け,うつ伏せと 丁寧に中式按摩を30分くらいやられると…
精油を始められる…。 オイルマッサージなので,パンツいっちょ。
そして… うち腿を際どくやられると… オティムポ様は御起立。

案の定,この嬢は 私のオティムポ様を指差して ここも按摩する? と触ってくる。
パンツの上からたまたまを揉まれ… パンツの上に頬を乗せて 頬ずりしてくる。
何か… エロい女に見えてしまい… 挿入したくなったので交渉。

しかし… Hは禁止。 手でするのみ との事。 
残念だが… 私のオティムポ様は,ここで出さないとホテルへ帰らせてはくれない。
結局お願いしたら… プラス50元。 

普通におっぱいやおま〇こは触らせてくれたけれど…
この小姐… こんなに濡れているのにやらせてくれないって どういうことだ?

やる気スイッチをクネクネ人差し指で回すと スューフー 言ってたけど…
再度 挿入の交渉をするが ダメ 。。

私のオティムポ様は… そのまま彼女の優しい温もりの手の中で放流…
そして 御就寝。

彼女に丁寧にウェットティッシュで拭きとってもらった後,お茶飲むか? と言われたけれど 帰ることにした。 良く分からないけれど… 1時間20分の滞在で 合計130元。 結構 サービスしてもらった。 

目元があびる優というか,アイシャドーもアイラインも黒く… 遠くから見ると美人なのだが,近くから見ると普通よりちょっと上くらいの感じかな? でも これで130元は凄いな と 感動しつつホテルへ…。

色々と街中を開拓すれば,重慶っ 色々と発見がありそうだ!! 


P9030282

翌日は午後から磁器口へ。
一度行ってみたかった観光地だ。

P9030280 
重慶小麺の実演。 歌を歌いながらパンパンしている。
これを茹でて食べるのだ。 しかし… 日本ですら屋台のモノをあまり食べない私。

この日の午前中に行った出資先の代表と20時に夕飯を食べる約束をしてしまったので,
お腹を壊すわけにはいかない。 基本的に何でも臭いだけで我慢。 
御土産買って 日本で食べるのが賢明だ。

P9030288
やはり… ここでもラー油や唐辛子!!
気づくと… この後,山椒やら唐辛子を結構 購入することになる。
一味が好きと言うのもあるけれど… こっちは山椒も効いて舌がマヒする。
P9030301
冬場にこれを食べたら… 早朝の辛い出勤を乗り越えられるかな?
P9030302
磁器口は5軒に1軒は唐辛子,薬味関連のお店じゃないか? と 思うくらい…
あちこちで こんな 感じだ。
P9030310
そして,人も多い…。 多すぎ!!
有名観光地なだけあって… 私同様におのぼりさん?的な‥
とりあえず 重慶来たら 必ず行かなくては!的な トコロなのだろう。
P9030304

日本で言ったら 浅草か?
しかし… 浅草より人が多い P9030370
この古街,古鎮 
P9030308

ウイグル系串焼き店や…
P9030370
インド人のカレー のような多国籍のモノから…
P9030333

P9030331
P9030387

こんな 花柄のわた飴があったり…

P9030313 
可愛いお菓子屋さん。

P9030388 
いいお尻をしたお姉さんがやっている射的場まで…
ドラえもん や クレヨンしんちゃん… 汗

くまのプーさんでも置けば,打ち殺したい人が多いはずだから,沢山集客できるのに…。 爆

P9030315

P9030324
また,子供が多い中国。
彼方此方で子供に野ションさせるせいか? 道が臭い…。

P9030338
琵琶を弾く小姐。 ここは猿楽みたいなのを見ながらお昼を食べる店だ。
P9030352
お店の前のお姉さん。 
P9030376
愛想よく彼方此方の観光客と記念撮影している。
このお姉さんと一緒に写真を撮るために数名並んで居た。

P9030357 
あと… 少し驚いたのが,零下196度のアイス!
液体窒素だと思うけれど…。 少し恐ろしい 笑
P9030360
その一方で,こんな伝統的なやしの実やサトウキビジュース。
沖縄によくある サトウキビ絞り機が中国でも大活躍だ。

P9030379

P9030383 

P9030382

P9030381 
もう… 色々な臭いが混ざりまくりで… かえってあまり食欲が分からなかったけれど…
陶磁口は広い… 往復で2時間近くぶらぶらしてしまった。

P9030391
もう 陶磁口 地鉄駅 到着したときには15時過ぎ。


急いで舞庁巡りをしなくては… 



 ブログランキング・にほんブログ村へ

20170902_215523
重慶 観音橋歩道街は,夜22時でもこの人ごみ。
上海の南京路よりも賑やかだ。
20170902_215949
重慶らしく こんなものまである。
唐辛子と山椒…。 夏の終りだから何も感じないけれど,きっと冬は寒くてこれが欲しくなるんだろうな。
20170902_215830

最近の中国の公園では,太極拳では無くて ダンスを踊っているおばちゃん達を多く見る。
私が中国へ初めて行った時。 上海中心部も今とは違い,何処も億円単位のマンションでは無くて…
普通に庶民達が過ごしていた。

夜になると 彼方此方の公園やら路地で オバちゃん達が集まって…
ラジカセで太極拳の音を響き渡らせていた。
それが… 今や上海の下町ですら再開発で人々が追われている。

上海の南京路でも夜になると周辺住民が少ないのか? 人通りが少なくなったけれど…
この重慶の観音橋駅周辺は夜でも 昔の上海南京路を彷彿とさせるくらい人が多い。

20170902_221824
重慶でもう1つ目を引いたのは…
犬と一緒に散歩している人がやたら多い。
中国での犬ブームは既に去ったと思っていたのに,重慶では小型犬と散歩している輩が多すぎる。
そして… 皆 リードなどを持っていない。

私は初めて中国へ行った際に,野犬には気を付けろ! 近づくな!!
と よく言われた。 予防接種などしない文化だから,狂犬病にでもなったら大変という趣旨らしい。
そのせいか? 日本だと犬や猫を見るとついつい話しかけに行ってしまうが… 中国ではその衝動を未だに抑えている。  中国とタイでは狂犬病で死ぬ人が未だに多い。 安全だとは思ってもやはり距離を置こう。

ちなみにではあるが… 中国における感染症予防として,マスク と アルコール ウェット ティッシュ と コンドーム。 これは必ず日本から持って行こう!! と よくこのブログでも書くが…
色々と改めて調べてみると… 中国における感染症で多いのが,

手足口病 , 感染症における下痢・腹痛 , B型肝炎 , 梅毒 , 結核

とりあえず… おま〇この臭い嬢とはやらないことをお勧めする。
日本の風俗と違って 中国小姐のおま〇こは 自然体の毛が生い茂る。 
夏場などは,汗の匂いか? 性病の匂いか? オシッコの匂いか? よく アソコの匂いを嗅いでほしい。 

嘘か本当かは分からないが, 進化論的に考えて,嫌だと思うまんこ臭いはヤバい系の菌が多いらしく‥  逆に興奮してしまうまんこ臭は善玉菌らしい。

また… 中国における感染性の死亡で多いのが,HIV(エイズ),肺結核,B型肝炎,手足口病…

訪日中国人増加で日本の風俗嬢の肝炎患者がが増えたというニュースが昨年あったけれど,気を付けて欲しい。 中国小姐がディープキスを嫌がる理由も,このB型肝炎にあるようだ。
20170902_222213

話は元に戻すが,重慶 観音橋の地下はこんな感じだった。
お台場のヴィーナス フォート を彷彿とさせるけれど…
20170902_222551
人の数が全然違う。
皆… 何処から来たのだろう?
20170902_222842
時間的に… もう23時くらいだったせいか? メリーゴーランドもお休み。
20170902_222856
この時間にやっている場所としたら,中式KTV!!
20170902_222925_001
ライブ ショー
20170902_223036
こちら方面へ来ると… やはり人が少なくなってくる。 笑
中国人はKTVに全く興味が無いのか?
20170902_223302
バーに若干の若者が入るくらいだ。
地下街は結構広くて… 歩き疲れていると…。
あれ? ニャーニャー って声がする。
何だろう? 
20170902_223523
あっ! 猫だ猫!!
犬も居るぞ!! 
しかも… 狭い折に入れられている。
こんな明るくても気持ちよさそうに寝ている猫ちゃん達。
一方で・・ ウサギは元気に起きてる。
このウサギは食用? 観賞用? ペット用? 
20170902_223916
よく分からないまま地上へ。
何処の国も小妹達は ショッピングが大好きだ。
どうして… 女って こうなるんだろう? 
中国小姐とのデートは40%が商城,40%が美食街,15%が景勝地。
残りの5%が飯店(ホテル)or小姐の家。 爆
これが小妹世代(18歳~24歳)くらいだと… 商城の割合が減ってくる。
20170902_224409
歩いて喉が渇いたので… マックでアイスコーヒーを購入。
もちろん,氷は拒否! No Iceと言っても通じない。
我不要氷! 
20170902_234513
歩き疲れ… ホテル周辺までタクシーで戻ると…
按摩へ… しかし,ここでも英語は通じない。
受付の御兄さんとwe chatを交換して 何とか 翻訳機能で会話。

20170902_234940 
タイ式按摩を168元にまけてくれた。
そして,来たのが可愛い子! ラッキーと思ったら,年齢聞いたら29歳!! 爆
日本で言うと28才だろうか? 最初見た時まだ20代前半かと思ってしまった。

もちろん,小姐とはマッサージ中も会話。
片言の中国語… そして,分からないとグーグル翻訳。

彼女は重慶出身だけれど,重慶から4時間くらいかかるような農村の出身らしい。
彼女とwe chatを交換して,後で彼女のタイムラインを拝見したら…
すごい山奥?だった。 

20170903_000740 

マッサージ中,小姐はテレビを見ながら 丁寧に揉み解してくれた。
マッサージ用 パンツの隙間から オティムポ様を触ることも無く…。
健全 健全 健全。  

結局,最後まで健全。

私も普通にちょっと女優 の蓮佛美沙子を髪をセミロングにしたような感じで,ちょいタイプだったのでカッコつけてしまい,真面目な話をしてしまった。 汗 
セクハラも一切しなく… 最後まで紳士で居てしまった。 涙
20170903_014048
とぼ とぼと… ホテルへ帰る。
あれ? 500mも離れてる。 号泣

そんな私をじーっと見続けるける白猫。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

重慶で舞庁を1時間半楽しんだ後は…
とりあえず… 次はいつ来れるか分からない重慶。
20170902_172800

また近いうちに来る ということは,トラブル もしくは 契約解除。
契約更新の5年後に来るときは担当者外れてるだろうし… 

何が言いたいかと言うと,重慶に来なくて済むということは,私にとってはプラスだ。
その希望的観測にのっとって,次回はいつ来るか分からないので観光もすることにした。

とりあえず,まず乗ってみたかったのが 长江索道(長江ケーブルカー)
あとは… BS世界の旅で観た磁器口 !!

滞在中はこの2つだけは観光しようと心に決めた。

20170902_173048

一応… 現地の友人も色々とエロ系? KTV? 床屋? 楽しそうな場所を色々と調べてくれた↓

大石坝街道、观音桥街道、华新街街道、五里店街道、铁山坪街道、郭家沱街道、江北城街道、寸滩街道、鱼嘴镇、朝天门街道、解放碑街道、上清寺街道、南纪门街道、七星岗街道、菜园坝街道、两路口街道、大溪沟街道、大坪街道、化龙桥街道、南坪街道、龙门浩街道、海棠溪街道、弹子石街道、南山街道、天文街道、峡口镇、鸡冠石镇、长生桥镇、涂山镇、迎龙镇、广阳镇。。。。。

P9020211
エロは20時頃から回るとして… とりあえずは,長江索道へ…。
普通のビルにあった。 笑 
しかし…

P9020217
あれ? 何だか… 人が並んでる。 笑
凄い行列だ!!  川を渡るのに… 橋を歩いた方が余裕で早いだろう。
ましてや,地下鉄もあるし…。 

P9020219 
きっと,多くは私と同じ観光客に違いない。
インスタ映えする景色を撮りたいに違いない。
あ... 中国でInstagramはないな。 美冬秀秀だ!
We chatやら百度で黒舞庁の情報を探しながら…
P9020221
行列に並ぶこと約1時間…。 ようやく乗れる!!
P9020222
ようやく来た~~~!!  そして,出口と入口が逆だ。
地下鉄と違って中国人を熟知して設計されている。

P9020256 
対岸はこんな感じ。 乗るのに並んだ1時間もあれば左側に見える橋を歩いて往復できた。
橋の下部分に走る地下鉄ならほんの数十秒だろう。
P9020247
武漢同様… 長江は泥の色。
ハドソン川やシカゴ川のように摩天楼が綺麗に水面には映らない。
そういえば… 摩天楼じゃないけれど,夏のブダペストのドナウ川へ映った王宮も綺麗だったな。
そう思っていると… あっという間に到着。
20170902_183432
そして… 対岸を見ると美しい光景が!!
みんな写真を撮りまくり。
一応… 往復のチケットを買ったので,さっさと戻ることにした。
一度下へ降りると,また帰りも行列に並ばないといけなくなるので…
そのまま到着ホームを回り,すぐ 来た場所へ帰ることに。

P9020227
なんだかあっけないけれど…。 とりあえずは乗った。
P9020258
この狭いケーブルカーの中に,人がぎゅうぎゅう。

夏に乗った世界一短いケーブルカーなんて… 余裕で座れたのに。
http://hyakuana-onsen.blog.jp/archives/1066998947.html

ザグレブの都市圏で130万人。
重慶市(北海道くらい広いらしいけど)は約3000万人。

この人口差?
ある意味で… 欧州の中規模国以上の力がある重慶市。
恐るべし…

P9020261 
ようやく,長江索道の往復が終わると エレベーターへ乗って地階へ戻るだけだが…
美女がスリットサービス。 かと思ったら… 隣の女子はパンチラサービス。
中国女子は本当に脚を閉じて座らない。 笑  子供の頃,親に怒られなかったのだろうか?
P9020262
帰りの際‥ まだ19時過ぎててもこの行列は終わっていなかった。 汗
でも… 待ち時間15分くらいは短くなってそうだ。
P9020265 
お腹が空いたので,夕飯はケーキとヨーグルト。
もうゆっくりと夕飯を食べている時間など 無かった。
夜は舞庁が待っている!! 
20170902_205624
武漢でも,舞庁が数件集まることで知られる 観音橋。
到着時にはもう20時を回っていた。

20170902_205748
駅を出ると… にゃんじゃ これは?
まるで… 上海南京路の歩行者天国だ!!
人がいっぱい。 あれ? コスプレ?? そして… 原宿ギャルのように群がって行動している若い女子達。 舞庁行かないで… その辺腰かけてる子の脇に座って ナンパしてた方が楽しいかもしれない!! そう思ってしまった。
20170902_210321
とりあえず… 微信地図に従って 舞庁へと向かう。
20170902_215035
歩行者天国とは違い…。 あれ?
どんどん人が少なくなっていく。 というか,さっき若い子があんなに沢山居たのに。 汗
あの小妹達は舞庁へは来ないのか?
20170902_211025
とりあえず。 到着!!!

20170902_215024
入場料が,たったの3元。
今迄行った舞庁の中で… 最低価格だ!!
早朝でも5元は取られたような気がする。
20170902_214149
しかも、あれっ?
健全舞庁へ入ってしまったか? 入ったら皆社交ダンスしてるぞ。
事前情報と全然違うじゃないか! 怒
と… 最初の1分は思っていた。

なんだか… 奥が深いぞ? この舞庁なんなんだ?
電気代節約の為に手前だけスペース使って営業してるのかな?

そして… 奥は暗い。 本当に奥だけ見たら黒灯舞庁だな…。 笑
20170902_211250
な~んて思っていたら。。
奥は黒舞庁で手前が健全舞庁だった!! 驚

こんなパターンは初めてだ!! いつも 時間で 
 7分  →  7分 → 7分→ 7分 →7分→7分
社交ダンス→密着ダンス→健全→不健全→上手い→エロ
で別れているパターンばかりに直面していたけれど…

そんな上海・蘇州・杭州共通パターンなんて,この重慶では無かった!

ここでも1回エロダンス,1曲エロダンスは10元。
奥に行くと… 小姐達が立っている。
10代の若い子は居ない感じだけれど,20代前半から40代後半くらいまで。
可愛い子が居たので,声をかけたら… その隣に居た友達に 日本人 と一発で見抜かれてしまった。
そして… 曲が終わったら20元払って3人で踊ろうと思ったら?
変な爺が来て 可愛い子を連れてってしまった。 凹
仕方ないので… 残った友達の子とエロダンス。

1曲終われば 可愛かった友達も戻って来るだろう… と 思ったら?
今度は真面目なダンスの方へ その爺と行ってしまった。

ずっと帰ってくる様子ナシ。 号泣

仕方ないので… 他の可愛い子を探す。。

色々と見るけれど,間違いなく さっき居た子が 乃木坂の生田絵梨花系の可愛らしい顔をして,この舞庁でNo1なのだ…。

10元だし,他の子でもイイか… と とりあえずは いけそうな子を色々とピック アップするけれど… 顔を近づけると どうも,歳が30超えてそうな小姐まで居た。 汗

1時間たっても,さっきの可愛い小妹を爺が離しそうにないので… そのまま撤退。
ちょっと日式KTVも覗いてみたかったので22時過ぎには舞庁を出た。

ちなみに… 可愛い子とは踊れなかったけれど,ここで知り合ったオッサンに重慶の夜の情報をもらったのであった。 40代前半~50代半ばくらいのオッサンだったけれど,山口百恵が好きって どういうことなんだ?

山口百恵が好きな人達って 私の親世代(団塊世代)じゃないのか?
 ブログランキング・にほんブログ村へ

20170902_160732 
重慶で初めて入った舞庁は,食品舞庁。
ここは入場料10元。 1日3回に分けている。
この日は16時半過ぎに入ったけれど… 

開票を購入し,舞庁へ入庁しようとしたら…
警備員に止められてしまった。
あれ? 私は入っちゃいけないの? と 思ったら,
荷物をクロークに預けろとの事。

一応… パスポートと携帯と財布だけは取らないとと思い…
カバンから取り出していると,となりの衝立の裏からカサカサという音が…
気になって衝立の裏側へ回ると…  小姐達が着替えていた。 笑
彼女達は舞庁内に着替える場所が無いのだろうか?
蘇州の舞庁では小姐達が着替える為に小部屋があると言うのに…
これじゃ着換えが丸見えだ。 笑
20170902_163843
重慶の舞庁は1曲10元。 蘇州の半額だ~~!!
と喜んではいけない。 一曲の時間が短いのだ。 
色々な女の子と踊りたいのなら良いかもしれない。

舞庁内での女の子の平均レベルは高いようでいて…
この舞庁は10代から50代くらいまで幅広過ぎだ。

そして… 舞庁で初めて おかま ちゃんと会う!
文化大革命の時代だったら,教育施設送りだぞ!!

いぁ… これは本当に驚いた。
どうして おかまちゃんが舞庁に? 需要はあるのか?
色々と話をしてみたくなってしまった。 爆

しかし… どう話しかけていいのか? 全く分からない。
オトコに話しかけるのは本当に苦手だ。 
そのおかまちゃんに近づいては去っていくオッサン達。
それでも その おかまちゃんと 踊るオッサンも居た。

というか,オトコの客層はオッサンだらけ…
50代 60代が多いのだろうか? 若い男はあまり舞庁に出入りしていない。

とりあえず… 1曲10元で私も踊ることにしたが…
あれ? 10元札が無い。 
また 入場口まで戻って100元を10元札10枚に両替。

10人と踊る気満々だったが,困ったことに この舞庁…。
ずっと暗いのだ。 暗いダンスの時間の次は 明るい社交ダンスの時間 と
交互にある訳ではなく…  ずっと暗い時間。
音楽だけが1曲づつ 流れていく。 汗

嬢の顔が良く見れない。 
暗さに目が慣れても,翻訳する際のスマホの明かりで目がまた元に戻ってしまう。 爆

もう仕方ないので… 近づいて 可愛いかな? と思ったら踊ることにした。
他の舞庁であれば 相手の顔や体系だけではなく 服装も見て 攻めやすい子を選ぶのではあるが,ここではそんな余裕も無い。
20170902_164156 
胸元の空いた子はオッパイOK. 後ろの空いた子はお尻OK。
おま〇こは基本はダメだけれど… それでも 触らせてくれる子も複数居た。

変な英語話す新疆出身の子も1人居たけれど… 結局は中国語以外は通じない。
これで… どうやって ナンパすればいいんだろうか?

舞庁→1時間キープ→一緒に御飯→彼女の家

このパターンが,私にとっての成功を意味するのであるが…
1時間キープすらいけなかった。 

近づいてみたら,30歳前後くらいの小姐ばかりだったのと,
どうやら18時過ぎには閉まるらしので… 何とも言えない。
ただ… 1曲10元なので 色々な女子達ととりあえず踊ってみた。

そして,作戦を練り直しだと 18時手前には舞庁を出てしまった。
他に行ってみたい所が近くにあったというのもあるけれど,

やはり 重慶最初の舞庁は 様子見程度に終わってしまった。

蘇州の様に明るい時間が無く… ずっと名前の通り 黒灯状態が延々と続くと…
本当に近くへ行かないと嬢は若いのか分からない。  ><
踊ったら近くで顔を見れるので分かるんだけど… それだと時既に遅し。

ただ…歩きながら さりげな~く 嬢を見ないと,向こうが勘違いして腕を掴んでくる的なことが重慶では無さそうな感じなので… 次回は近くへ行って寄って嬢を見ようと心に決めた。

上海・抗州・蘇州・武漢(武漢では健全舞庁しか経験が無い) くらいの舞庁しか今迄見てないが,重慶の舞庁はまた攻略方法を少し変えて挑んだ方が良さそうだ。
20170902_152743
とりあえず,反省と次の作戦も兼ねて(ただ単に夕飯を食べたくなっただけだけど),重慶の味千ラーメンは,温度がぬるかった…。 汗

 ブログランキング・にほんブログ村へ

P9020077 
翌朝の朝は雨。 重慶の9月は秋雨が多いようだ。
P9020078 
そして… 渋滞が多い。
地下鉄は時間通りに移動するので,極力 重慶では地下鉄を乗った方が良さそうだ。
P9020079
面白いもので,重慶の地下鉄は…
カーブで傾斜がかかったり… 揺れたりして…
一種の何かのアトラクションに乗っているような感じであった。
P9020080
重慶の地下鉄は1号銭,2号線,3号線と6号線。
4号線は昨日見た建設現場がそうらしい。
そういえば… 蘇州も久しぶりの新しい地下鉄が通った様なので…
今度戻った時に乗ってみたいと思う。
P9020088
この日は15時過ぎからは時間が空いたので… 駆け足で三峡博物館へ行ってみた。

P9020093
思ったよりも大きな建物だ。
そして,入場料は無料!! カバンを持っていたので,クロークへ入れようとしたら,中国人の一部は大きなリュックを背負ったりしている。私のビジネスカバンくらいどうってことは無いようだ。
地下鉄同様… ここでも,ベルトコンベアに荷物を載せて検査。 水を飲めと言われる。 笑
P9020097
三峡博物館の中は古代オリエントからグレコ ロマンと言った古代のモノから…
近現代まで 中国以外の歴史も網羅されていた。

P9020114
それぞれ,フロアごとに展示内容が変わっていて,自然史?かと思いきや…

P9020124
普通に関羽が居たりして。 笑

P9020119
色々と手間がかかっていて… どのくらいのコストがかかったのか?と思うくらい。
1時間で駆け足で見てしまうにはもったいないくらいだった。P9020141
原始人の模型も良くできている。韓国とは違って,まだ中国人の歴史の方は素直に受け入れられるものが多いような気がする。
P9020143
それにしても… この博物館の監視員をしている小姐の多くはスマホをいじっている。
中国では,ショップの店員も客がいないときはスマホをいじって…。 汗
どんな業種にせよ日本の職場では考えられない。笑

そういえば…日本では,オトコとご飯を食べる時に 目の前で携帯をいじったりする女性は少ないけれど… 中国小姐はそれを失礼とも思わず平然とする輩が多い。笑

P9020138
一応… 重慶と言う事で,5年前の反日暴動では無いけれど…
さぞかし,反日色で日中戦争が描かれているのか?と思いきや…
P9020144

P9020152

P9020154

こんな感じだ。 
P9020159 
重慶空爆,重慶爆撃
当時はこんな感じで防空壕で酸素不足になり窒息したり,圧死したりした人が多数居た訳だが,
再現した洞窟も,ここまでカラフルなライトで照らされると… 何とも言えない。
P9020162
P9020170
日中戦争後,中国がどれだけの他民族を侵略し,迫害してきたかは周知の事実だけれど…
やはり博物館の良い所は… 多くの人々の社会的貢献や収集癖,盗人根性のお蔭で一度に色々なモノを一カ所でまとめて観れるところだろう。

P9020200
この中国三峡博物館は広く,お土産売り場もあって良かった。
P9020206
 
そして… いい散歩になった。 
ここを歩く小姐達も,時折休んだりしているけれども,やはり皆タフだ。

中国小姐達は1日に何万歩くらい歩くのだろう?
本当にハムストリングスが半端ない!! 韓国モデルは脚を細くするために切っちゃうらしいけど…
やはり中国来てむしゃぶりつきたくなる あの 太腿の裏!!

日本へ帰ったら,超体育会系女子と仲良くなろうと心に誓うのであった。 笑
P9020208
三峡博物館の隣には,重慶人民政府があった。 来月の共産党大会も気になるところだけれど…。
大抜擢された ここの市長は やはり 中央政治局委員に入るのだろうか?
P9020209
三峡博物館の見学が終わると… 次は,舞庁へ行くことにした。
時間があまり無いので 本当に 駆け足だ。
20170902_160602 
重慶の舞庁へと 猫まっしぐら!!
一体… ここでは, どんな出会いが待っているのだろうか? 笑
 ブログランキング・にほんブログ村へ

P9010044 

小什路周辺だったか,較場口付近だったかの日本食レストランは小姐達とも一緒に話せて面白かった。

P9010045 
やはり,重慶はなんというか… 色々と歩かないと到着できない。
交通網が発達していないし,歩行者天国があったりしてバイタクすら入って来ない。
そして 何よりも… 人がゴミゴミしている。
20170901_212815

小姐達と少し話したり,お酒が入ったせいか?
重慶到着初日から… 友達と別れるとエロへと足が向いてしまう。
普段の私だと考えられない。 

微信で前もって連絡をしていた所へ 早速メッセージ。
すると… 即返信が!!
とりあえず… 指定されたホテルへ。

後で気づいたのだが,重慶は結構 3時間貸のホテルがある。
蘇州ではあまり見たことが無い。
これって… あからさまに 日本で言う ラブホの休息ではないのか?
20170901_233511 
指定された 石橋鉾駅 近くのホテルへ行くと…
私と同じエレベーターに 若いカップルが乗ってきた。 笑
3Pを申し込みたくなるような可愛い色白の若い子だった。

そして… ホテルのフロントへ到着し,よく分からなかったので微信の画面をそのまま見せる。ある意味,それ見て通報でもされたら怖いけれど… 何と言うか? フロントそばに居るそっち系の御仕事らしい服装の女性が数名垣間見えた。しかも,仲よく清掃?だかなんだかのおばさんみたいな人と話し込んでいる。 きっとホテルも暗黙の了解なんだろうか?

とりあえず… 休憩のお金,120元を先払いして キーカードに書いてある番号の部屋へ。
先程の若いカップルも何故か? ついてくる。 笑   隣の部屋だった。 爆
良いBGMを聞くことができるかな? 

その後‥ 部屋に入ると ホテルの一室でまたされること数分。。 コンコンとノックをする音が!!

なんと美しい美女が立っている。 微信の画像は本当だったようだ!!
そして… 迎え入れるが… あれ? 写真よりも少し歳をとったのか? 
写真だと20歳前後くらいに見えたその子は20代後半くらいに見えた。 まぁ… 綺麗だし良いか? チェンジと言って さっきフロントに居た子の中の誰かが来るよりはよほどいい。

1時間588元ということで,600元お支払。
私が中国語が分からないので,微信で会話することを了承してもらう。 何故か? 最初は韓国人と間違えられて… 日本人と正直に言うと驚かれた。

彼女が先にシャワーを浴びに行ってしまい,彼女が出てくると私にシャワーを浴びてくるように催促。

貴重品はしっかり持ってシャワー室へ。 そこで オティムポ様を丁寧に洗って イザベッドへ。

彼女はバスタオルを巻いて TVを観ていた。 何だか… 彼女がエアコンの設定温度を変えたのか?
部屋が寒い。 

隣に座っても、彼女はTVを観たまま… 何もしようとしないので,テレビを消して 早速押し倒す。
バスタオルをはがすと,綺麗な肉体だった。 本当にモデル体型。 あと10歳若かったら 貢ぎ通していたかもしれない。 この嬢で1時間600元は安いな。 宿代入れても720元。 12000円弱でやれちゃう!! マカオで言う韓国模型やら台湾明星クラスだ。 マカオだったら飲食やリラックスルーム,マッサージがあるとはいえ,3倍近い値段取られたに違いない。 

早速… キスから入ろうとするが… 中国小姐らしく 拒否られる。 そして… 乳首から攻撃。
やはり… 気持ちがイイらしく,困った顔をされる。

太ももを触れながら焦らし… 肝心な所は避けつつ 攻撃し続けた。
その間… オティムポ様はフル勃起!! しかし… この嬢は全くの受け身で触ってくれない。
仕方ないので… オティムポ様を彼女の口元に近づける。
すると… フェラチオは プラス200元を要求される。 汗

もうこうなったら,200元(3300円)くらいはどうでもよくなり,フェラチオをお願いする。
あまり気持ち良くなかったけれど,この嬢は一生懸命にやってくれた。

オティムポ様の硬さを確認すると,彼女はハンドバックからゴムを取りだして,私のアソコに装着。

早く挿れろ!の合図。 

その前に…  手マンをして 中の具合を確かめたかったので…
指を入れようとしたら ”No!” の 一言。。

そして 私のオティムポ様を指差し それを入れろ!! の指示。

あまり… サービス内容が良くないので… 少し私もキレて…
クリ攻撃。 最初… ゆっくり触っていた時は何も抵抗されなかったけど…
高速にした途端,声を出して… 嬢は両手で私の指を止めようとした。
私は彼女の身体を抑えて… おま〇こから滴り出る愛液を人差し指に乗せ‥
再度 高速 クリ攻撃。 

当初… 嬢は暴れたが,彼女の細い腕では私の力に勝つのは無理のようで…
諦めたのか? そこからは 感じまくっていた。。

私は彼女の尿道を見て逝くのを確認しようとしたら…
ピシャ ピシャと 唾液腺? みたいなものが 私の顔面直撃。 汗
我慢していた潮を少し洩らしてしまったようだ。 

もうその時点で… 疲れ切ってしまって弱っている嬢に,今度は手マン。
しかし… 30秒くらいでまた 彼女の手で止められてしまった。

嬢はやや後退気味に,頼むから早く入れてくれと 私のオティムポ様を指差す。
私ももう我慢ができなくなっていたので… 正常位で挿入!!
ピストンしながら,顔を近づけるが,嬢はまたキスされそうになると思ったのか?
顔を横にする。 そして また 私が顔を近づけると…  彼女はそっぽを向く。
それの繰り返し。。。  

正常位の次はバックをしたかったので,一度抜いて 彼女に四つん這いになってもらおうと思ったら,私のオティムポ様を見て逝っていないのか?確認する嬢。

早く逝ってくれみたいな目で,オティムポ様を睨みつけていたように思えたけれど… そのままバック。 よくは分からないが,クリ攻撃した際に濡れまくっていた彼女のおま〇こも 渇いて来たので,ローションを塗って 再度バックから突くと… 私も射精感が…。 コンドームからオティムポ様出して,彼女のお尻に発射したかったけれど,怒られそうなのでそのまま中で射精。

30分くらい突いていたせいか? 思ったより多くの量が出ていた。 
嬢は私が終わったのを確認するや,自分のあそこだけ拭いてさっさとそのままシャワーへ。 

私は1人寂しく… コンドームを外して ティッシュで拭いて…
彼女が出てくるのを待つ。 そして,彼女がシャワーから出てきたら 私もシャワーを浴びて ゴシゴシ洗う。 なんか腕がヒリヒリ染みるな? と 思ったら… さっき,嬢を抑えてクリ攻撃をした際に,爪で少し引っかかれたようだ。 汗

シャワー室の前の洗面台にパンツいっちょの彼女が来ると…
バイ!! と 手を振る。

彼女はもう着替えて帰るとのこと。 シャワー室からの彼女を見送り…。
綺麗な子だけれど…  あまりにも無愛想過ぎた。 

そして… ホテルに1時間ちょっと滞在したけれど,隣はやけに静かだった。
あの若いカップルはホテル入って何してるんだ?
何処かの議員じゃないけれど,本当にホテルに入って何もしてないのか?

色々と もやもや感の残る重慶最初の夜であった。   ブログランキング・にほんブログ村へ

20170901_191821 

重慶到着後,ホテルにチェックインして荷物を置くと…
とりあえず,繁華街である 小什字へ。
P9010004 
地下鉄の駅から出ると… 
なんだ この人の多さは!! 驚
P9010008
表参道のような街並みだけれど… 人の数が全然違う。
広いとはいえ‥ 2000万人が住んでいると言う重慶市。 
なるほど…
P9010012
金融中心周辺は,ブランド店舗が立ち並ぶけれど… 
果たして重慶人の所得でこれらのブランド品を買えるのだろうか?


よく行く江蘇省の蘇州にあるブランド店が多く入る新光商城は,中間層から富裕層くらいしかショッピングしていない。時折 そこで見る普段着を着た老夫婦等は,
孫を連れてただ涼んでいるような感じだ。

気になって重慶でもGucciの店の中へ入ってみたけれど,皮を見る限りは本物だ。
あれ? 蘇州よりも重慶人は裕福なのか? と思う反面,外にこんなに人が居るのに…
ブランド品の店内はそんなに人が多くない。 笑

しかも… 店の人,英語を全く話せない。 爆 そして,売り子たちは積極的では無い。
同じ中国の高級ブランド品街でも,英語をそこそこ話せる店員が居て,積極的にセールスして来る上海の浦東にあるIFC商城とは大違いだ。
P9010028
そんなブランド店とは違い,多くの中国人が入って行く店があった!!
私的には,こちらの方に興味津々。
後をついて入って行くと…
P9010031
ただのお土産屋さんだった。 爆
日本に来る中国人同様に… 皆 御土産は沢山買って帰るそうだ。

そういえば,私の現地妻は実家へ帰る際に持って行くものはというと… 
お金だった。 笑 
蘇州へ出稼ぎに来た当初は,色々と御土産を持って帰ったそうだが,
今では武漢で多くのモノは手に入る。
親や妹夫婦に小遣いをあげて大きな顔をするようだ。 笑

その一方で,私からは毎月のように化粧品を送るように命令する。
日本人のオスネコから毎月送られてくるKOSEの化粧品…
まとめて2か月に1回送ればいい?と聞いても,1か月分ずつ毎月送って欲しいという。

これは,彼女が私と微信だけではなく,毎月手書きの手紙をやり取りしたいからなのかな? と思っていたけれど… どうやらこれは彼女の両親や妹へ対しての面子のようだ。
これだけ自分は想われていると言うのを見せつけたいらしい。 

ちなみに,私の日本の元彼女は別れてからも当分の間,親が心配するといけないからと彼氏のフリをさせられているが… それとはまた別の中国特有の面子というものだろう。

面子ばかりを気にするのは,習近平だけではないようだ。
P9010034 
話は重慶,小什字駅 周辺に戻るが… この周囲もまた建設ラッシュ。
重慶の地下鉄もまだまだ増えていくようだ。
一体… いつまで中国経済が延命できるのか?
P9010040
重慶の有名な観光地,洪崖洞を見てみたかったので,とりあえず 散歩がてらそちら方面へ行こうとする… 友人から,仕事の前日に会いたいとの事で居る場所を微信で送ると,日本食レストランを指定された。彼が来るまで1時間近くあるな~と思ったが… 結局は,私が道に迷った。 笑 そして… 微信マップを見ると… 誤った方向へ行っていた。笑
指定時間に遅れる事20分…。 ようやく到着。
20170901_203115

店には刀を持った黒猫の壁画。 そして… 隣には般若?鬼。 
よく分からない図式だ。 笑
でも… 鬼よりも 黒猫サムライの方が強そうだ。
この画風が違う2つのモノが 何とも言えない。
P9010047
日本食レストランは… こんな感じ。
茶わん蒸しは,卵が新鮮では無かった。12年前の蘇州新区の味。
お味噌汁はちゃんとダシ?は取れていたけれど… 日本の味では無い。
よく中国で見る鰻炒飯は,現在の蘇州並みの味にはなっていた。
P9010048
そして… この肉のエノキ巻は 味が何処かで食べた味。
友人曰く,焼肉黄金のタレ味だと言っていた。 笑
エバラ黄金の味はこんなに甘かったのか?と聞いたら…
どうやら,日本通の友人曰く,甘口 辛口 色々あるらしい。
その後は隣に座った小姐達と仲良くなり(というか… 可愛い子を見るとついつい声をかけてくなってしまう私の病気が…),会話しながら色々と日本語を教える。
途中,小姐の1人がトイレに立ったので一緒に行ったら,男女共同。大汗
板一枚で下がかなり空いてるので,音が駄々漏れ。
気まずかったが,中国小姐は日本女子と違って自分のオシッコの音など気にもしない。
可愛い顔して 男並みの凄い勢いが聞こえてくる。 汗 
もう食欲を無くした反面,何故か? 私のオティムポ様は元気になってオシッコが出ない。 汗
20170901_203935 
日本食レストランで食べ終わると,外はこんな感じ。
この日の晩は色々とやりたいことがあったので… 
可愛い小姐3人と名残惜しくも別れ,さっさと友人に
洪崖洞へと案内させる。
P9010053
しかし… 天気は雨。 対岸は綺麗に見えるけれども…

千と千尋の世界のような,洪崖洞を見るには,対岸へ行くか?船に乗るからしい。
P9010054
対岸のビル群を見ていると,中国のビルのネオンは何とも言えない。本当にセンスが無い。
長江を渡るか? と 友人に聞いたけれど…
これは長江ではなく… 嘉陵江という川との事。 

20170901_212701

そして… 雨のせいか? よく見る光景のせいか?
彼にはあまり興味が無いらしい。 笑
P9010055
これ以上 付き合わせ手は申し訳ないので,一先ずここで別れる事にした。
P9010073
それにしても… 重慶は何処へ行っても人が多い。
P9010051
また,高層ビルも多いように感じられた。
面白い建物もあるし… 
20170901_210434_001
そして… 温泉もあるようだ。
私は雨にぬれたせいもあるが,重慶初日から温泉へ入りたくなってしまった。
もう サウナへ行ってしまおう! そんな感じで 重慶地下鉄1号線へ乗り込んでしまった。
20170901_223529 
石桥铺駅到着!!!  微信で連絡を取るが… どう見てもイメージしていたサウナとは違う。
普通のビジネスホテル? ちょっと驚いたのが,宿泊から‥ 3時間の値段まである。
中国でも3時間だけのホテルを使えるのか? これって… どう考えても,ラブホと同じシステム? こういうのは中国で初めてだったので全く持ってシステムが良く分からなかった。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

↑このページのトップヘ